ビットコインなどの仮想通貨とSuicaやPASMOなどの電子マネーは似ているようで実際のところ全くの別ものです。お金そのものである仮想通貨と、お金の代わりという立場で使われる電子マネー、具体的にどんな違いが存在するのでしょうか。
仮想通貨のことがまだよくわからないという初心者向けに、それぞれの比較やできることとできないことを整理してみました。

仮想通貨と電子マネーは違うモノ

仮想通貨は「円」や「ドル」と同じような関係としてビットコインイーサリアムがあります。

そのため仮想通貨には円やドルと変わらず、「単位」が使われます。例えばビットコインは「BTC」でイーサリアムの単位は「ETH」となっています。

一方、電子マネーには専用の単位はなく、電子マネーは日本円をチャージして使う立ち位置なので単位は「円」です。

電子マネーの中にはポイントがたまる種類もありますが、ポイントを使う際にも円と交換して活用しますし、ポイントが使えるシチュエーションもポイントを発行している会社の範囲内に限られます。

仮想通貨は「全世界共通のお金」で、一方の電子マネーは「日本円の代わり」、と認識しておきましょう。

仮想通貨にできて電子マネーにできないこと

仮想通貨はプログラム上の通貨なので仮想とネーミングされていますが、実際には貨幣としての役割を強く持っています。各種支払いにも活用できますし、投資の対象として役立てることもできます。

また仮想通貨は「発行元」が無いため、世界中どこでも利用でき、両替にかかるコストなどを支払う必要はありません。

そんな仮想通貨と電子マネーの違いをひとつひとつ見ていきます。

電子マネーは送金ができない

電子マネーではICカードに入金したお金をこれ以外のICカードに送金することはできません。Suicaにチャージしているお金をPASMOに移すことはできませんよね。当然、ICカードの残高を銀行口座に入金することもできません。

しかし、仮想通貨に至っては口座情報があれば、どこへでも送金することが出来て、送金にかかる手数料もリーズナブルになっています。

また、送金手続きはいつでもどこからでも行えてしまうため非常に便利な通貨だと言えます。

電子マネーは円以外にはできない

電子マネーは円をチャージして円の代理として使うものです。円が使えないところでは役立てることができません。

一方、仮想通貨は「共通貨幣」ですから、どこの国であっても使用することができます。

また、世界共通なので両替することが要求されず、手間やコストを省くことが可能となるでしょう。

仮想通貨は投資対象になる

仮想通貨は投資対象としても取り扱われており、専用の取引業者も多くあります。投資の対象として使えるということは「バリュー」が変動するということになります。

その点も実は円やドルなどと大差無い「貨幣」だと考えると分かりやすいです。円とドルの為替レートは相場によって動きを見せます。

同じように「BTC」と「円」はもちろんのこと、「BTC」と「ドル」の為替相場も日々遷り変わっています。

このレートの変動を利用して利益を生み出せるという点も電子マネーにはない仮想通貨の素晴らしいポイントです。

電子マネーにできて仮想通貨にできないこと

ここまで見てくると電子マネーと見比べて、仮想通貨のほうが魅力的に感じられる人は多いでしょう。

しかし、電子マネーにできて仮想通貨にはできない点もあります。

電子マネーにはポイントがつく

電子マネーを利用している理由として、小銭不要で支払いが簡単、スピーディーであることや各種ポイントが付くことが上げられます。

小銭がいらないという点は仮想通貨も同じことが言えるのですが、ポイントがつく点に関しては仮想通貨にはない電子マネーのアドバンテージです。

買い物のたびにポイントがつくというのは結局のところ値引きともとらえることができ、リーズナブルにお買い物ができます。

電子マネーの方が対象店舗が多い

現在はまだ、商店街などで仮想通貨を使えることは少ないです。ほとんどないと言っても過言ではないでしょう。

もちろん電子マネーも同様に、クレジットカード非対応店舗では使うことができません。利用できる場合とできない場合があるというポイントでは同じなのですが、利用できるシチュエーションは電子マネーが断然多いです。

というのは、電子マネーは円の代替えというアプローチであり仮想通貨に比べると信用が段違いです。

また電子マネーは大きな会社、例えばイオングループや楽天、公共交通機関といった会社がマネージメントしているので利用できる店舗も拡大しています。

ただし、10年前は電子マネーを使える店舗もまだ少なかったです。そのため、この先数年で、多くの店舗で仮想通貨による決済が可能となり、浸透していく可能性も十分にあります。

仮想通貨と電子マネーの違いまとめ

仮想通貨と電子マネーの違いはシンプルに言ってしまうと、仮想通貨と日本円の違いだと断定できます。

つまり仮想通貨はドルやユーロのような外貨と同じ要領でとらえることが可能だということです。

仮想通貨と電子マネーは全くの別物であり、おのおのでできることできないことがあることを把握することがそのまま仮想通貨に関しての理解につながります。

投資対象としての仮想通貨を利用にも思っている以上に役立つでしょう。