仮想通貨のマイニングで稼げるらしい…というニュースは耳にしても、実際に自分でマイニングするのはハードルが高いと考えて諦めている方も多いのではないでしょうか。最近では、様々な方法で日本でも簡単にマイニングに参加することができるようになっています。簡単にマイニングに参加できることから、勝手に個人のプロセッサを利用してのマイニングが横行する「クリプトジャッキング」問題も指摘されています。

購入? マイニング? 仮想通貨を手に入れるには

仮想通貨を手に入れるには、最も手っ取り早い方法としては、仮想通貨取引所や販売所で購入するということになりますが、それ以外にも他の所有者からもらう、あるいは、マイニングで仮想通貨を取得するという方法もあります。

昨年来、マイニングという言葉自体もだいぶ知られるようになってきましたが、マイニングとは、自分のPCなどの計算能力を利用して正しい計算をすると一定額の報酬を得られるという仕組みのこと。

誰からも管理されずに中央集権を持たない仮想通貨(暗号通貨)は、マイニングによって成り立っている部分が非常に大きく、中国などにあるマイニングの専門集団は仮想通貨コミュニティの中でも大きな力を持つようになっています。

日本で仮想通貨のマイニングが難しかった理由

マイニングには、PCなどの計算能力と膨大な消費電力が必要となることから、そもそも個人では難しいといわれており、さらに、電気代の高い日本などでは結局報酬よりも電気代のほうが高くつく可能性が高いともいわれていました。

これらの問題から、マイニングの大部分が中国などの電気代の安いエリアで専門家集団が専門の計算機を使って組織的に行うようになります。

簡単に仮想通貨のマイニングに参加できてしまう

ところが最近では、大きな力を持つようになった中国のマイニング集団への批判も相次ぐようになっており、日本企業の中にもコストを抑えてマイニング事業に参加したり、寒冷地にマイニングセンターを設置するなど、様々な動きが出てきています。

これらの企業から、クラウドマイニングなども提供されるようになり、個人でも収益性を求めてマイニングに参加できるような状況となっています。

さらに、マイニングのやり方自体を変えて、スマホアプリからマイニングできるElectroniumなども登場するようになり、個人でも簡単にマイニングに参加して収益を得るチャンスが増えてきました。

知らないうちにPCがマイニングに使われる!?

このような状況になると、いろんなことを考える人が出てくるのですが、最近話題になったのが、セキュリティ会社のSucuriの警告です。

Sucuriによると、Coinhiveが提供する暗号通貨(仮想通貨)短縮版URLを使った暗号通貨マイニングが横行しているといい、ユーザーは知らないうちに自分のPCのプロセッサを利用され、電気料金まで負担させられることになるのです。こういった、ユーザーの許可なくマイニングに使う行為は「クリプトジャッキング」と呼ばれています。

Sucuriが取り上げたコードは1×1ピクセルのiFrameを利用する仕組みになっており、ここから短縮URL経由で暗号通貨マイニング用の読み込みを行い、ユーザーのプロセッサを利用してマイニングを行っています。

Webサイトでの不要かつ何度も表示される広告に辟易しているユーザーが多い中、このようなユーザーを狙って、広告掲載の代わりに暗号通貨マイニングコードを仕込んでいるのです。

問題としては、ユーザーの多くはこれらのことを認識していないケースがほとんどであるということで、ユーザーに警告なしで消費するマルウエアではないかと指摘しています。

もちろん、中にはきちんとユーザーの許可を得たうえで、マイニングに使用し、何らかの報償をユーザーに支払っている場合もあります。しかし、PCの処理速度が遅いな…などと思っていたら、無断でマイニングに使用されている…という例も多いため、注意が必要です。

クリプトジャッキング(許可のないマイニング)被害を防ぐために

マカフィーラボによると、2018年の第一四半期に、クリプトジャッキングを行うクリプトジャック・マルウェアが290万件以上検知され、2017年第四半期に比べると実に629%増加したということです。

広告表示の代わりに、クリプトジャッキングで収益を得ようとしているサイトがいかに増えているかということが実証されているといえるでしょう。

の被害はでは、知らないうちにPCがマイニングに使われてしまうクリプトジャッキングは、どのように防げば良いのでしょうか?

(1)不要な拡張機能は削除。使用するものはアップデートする

(2)ブラウザやOSは、脆弱性対策を防ぐためにアップデートのうえ最新版を利用する

(3)悪意あるコードをJavaScriptで挿入されるため、JavaScriptを無効にする

(4)ウィイルス対策ソフトをを導入する

クリプトジャッキングも、巧妙化していますが、できる対策はしておくようにしましょう。

中央集権を持たない暗号通貨ならではの問題

前述のように、仮想通貨(暗号通貨)はマイニングにより、誰からも管理されることなく中央集権を持たなくとも運営されているわけですが、このマイニングからの報酬を狙って、個人PCのプロセッサ警告なしで利用してしまうので厄介です。

中には、少しくらいの負担であれば、広告掲載よりは良いという考え方の人もいるかもしれませんし、今後、新たな広告にとって代わる収益機会という考えもあるかもしれません。

しかし、仮にそうであったとしても、取引とは双方納得・合意したところで行われるもので、ユーザーが認識していないのであれば、やはりこれは大問題であると考えるべきでしょう。

個人でもマイニングできる時代の注意点

前述のスマホアプリからマイニングできるElectroniumでは、スマホアプリをインストールするだけで、後は「マイニングを始める」ボタンをタップするだけで、簡単にマイニングが可能となります。

バッテリーは多少減るのが早まりますが、簡単でありメリットも大きいので、2018年6月時点で16~17万人が参加しています。このように簡単にマイニングに参加できる時代になっており、今後も簡単に負担なくマイニングできるサービスは増えていくでしょう。

「ただより怖いものはない」と書いたように、本当に利用しているマイニングサービスに問題はないのか、中央集権のない仮想通貨では自己責任原則でサービスを利用しなければならなくなります。

友だち追加