「ブロックチェーン」って知っていますか?ブロックチェーンと言えば、仮想通貨を支える技術として有名ですよね。しかし最近は仮想通貨の価格だけではなく、ブロックチェーンを活用したサービスも注目されるようになりました。最初はビットコインを支える技術「ブロックチェーン」として有名になりましたが、最近はビットコインそのものより注目を浴びています。ブロックチェーンを活用したサービスが次々と誕生しており、今後は私達の生活に無くてはならない技術となるでしょう。今回はブロックチェーンが活用されている応用事例を紹介します。

ブロックチェーンは応用されて様々なシーンで使われている

ブロックチェーン技術は「改ざんできない」「自動で処理できる」といった特性から、様々なシーンで使用することが検討されています。

仮想通貨と言えばどうしても「通貨」としての価値にのみに注目しがちですが、そもそも大半の仮想通貨は通貨として作られていません。
何かしらの目的と機能を持って作られています。

実用段階にまで進んでいるものは少ないものの、徐々に応用事例は増えつつあるのです。
それではさっそくブロックチェーンが活用されている事例を見ていきましょう。

ブロックチェーンが活用されている事例

ブロックチェーン技術を活用している事例は、既に複数あります。
様々な分野で活用されていますので、有名な事例を紹介します。

ゲーム

ブロックチェーンは「ゲーム」に活用されています。データを書き換えようにもブロックに保存されたデータは改ざんできません。

ブロックチェーンにデータを保存することで、チートや不正をできなくするのですね。

最近はスマートフォン向けゲームのように、「チート」をされると致命的なゲームが多くあります。
チート対策にはどの会社も大きなお金を使っているのですが、ブロックチェーンを使えば安価に管理することが出来ます。

有名なブロックチェーンゲームは、CryptoKitties(猫を育成するゲームで売買可能)やイーサエモン(モンスターの育成・バトルゲーム)などが挙げられます。

通常のゲームであれば他のゲームの通貨は使えませんが、ブロックチェーンゲームであればどのゲームでも通貨は共通。

ゲーム内の通貨は仮想通貨になりますので取引所で換金が可能、キャラクターやアイテムを売買して稼ぐこともできるでしょう。

日本国内でブロックチェーンを使ったゲームが登場することは、まだ先の気がします。ゲーム内の通貨を容易に日本円に換金できてしまうため、賭博として扱われるからです。

結婚証明書と恋愛証明書の発行

ブロックチェーンに愛を刻む「Soul Gem」と言うサービスがあります。

国や政府から証明されるものではありませんが、ブロックチェーンと言う改ざんできない「嘘偽りのない愛」を残すことができます。

ブロックチェーンで永遠の愛を残そうと言うコンセプトは面白いですね。

お互いに永久保存用のウォレットに1コインずつ送付することで、トランザクションを永久に保存する仕組みです。
ウォレットの秘密鍵はウォレット作成と同時に削除されますので、運営ですら改ざんできません。

分散型クラウドストレージ

分散型クラウドストレージは、空いているストレージを他の人に貸し出すサービスです。ストレージ系のサービスはDropboxやGoogleドライブなどがありますね。

PCの空いているストレージを他人に貸し出す変わりに、報酬を得られます。データはブロックチェーンを利用して、改ざんできないように暗号化・分散されて保護されます。

既存のストレージサービスと違って管理する人が不要ですので、人件費や機器にかかるコストを削減できます。

STORJ、Filecoinなどが分散型クラウドストレージサービスを開発しています。

第三者証明

ブロックチェーンで文書を管理し、作成日時や内容を記録します。ブロックチェーンに記録すれば改ざんされないので、証明にはもってこいの技術です。

データの証明や領収書、生産地の証明などに利用できます。証明する第三者が不要になるので、第三者に支払うコストを削減できるメリットもあります。

送金・決済

リップルは送金・決済の機能に特化したプラットフォームを目指して作られました。

簡単に言えば、銀行間の取引を瞬時に行うネットワークの構築を目指しています。現在は国際送金に高い手数料がかかっており、送金失敗といった問題もあります。

しかしリップルを使えば手数料を大幅に抑えられるだけではなく、一瞬で送金が完了します。

国内では「三井住友銀行」「三菱東京UFJ銀行」「みずほ銀行」などのメガバンクが提携しており、着々と実用化が進められています。

2018年4月12日には、スペインのサンタンデール銀行が、リップルを利用した国際送金を開始しました。

ちなみにリップルはブロックチェーンが使われていないと言われています。

不特定多数のノードではなく、一部の代表者によって取引が承認されるため、ブロックチェーンの定義から外れるためです。

しかしブロックチェーンを応用している技術であることには代わりありませんね。

ブロックチェーンが活用されるシーンは今後も増える

ブロックチェーンが活用されている応用事例は他にもありますが、一部を紹介しただけでも多種多様な分野で活用されていることがわかります。

仮想通貨の開発が進めば進むほど、活用されるシーンも増えていくでしょう。

今はまだ投機目的での購入が中心ですが、本来の機能を利用できるようになれば状況は大きく変わるかもしれませんね。