スマホを新しい機種に変え、これまで使っていた仮想通貨取引所にいつものようにログインしようとしたとしましょう。そのとき、設定引き継ぐのを忘れていたらもう最悪です。 もし旧スマホを下取りには出して手元に残っていないと、もうどうしようもありません。このようなことが起こらないように、あなたの手持ちスマホを機種変更する際の注意点と、それぞれの取引所の二段階認証再設定方法をレクチャーします。

旧スマホを手放す前にすべきこととは

スマホを機種変更する際の注意ポイントになってくるのは2つです。

一つは、旧スマホは極力手放さず、新しいスマホがゲット出来次第、2段階認証を解除して、具体的な再設定を行ってしまうこと。

二つ目は、旧スマホを手放す場合、すでに早いタイミングで2段階認証を解除することです。ただし、その間のセキュリティは下がるので気を付ける必要があります。

実際にやることは、旧スマホと同じように「2段階認証設定」を新しく買ったスマホでも設定しておくことです。

上記に示した手順を行わず、古いスマホが手元からなくなったケースになると、最悪、取引所にログインが永久にできなくなり、預けていた仮想通貨がふところに戻らなくなります。

このような過ちを絶対にしないためにも、下記で国内の3つの取引所、ZaifCoincheckGMOコインでの2段階認証を再設定するやり方をご紹介します。

具体的には筆者が使用しているGoogleが提供している「認証システム」による2段階認証の設定方法を記載するのであしからず。

仮想通貨取引所「Zaif」の再設定方法

  1. ログインをし、「セキュリティ」に入る
  2. セキュリティの中にある「2段階認証設定」という項目を選択し「設定」をスタート
  3. 2段階認証を開始後、QRコードがディスプレイされるのでgoogle認証システムのアプリでリーディングすることで設定が完了

以後、ログインする際や入出金の際など、ありとあらゆる場面で2段階認証コードの入力が欠かすことはできません。だからこそ2段階認証設定後には「バックアップコード」の発行と保管をしておくべきです。

バックアップコードは、何かしらのきっかけで認証アプリが使えなくなったケースになると、Zaifにログインするために活用していくパスコードです。

誰かに知られると悪用することも可能にしてしまうので、必ず自分だけが確認できる状態でストックしてください。

肝心の処理方法は、先ほどの2段階認証を設定するページで行います。

ページ内にある「新しいバックアップコード」の発行をマウスクリックすると、10個ものコードが発行されます。

次に「バックアップコードの確認と印刷」をマウスクリックし、厳重な保管を行いましょう。

紙で印刷し、自分だけが見れるように物理的にストックすることが確実です。以上で、2段階認証の設定は完了です。

ここまでは「Zaif」の再設定方法を解説しました。次は「Coincheck」の再設定方法を解説していきます。

仮想通貨取引所「Coincheck」の再設定方法

  1. ログインを実施し、「設定」をタップ
  2. 「二段階認証」をクリックし、旧スマホにて二段階認証コードを打ち込んで、解除を行う
  3. Google認証システム側にある「QRコードリーダー」で、画面に表示されたQRコードをリーディング、または画面に表示される16ケタの専用コードをGoogle認証システムに入力してGoogle認証システムに登録

 

その後、Google認証システムで表示される6ケタの専用コードを入力し、「認証する」をマウスクリックし、「認証済みです」と表示されたら無事に完了です。

ここまでは「Coincheck」の再設定方法を解説しました。最後は「GMOコイン」の再設定方法を解説していきます。

仮想通貨取引所「GMOコイン」の再設定方法

  1. ログイン後、「口座情報」から「登録情報・変更」と進み、「セキュリティ」を選択
  2. 「二段階認証設定」の方法として「Google認証システム経由の方法」「SMS経由で認証番号を受け取る方法」「電話を使って認証番号通知を受ける方法」の3つから設定方法を選択
  3. 「ログイン時の2段階認証」を「利用する」にスイッチし、「保存をする」をクリックして無事に保存が完了すれば終了

 

GMOコインでは、2段階認証設定の設定方法をする方法としては、GMOコインでは3種類存在していますが、とくにメリット・デメリットはないので好きな方法を採用してもらって構いません。

まとめ

以上、スマホ機種変時の仮想通貨取引所の再設定方法についてみてきました。自身の不注意でせっかく買い入れた仮想通貨を無為になくすなんてガッカリですよね。

スマホという存在は、仮想通貨取引を円滑に進めるには必要なものとなってきていますので、日頃の扱いには気を付けましょう。

機種変をしたあとに「取引所に入れない」と焦らないためにも、今回紹介した方法をわすれないようにしてください。