仮想通貨を調べていて、マイニングに興味を持った人は多いでしょう。「マイニングをすればラクして稼げる…!」しかしマイニングはそう甘いものではありません。ビットコインの認知度が上がるに連れてマイニング参加者が増え、今や企業までもがマイニングを行っています。したがって、個人でマイニングしても到底太刀打ちできない状態になりました。そこで登場したのが「クラウドマイニング」です。クラウドマイニングとは一体何なのでしょうか?そこで今回は、クラウドマイニングについて紹介します。

クラウドマイニングとは?

そもそもクラウドマイニングとは何なのでしょうか?クラウドマイニングを説明する前に、「マイニング」について軽く説明します。

マイニングはブロックを作成して、そのブロック内にトランザクションを検証しながら収めていきます。

ブロックを完成させたマイナーには「新規発行のビットコイン」と「ブロックに収められた送金手数料」が報酬として貰えます。

この報酬を目的にマイニングを行うわけです。しかし報酬をもらえるのは、最も早くブロックを完成させたマイナーただ1人。

マイナーが多くなるほど成功確率は低くなりますね。また演算能力の高い機材を持つ人が現れれば尚更です。これが、もはやビットコインのマイニングに、個人が参戦できない理由となります。

そこで「クラウドマイニング」の登場です。クラウドマイニングは、簡単に言えば「個人で無理ならみんなでお金を出し合ってマイニングしよう」というものです。

クラウドマイニングを提供する会社から演算能力の一部を購入。購入した額に応じて配当がもらえるわけです。なので、実際にマイニングを行うのは、クラウドマイニングを提供する会社です。

個人でマイニングを行うと電気代や機材の初期費用がかかりますが、クラウドマイニングであればそういった費用は不要になります。

おすすめのクラウドマイニングサービス

クラウドマイニングを提供しているサービスは沢山あります。選択肢が多すぎると悩む人もいると思いますので、オススメのクラウドマイニングサービスを紹介します。

Hash Flare(ハッシュフレア)

Hash Flare(ハッシュフレア)は日本語に対応しています。

クラウドマイニング会社の多くは日本語ページを用意していないので、日本語に対応していると言うだけで大きなメリットと言えるでしょう。

特に仮想通貨初心者やクラウドマイニングが始めての人にはオススメです。登録から設定までが簡単ですし、運用実績はすでに3年以上です。

購入できるハッシュアルゴリズムは下記のとおりです。

  • SCRYPT (ライトコイン)
  • SHA-256 (ビットコイン)
  • ETHASH (イーサリアム)
  • EQUIHASH (ジーキャシュ)
  • X11 (ダッシュ)

ハッシュフレアは日本の会社ではないので、支払いはUSDになります。BTCやクレジットカードでも支払えますので、自分に合った支払い方法を選びましょう。

ハッシュフレアではマイニングで手に入れたビットコインを再投資することも出来ます。

Genesis Mining(ジェネシスマイニング)

Genesis Mining(ジェネシスマイニング)は2013年末に設立されたクラウドマイニングの会社です。日本語に対応しており、人気のあるクラウドマイニングサービスです。

人気がありすぎて再販売を行ってもすぐにハッシュパワーが売切れてしまうほど!

マイニングできる仮想通貨は下記の6種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • ダッシュ(DASH)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モネロ(XMR)
  • ジーキャッシュ(ZEC)

多くのクラウドマイニングでは、1~2年の契約ですが、Genesis Mining(ジェネシスマイニング)では永久採掘権を手に入れることができます。一度購入すればずっとマイニングが可能なのです。

ビットコイン以外の仮想通貨は2年契約ですが、それでも永久採掘権は魅力ですね。投資する資金やハッシュパワーを自由に選べるカスタムプランも用意されています。

NiceHash(ナイスハッシュ)

NiceHash(ナイスハッシュ)は効率の良いコインを解析して、自動で選択できるクラウドマイニングです。人気がある理由はこの自動選択してくれるシステムでしょうね。

多くのアルゴリズムを取り扱っており、その数は30種類以上!マイニングできる仮想通貨もそれだけ豊富と言うことです。

同じアルゴリズムを使っている仮想通貨は沢山あります。その中から効率よく利益を上げられる仮想通貨を自動で選択するのは魅力ですね。

NiceHash(ナイスハッシュ)は最近ハッキング被害に遭いました。しかし対応は素早く、保障も行いましたし、当然セキュリティを強化しているはずので信頼はできるでしょう。

日本語には対応していないので、クラウドマイニング初心者には少し難しいかもしれません。

まとめ

クラウドマイニングを利用すれば、マイニングに必要な機材を持っていなくても仮想通貨を手に入れることができます。

電気代もかからなければ冷却設備も不要、メンテナンスの手間もかかりません。気軽にマイニングしたい人にオススメです。

人気のクラウドマイニングサービスはハッシュパワーが売切れていることが多く、購入するのが難しいのが現状です。
しっかりとサービス内容をチェックしておき、再販売されたらすぐに購入できるように用意しておきましょう。