ビットコインの生みの親ともいえるサトシ・ナカモトの論文はブロックチェーンテクノロジーがその根幹をなしていますが、最近、このテクノロジーを超えるとして期待されているのがハッシュグラフです。ここではハッシュグラフについて分かりやすく解説します。

仮想通貨を支えるブロックチェーンテクノロジー

仮想通貨を語る際に外せないのがブロックチェーンの技術です。このテクノロジーなしには仮想通貨は成立しません。

なぜなら、仮想通貨の最大の特徴とは、誰かに管理される中央集権を持たないものであり、これを実現させるのがブロックチェーンテクノロジーであるからです。

ブロックチェーンとは、可視化されたユーザー間の取引を「ブロック」という単位にまとめ、そのブロックを1本のチェーン状に繋げて記録していく仕組みのことを指します。

また、ユーザーIDを暗号化し、記録の保管場所を分散(ブロックごとに分散)することで、不正を働こうとすると膨大な時間と労力がかかるように設計されており、「絶対に不正ができないシステム」として一躍有名になりました。

しかし、これほど画期的なテクノロジーを1人の人間が短期間で発明したということではないようで、実は、似たようなテクノロジーは以前にも多く存在しており、今回は仮想通貨と絡めたことにより有名になったともいう技術者は多くいます。

ブロックチェーンは仮想通貨専用ではない

つまり、ブロックチェーンテクノロジーに似たテクノロジーは以前から存在しており、ブロックチェーン自体も仮想通貨専用のものというわけではありません。他の分野にも仮想通貨同様に利用していくことができ、仮想通貨以外での利用の注目度が高まっています。

実際にビットコインはじめ多くの仮想通貨でブロックチェーンが利用されることで、遅延問題やブロック容量問題、あるいは消費電力の問題など、当初の想定外の問題も多く発生しています。

そうなると今度は、ブロックチェーンをはるかに凌駕するテクノロジーが登場することになるはずですが、その候補として最近話題になっているのがハッシュグラフです。

ハッシュグラフ(Hashgraph)とは

ハッシュグラフとは、ソフト開発会社のSwirldsが発表したもので、簡単に言うと、ブロックチェーンテクノロジーの弱点をクリアできるシステムとなります。

ビットコインの問題としてよく指摘されるのが、トランザクションの急増による可用性の問題で、1秒間に約7件のトランザクションしか処理できないため、承認するのに時間がかかってしまい、結果的に実用性が乏しくなってしまうという点です。

ちなみに、世界中で決済手段として現在利用されているVISAは1秒間に約6万件のトランザクションを処理できますが、ハッシュの場合には、何と1秒間で約30万件のトランザクションを処理できてしまいます。

ハッシュグラフ(Hashgraph)の仕組み

高速処理が可能なハッシュグラフの仕組みとは、ビットコインが1つのトランザクションを処理を行う際に、すべてのユーザーの処理を得られないと記録できないのに対して、ハッシュグラフではランダムに選ばれた一部のユーザーの承認のみで記録が可能です。

また、現在のブロックチェーンのデータサイズは140GBで今後も記録量が増えればさらに重くなっていきますが、これに対して、ハッシュグラフは2GBのサイズを保ち、どんなに取引量が増えてもこれ以上のサイズになることはないといわれています。

これによって、素早い承認とデータの軽量化が図られているということです。

ハッシュグラフ(Hashgraph)はクローズドソース

これほど好都合なシステムが何故急速に普及しないのかというと、ハッシュグラフとはブロックチェーンのようなオープンソースではなく、クローズドソースであり、「ノード」として動作させるには特別な許可を取る必要があります。

ビットコインやイーサリアムのブロックチェーンのようなオープンのものではない、プライベートブロックチェーンのようなものであるため、今のところ利用実績はありません。

今後の利用価値として考えられるのは、たとえば、マイナンバーのように一般公開はされずに政府機関だけが閲覧できるようなシステムでの利用です。

まとめ

ブロックチェーンテクノロジーを凌駕すると期待されるハッシュグラフですが、現状ではオープンソースではなく、クローズドソースであり実用化の目処はたっていない状況です。

とはいえ、今後の展開に目が離せないテクノロジーといっていいでしょう。

友だち追加