何かと話題の「フィンテック(Fintech)」。当初は、金融業界にもたらす影響がクローズアップされていましたが、最近では、その他の業界でもフィンテックが注目されています。今回は、仮想通貨とフィンテックの関係をみていきましょう。

フィンテックとは?

フィンテック(FinTech)とは、金融を意味するファイナンス(Finance)と、技術を意味するTechnology(テクノロジー)を組み合わせた造語です。

簡単に言えば、金融とITが結びつくことで生まれる革新的なサービスのことです。

身近なものでは、スマホを使った決済サービスもフィンテックの一例。アップルペイなどが挙げられます。

従来は財布からお金を出して支払う・クレジットカードを専用の端末に読み込ませると言った方法で決済していました。

アップルペイは電子マネーで決済可能・クレジットカードを複数登録して決済に使用できます。と言うことは財布を持ち歩く必要がなくなりますね。

つまり決済方法をIT化したフィンテックです。

もちろんフィンテックは決済方法だけではありません。ファイナンス、つまり金融に関するもの全てが対象となります。

具体的には送金・投資・融資・預金・会計などが挙げられます。わかりやすいのは会計です。

家計簿を自動で作れるクラウド会計簿サービスで「マネーフォワード」や「freee」があります。以前はレシートや預金通帳を見ながら1つずつ手書きして家計簿を作成していました。

しかし現在では、クラウド家計簿サービスを使えば口座と連携して、自動で預金残高を反映・支出を自動で記帳できます。

何がフィンテックに分類されるのか知らないだけで、フィンテックは意外に身近なサービスになっているんのです。

仮想通貨もフィンテックに分類される

実は仮想通貨もフィンテックに分類されます。

仮想通貨は決済に使用できて送金も可能、投機対象にもなるので容易に想像できるでしょう。

仮想通貨は全ての取引をブロックチェーンに記録し、さらには改ざんや偽造もできません。しかも中央管理者無しで取引の正当性を保証できる仕組みです。

今後、金融分野が大きく変化するのではないかと言われています。

現に仮想通貨を使った海外送金、三菱UFJ銀行は独自の仮想通貨「MUFGコイン」を開発するといった流れがあります。

わざわざ技術を取り入れると言うことは、金融機関が無視できない技術であると言うことがわかりますね。

フィンテックはどんな変化を起こす?

フィンテックはどのような変化を起こすのでしょうか?フィンテックが発展していくと、生活がどんどん便利になります。

クレジットカードを使った決済が専用端末を通さなくてもスマホでできる、LINEやfacebook経由でお金を送金できるなどが可能になります。

もっと進歩すれば指紋認証や顔認証だけで決済も可能になるでしょうね。

しかし単に金融に関するサービスが便利になるだけではありません。

今まで金融機関が行っていたことが金融機関以外の企業でも可能になりますので、既存のビジネスモデルに影響があります。

たとえば銀行は預金を元手に運用やサービスを提供しています。

現在はどの銀行も預金してもほとんど利息がつかないので、フィンテックを活用して利便性の高いサービスを提供する銀行や手数料の低い銀行に預金が流れます。

預金が減ればそれだけできることが減りますので必然的に業務縮小、反対に預金が増えればサービスを充実させられるのです。

銀行以外では電子マネーや仮想通貨に預金が流れることが考えられます。どうせ預けるのならば、利息がつかない銀行よりも、使い勝手が良い仮想通貨や電子マネーとして保有し、すぐに使える状態にしておきたいと考える人が増えるのは自然の流れといえるでしょう。

お金が流れるということは、そこにビジネスチャンスがあるということ。企業がこぞって参入し、便利なサービスが打ち出されます。そうなると銀行の役割は徐々に廃れていきます。だからこそ金融機関がブロックチェーン技術を取り入れ始めているのです。

仮想通貨は中央管理者を必要としませんので、法定通貨のように国がコントロールすることもできません。このようなことから、既存のビジネスモデルが大きく変わる可能性があるのです。

 

友だち追加