中央集権を持たず誰からも管理されないはずの仮想通貨ですが、仮想通貨が取引される取引所は旧態依然とした中央集権を持つ取引所となっています。中央集権が存在するということは、相対取引などに不正行為が生まれる可能性もありますし、なにより取引所自体がハッキングされる可能性も高くなります。そんな中で評判となっているのがDEXこと分散型取引所です。ここでは、分散型取引所について分かりやすく解説します。

分散型取引所(DEX)とは

仮想通貨には将来性を感じるものの、仮想通貨取引所には不安を抱いているというユーザーも多いでしょう。

それもそのはずで、中央集権を持たないことに価値のある仮想通貨を中央集権である仮想通貨取引所でしか売買できないというのもおかしな話です。

株式市場や外国為替市場などのような歴史ある巨大な取引所であれば、流動性も高く取引価格も明確で安心して取引することができますが、歴史の浅い仮想通貨の取引所は、規模の小さな民間企業であることがほとんどです。

中央集権の取引所ということは、マウントゴックスのような破たんリスクもあり、コインチェックのようにハッキングされる可能性もあります。

そんな中で、仮想通貨を売買する取引所ですから、仮想通貨テクノロジー利用した中央集権を持たない取引所として登場したのが分散型取引所(DEX)です。

元々、イーサリアムのスマートコントラクトには、不正のできないカジノや取引所との相性の良さが指摘されていたのですが、これを実現化したものがDEXというわけです。

DEXとは、運営主体(中央集権)を持たずにブロックチェーン上に存在するP2Pに近い仮想通貨取引所です。

分散型取引所(DEX)のメリット・デメリット

分散型取引所(DEX)のメリット

分散型取引所(DEX)は、トラストレス(信頼できる第三者がいなくても取引可能)でありながら、中央集権型と同様の取引ができます。資産の入出金はもちろん、買い手も売り手も自動で最適化マッチングが行われます。

しかもDEXで取引された履歴は、ブロックチェーン状に半永久的に改ざんできない形でノードに記録されるため、記録の改ざんなどの不正が行えません。

DEXはP2Pに近い取引所となり、言い換えれば、ノードの数だけサーバがあるような状態です。すべてのノードが同じ台帳(資産の動きの履歴)をシェアしているため、ノードを一つつぶされたところで資産が消えることはあり得ません。

ノードが大きいほど、よりセキュアになり全体へのダメージは大きくありません。

また、中央集権を持たないDEXは政治の介入によってシャットダウンするようなことはありません。

DEXは世界中でノードが立ち上がっているシステムが自動的に動いているため、一度大規模に動き出せば一国の政府といえども規制で止めることはできないのです。

分散型取引所(DEX)のデメリット

次世代の仮想通貨取引所として期待される分散型取引所(DEX)ですが、現時点ではそれほど普及しているわけではなく、情報量が少なく利用者もそれほど多くはありません。

中央集権である銀行や証券会社、あるいはFX会社には、万が一の際には保険で一定額の顧客資産は守られています。

仮想通貨取引所にもそのようなシステムが存在しますが、自己責任が原則の中央集権を持たないDEXにはそのような保証は存在しません。

また、イーサリアムベースのDEXには、スマートコントラクトの手数料であるGASが必要となり、金額は小さいものの慣れるまでは煩わしく感じるかもしれません。

従来型の取引所と分散型取引所(DEX)の違い

従来の仮想通貨取引所では、管理者が常にハッキングリスクと闘いながらの運営が強いられます。

過去に発生したマウントゴックス騒動、コインチェック流出事件、海外ではNiceHash事件など、大きなお金が電子的に管理されており、格好の標的となります。

ここでは、従来型の仮想通貨取引所と分散型取引所(DEX)の違いについて、2018年1月に発生したコインチェック流出事件を通して考察します。

コインチェックは、顧客のNEM資産をコインチャック社専用のNEMアドレスを一か所に集めて管理しており、社内の重要人物だけが秘密キーを握っていたはすですが、これが何らかの形で外部流出することとなり、ハッキングにより不正送金されることになります。

コインチェックのように、多くの仮想通貨取引所では取引所自体が顧客資産をまとめて管理しており、取引所自体がハッキングされてしまうと、取引所が管理している顧客資産も失われる可能性があります。

コインチェックの場合のように、顧客に対して説明していたセキュリティ対策が実際には施されていなかったということも、顧客サイドからは、問題がセキュリティということもありブラックボックスとなっており確認のしようがありません。

これに対して、分散型取引所(DEX)は、ブロックチェーン上に資産のやり取りが記録されていく形で管理されており、顧客のアカウントをハッキングするか、ブロックチェーンの記録自体を改ざんしない限りハッキングできません。

つまり、DEXでは従来型の取引所のようなセキュリティの脆弱性を抱える可能性は殆どなく、事実上、ハッキングすることは難しい取引所となります。

まとめ

分散型取引所(DEX)とは、従来型の仮想通貨取引所と比較するとセキュリティが非常に高く、事実上ハッキングされないという大きなメリットがありますが、現時点ではそれほど普及していません。

従来型の仮想通貨取引所のように認知されるにはいましばらく時間がかかるでしょうが、仮想通貨の取引所としては本来こうあるべきといえるようなものです。

友だち追加