仮想通貨を取り扱う業者のことを、ひとくくりに「仮想通貨取引所」と呼んでいる人はよく見受けられます。しかし実際には、仮想通貨を取り扱う業者には「仮想通貨取引所」と「仮想通貨販売所」の2つの形態があることをご存じでしょうか。今回はこの2つの違いについて解説します。

「仮想通貨交換業者」とは

「仮想通貨取引所」と「仮想通貨販売所」の違いを説明する前に、まずそれらの総称となる「仮想通貨交換業者」に触れておきましょう。

2017年4月に施行された改正資金決済法に基づき、日本で商売として仮想通貨の取引を行うにあたっては、金融庁に「仮想通貨交換業者」として登録することが義務づけられています。この「仮想通貨交換業者」の中には、仮想通貨取引所と仮想通貨販売所の両方の形態が含まれています。つまり、「仮想通貨交換業者」は、取引所と販売所を合わせた仮想通貨関連業者の総称ということになります。

以前はこれらの仮想通貨関連業者をひとくくりで表現できる言葉がなかったのですが、今では「仮想通貨交換業者」という言い方でまとめて言い表せるようになりました。業界団体の「日本仮想通貨交換業協会」も設立されており、取引所、販売所のどちらの業者も加盟しています。

ちなみに、改正資金決済法は、たとえ外国の仮想通貨交換業者であっても日本居住者を対象にサービスを行っている限りは適用されるので、仮想通貨交換業の登録をせずに日本のユーザーを顧客としている外国の業者は、すべて違法に営業していることになります。

「仮想通貨取引所」と「仮想通貨販売所」の違い

仮想通貨取引所と仮想通貨取引所の違いをひと言で言えば、仮想通貨取引所が仮想通貨を売買する場を提供する業者であるのに対し、仮想通貨販売所は自分で仮想通貨を販売したり買い取ったりする業者、ということになります。

日本の仮想通貨交換業者の中にも取引所と販売所の両方があり、中には両方の業務を行っている業者もあります。

仮想通貨取引所の基本と特徴

仮想通貨取引所は、仮想通貨を個人間で取引する場を提供する業者です。

取引所のサイト上には、市場での仮想通貨の相場の推移がチャートで表示されています。利用者はこのチャートを見ながら、売買したい仮想通貨の数量と価格を入力して注文ボタンをクリックします。

これに対して、別の誰かがその数量と価格で取引に応じたら、売買が成立します。

仮想通貨取引所を使うメリット

仮想通貨取引所を使う利点としては、取引所では仮想通貨を売買価格を指定して取引できるので、販売所に比べて有利な価格で取引できる点が挙げられます。

仮想通貨取引所を使うデメリット

仮想通貨販売所に比べて有利な価格で取引できる利点がある一方、売買の価格を指定して注文する「指値(さしね)注文」の場合には、取引所で仮想通貨の価格が大きく動いているときや、大量の仮想通貨を売買するときなどは、なかなか取引が成立しないこともあります

また、価格を指定しないで注文する「成行(なりゆき)注文」の場合には、たとえば取引所サイトに表示されている一番安い価格を見て買い注文をしたとしても、最安値で売りに出されている数量は常に変動しているため、実際に約定した価格は想定より高くなってしまう場合があります

このように、想定した価格・数量で確実に売買できるとは限らない点が、取引所の難点と言えます。

仮想通貨販売所の基本と特徴

仮想通貨販売所は、仮想通貨を販売したり買い取ったりする業者です。つまり売買は販売所とその利用者の間で行われることになります。

仮想通貨販売所を使うメリット

販売所では、常に販売所のサイトに提示されている価格で売買が成立します。多額の取引の場合に取引所のように売買が成立しにくいということもありません。

何よりも仮想通貨販売所は仮想通貨取引所に比べて売買のやり方がシンプルなため、初心者でも簡単に、そしてすぐに、想定通りの価格・数量で仮想通貨を売買できるのが長所です。

仮想通貨販売所を使うデメリット

販売価格と買い取り価格の差額のことを「スプレッド」と呼びますが、販売所では取引所に比べ、このスプレッドが大きいのが一般的です。このため、仮想通貨販売所では仮想通貨取引所に比べ、利用者にとっては不利な価格での取引になることが多いのが難点と言えます。

仮想通貨取引所と仮想通貨販売所は、どう使い分けるのか?

このように仮想通貨取引所と仮想通貨販売所にはそれぞれ一長一短がありますが、一般的には「仮想通貨取引所」を利用した方が、業者の中間マージンが少ない点で利用者にとっては有利と言えるでしょう

ただ、仮想通貨の価格が暴落しているときや急上昇しているときなど、取引所でなかなか希望する取引が成立しない場合には、すぐに売り抜けたり買い付けたりするのに販売所を使うという手もあります。

先に述べた通り、仮想通貨交換業者の中には取引所と販売所の両方の業務を行っているところがあります。

たとえば、BitFlyer(ビットフライヤー)や、テックビューロが運営するZaif(ザイフ)などでは、同じサイト上で取引所と販売所の両方のサービスを利用できるようになっています。

これらの業者を利用する際には、自分が取引所と販売所のどちらで仮想通貨を売買しようとしているのか、間違えないように気をつけてください

あわせて読みたい

仮想通貨の基礎知識をチェックする
知っておきたい仮想通貨取引の損益計算、税金、確定申告のコツ
初心者でも簡単、5分でわかる仮想通貨の始め方

友だち追加