仮想通貨で投資を始めたい、ICOに参加してみたいと思っても、何から始めれば良いのかわからない方もいるでしょう。まずは基礎知識を身につけるところから始めましょう。今回は、仮想通貨とトークンについてです。

仮想通貨とトークンについて

仮想通貨とトークンの違いをご存知ですか? 実はこの二つは似ているようで異なります。

まず仮想通貨は、「カレンシータイプ」と「アセットタイプ」に分けられます。

カレンシータイプ

カレンシータイプは、発行者がおらず、マイニングによって発行と配布が行われるものです。非中央集権型で、代表的な仮想通貨は、ビットコイン(BTC)やイーサリアム(ETH)などです。

独自のプラットホームを持っていて、それぞれ独自のブロックチェーンを持ちます。ビットコインやイーサリアム、それぞれ独自のブロックチェーンを持っていますね。

アセットタイプ

アセットタイプは、発行者が存在する中央集権型です。発行者が発行枚数を自由に決められ、株式のように資金調達に使われます。つまりICO(資金調達)に使われるトークンになります。

アセットタイプは独自のブロックチェーンを持っておらず、カレンシータイプのブロックチェーンを利用して作られます。有名なのはイーサリアムのブロックチェーンを利用したトークンです。

イーサリアムをプラットホームとするトークンはEOSやTRONなどがあります。

トークンのプラットホームによって規格が違う

イーサリアムをプラットホームとして作られたトークンが多くありますが、プラットホームに使える仮想通貨はイーサリアムだけではありません。もちろん利用しているブロックチェーンが違えば規格も異なります。

同一のブロックチェーンを利用していれば、同じウォレットで管理できます。

独自ブロックチェーンであればICOトークンごとにウォレットを用意する必要がありますが、同じウォレットであれば管理が簡単です。取引所側としても審査しやすくなるため、上場しやすいというメリットもあります。

ICOトークンを管理するウォレットを選ぶためにも、プラットホームを調べることは必須ですので覚えておきましょう。有名な規格のトークンは下記の4種類です。

ERC20トークン

ERC20トークンは、イーサリアムのブロックチェーン上に発行されます。
多くのトークンはERC20規格で作られており、ERC20に対応したウォレットが1つあれば全てを管理できます。

CounterPartyトークン

CounterPartyトークンは、ビットコインのブロックチェーン上に発行されます。
CounterPartyと呼ばれるプラットホームを利用してトークンを発行します。PepeCashやBitcrystalsが有名です。

Mosaicトークン

Mosaicトークンは、NEM(ネム)のブロックチェーン上で発行されます。
他のトークンと違ってレンタル制になり、1年毎に更新が必要です。

たとえば、AというMosaicトークンを発行すると、1年後には手数料のNEMを払って更新する必要があります。

MonaPartyトークン

MonaPartyトークンは、モナコインのブロックチェーン上で発行されます。
他のトークンに比べてわかりやすい名前ですね。

トークンを作るにはXMPが必要です。

トークンの種類

上記ではプラットホームごとにトークンを分類しましたが、トークンは使い道ごとにも種類をわけられます。大きく分けて5種類ですので1つずつ確認していきましょう。

仮想通貨型トークン

ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨のように、決済や送金を目的に作られるトークンです。
匿名性が高いものが多く、利便性が高いのが特徴で、より決済や送金に特化したトークンです。

会員権型トークン

会員権型トークンは、トークンの保有数によって会員優待を受けられるトークンです。
トークンを発行する事業者から割引や特典が得られるわけです。

プリペイド型トークン

プリペイド型トークンは、事業者が提供するサービスや商品の支払いに使えるトークンです。
プリペイドカードのように使えるトークンです。

配当型トークン

配当型トークンは、トークンを保有していると事業者の収益の一部を受け取れます。
保有しているだけで利益が得られるわけです。トークンの保有数が多くなるほど配当も多くなります。

アプリケーション・プラットフォーム型トークン

アプリケーション・プラットフォーム型トークンは、プラットホーム上にあるアプリケーションを利用するために使います。
要するにトークンを利用料として支払ってプラットホームを利用します。

まとめ

ICOトークンは、なんとなく買うこともできますが、種類に違いがあることを知っていた方が早く投資するか判断できるはずです。リスク分散の一環として投資するICOを分けるのにも役立ちます。

新たなICOが生まれるほどトークンの分類も増えていきますので、大まかな種類だけでも覚えておきましょう。

あわせて読みたい

仮想通貨の基礎知識
ビットコインに関する記事一覧はコチラ
イーサリアムに関する記事一覧はコチラ

友だち追加