仮想通貨を始めたいと考えている人の中には、仮想通貨詐欺という言葉が気になって、なかなか一歩を踏み出せずにいる人もいるのではないでしょうか?
仮想通貨詐欺を計画しているグループは、まだ仮想通貨への理解が浅い、初心者の方を狙っているケースや、仮想通貨が話題になっているのをいいことに、架空の儲け話を作って持ちかけているケースがあります。
これから仮想通貨を始める方は、怪しい甘い誘惑を把握し、仮想通貨の取引を行うようにしましょう。

仮想通貨の詐欺はあるの?

まず、金融庁から認可を受けている取引所で仮想通貨を購入するだけであれば、詐欺に合うリスクは極めて低いと言えますので、ご安心ください。

一方で、仮想通貨に興味を持っている人に対して甘い誘いを持ちかけてくる詐欺グループがあるのも事実で、度々、新聞やニュースでも報じられています。

2018年1月の中日新聞には、次のような仮想通貨詐欺の記事が掲載されていました。

友人から配当が高いビットコインの商品を紹介されて

50代女性は友人の男性から配当が高いビットコインの商品を紹介。セミナーでは、友人が1口54万円の商品を買いました。これを見た被害者は「友人も買っているから」と2口を申し込んでしまいました。

 

仮想通貨の詐欺にあった50代女性には、その後、数十万円のビットコインが入金されました。「お金が増えた」とホッとしていましたが、配当金のあるサイトからお金は引き出せなかったそうです。

仮想通貨の詐欺には、最初だけ振り込んで人を信じさせるケースもあります。急に支払いや出金ができなくなったら、詐欺と考えてもいいでしょう。

 

仮想通貨詐欺では?と疑うべき4つのケース

これから仮想通貨で投資を行いたいと考えている人は、次のような詐欺に気をつけましょう。

仮想通貨の詐欺その1 特別な情報と謳って

もし、ご自身が仮想通貨の仕組みについて、まだきちんと理解していないなら、甘い誘いには乗らないように気をつけましょう。

2017年8月に産経新聞に掲載された「“仮想通貨詐欺”横行「特別な情報」誘い文句に…… 」という記事よると、どこでも使える「コイン」という仮想通貨に約4,800万円を支払ってしまった詐欺事件があったそうです。この被害に遭った女性は、いまだに取り返せないお金があるそうです。

詐欺グループが狙うのは、仮想通貨に興味を持っているけど、理解がまだ乏しい人たちです。これから初めたいとお考えの方は十分気をつけてください。

 

仮想通貨の詐欺その2 これから価格が上がると誘う

仮想通貨の詐欺には、「いまはマイナーだけど上がる」や「新しく企業がアルトコインを作るからもうかる」と誘ってくる人もいます。

このような詐欺はICO詐欺と呼ばれるもので多くみられ、その後、コインの発行元と連絡が取れなくなってしまうことがあるようです。

また、国内の取引所で利用者が自由に金額を決めて購入することができるコインに対し、「1口10万円」といった高額な金額を提示する詐欺事例もあるようです。

仮想通貨の詐欺その3 コインを広めるとお金がもらえる

仮想通貨の詐欺には、「友達にコインを紹介すると○%が入る」や「広めると○%のインセンティブがある」といった、マルチ商法のような仕組みで、儲け話を誘ってくるケースもあるようです。

仮想通貨の詐欺その4 セミナーに誘われる「HIYP(ハイプ)」詐欺

仮想通貨の詐欺には、HYIP(ハイプ/高配当投資プログラム)とよばれる詐欺があります。このタイプは、年間で数百%といった高金利な商品です。

ハイプは、いきなり運営会社と連絡が取れないことや口座にある資金を引き出せないケースがあります。

高配当な投資を紹介されたら、運営会社や商品のパンフレットをチェックしてください。また、会社の所在地もリサーチしてみましょう。

詐欺をしている業者には、バーチャルオフィス(住所だけ借りている)オフィスもあります。

仮想通貨詐欺の対策はGoogle Chromeプラグインを使うなど自衛も大切

また、できる限りの自衛をしておくことも大切です。たとえば、フィッシングサイトへのアクセスを防止するGoogle Chromeのプラグイン(拡張機能)をインストールするのも効果的です。

MetaMask(メタマスク)

MetaMask(メタマスク)は、イーサリアム系のウォレットを使用する際に導入しておきたいプラグイン。イーサリアム系のウォレットを一括管理できるプラグインなのですが、フィッシングサイトのブロックができます。導入していないと、参加できないICOがあるくらい、定評のある拡張機能で、イーサリアムも導入を推奨しています。

Cryptonite by MetaCert

Cryptonite by MetaCertは、フィッシングサイトや偽のTwitterアカウントから守ってくれるプラグインです。Twitterを使った仮想通貨関連の詐欺が増えているので、こちらも導入しておきたいプラグインです。偽アカウントによる詐欺ツイートは巧妙になってきています。公式アカウントからの情報なのかどうか判断するためにも、自身の目を過信せずにツールで対策しておきましょう。

あわせて読みたい

ICO詐欺・怪しい仮想通貨の見分け方
仮想通貨の詐欺事例。初心者が気をつけたい3パターン

友だち追加