仮想通貨を売買する際に、各取引所間で同じ仮想通貨であるのに大きな価格差があることは多くの方が疑問に感じていることでしょうが、この価格差を利用して儲ける投資方法がひそかに人気となっています。この投資手法がアービトラージ(裁定取引)といわれるものです。株式や債券市場ではお馴染みのこの投資手法、仮想通貨でのアービトラージについて徹底解説します。

アービトラージ(裁定取引)とは?

アービトラージとは、各取引所間の価格差を利用して行われる取引です。価格差があるからこそ、成立する取引だと言えます。

それでは、なぜ各取引所には価格差が存在するのでしょうか。

取引所によって価格が異なるのは、その取引所により顧客数や取引量が異なるためです。価格を決定するのは取引所ですから、利益を得るために設定する金額は取引所によって異ります。

未成熟な市場ではよく起こりうる問題ですが、取引するユーザーにとっては取引所によって大きく価格が異なるというのでは、アンフェアな状態で取引することにもなりかねません。

アービトラージとは、相場観やテクニカルとは全く関係なく、単純に価格差のみを考慮して行われる方法です。投資手法としては邪道という見方をする人もいるのですが、実は、アービトラージという手法があることで不正が行われにくくなります。

仮想通貨はアービトラージの宝庫

一言で言うと、一攫千金を狙って多くの人が参入してくる仮想通貨市場は、アービトラージの宝庫状態になっています。

仮想通貨に魅力を感じている投資家が多いことから、各取引所での価格差やスプレッドをさほど気にしない人が多く、これによりスプレッドが収益源となる各取引所間では価格差が発生しやすくなり、ここにアービトラージの余地がでてくるわけです。

株式や債券市場では先物市場が発達しており、このようなアービトラージ(裁定取引)は大きな資金を持つ機関投資家など限られた投資家しか利用できなくなっていますが、投資市場としては未成熟な仮想通貨市場では個人でも利用できます。

アービトラージのポイント

取引所間の価格差を利用しますので、なるべく多くの取引所にアカウントを作成しておくこと、各取引所間の価格が広がるタイミングを狙うこと、などが仮想通貨アービトラージのポイントとなります。

取引所については国内のみならず海外取引所ももちろん利用できますので、売値が高くなる傾向にある取引所、買値が安くなる傾向にある取引所には最低でも複数のアカウントを作成しておく必要があります。

また、価格チェックでタイミングを計る必要がありますので、アプリなどを利用して各取引所間の価格チェックができるようにしておきます。

ビットコインのアービトラージをするとしたら?

例えば、取引所10社にアカウントを作成し、価格差をアプリなどでチェックします。

各取引所で取り扱われているビットコインでアービトラージを狙います。

10社のうちで、ビットコインの買値が最安値となっているA取引所で1BTCを100万円で購入します。

同時刻に、10社のうちでビットコインの売値の最高値となっているB取引所では1BTCが101万円となっています。

A取引所で購入したビットコインをB取引所に送金して101万円で売却できれば1万円の利益となります。

分かりやすいように、簡単な数字での事例としましたが、このようなケースは別に珍しいケースではありません。

特に、相場が動いている時には価格差は広がりやすくなりますので、まさに、仮想通貨市場はアービトラージの宝庫といっても言い過ぎではない状態なのです。

アービトラージのメリット

通常の売買に比べるとリスクが非常に小さく、相場観はほとんど必要ありませんので投資の初心者でも問題なく利益を出すことができます。

同様に、売買差益を狙う投資手法ではなく、あくまで取引所間の価格差を利用した手法ですから、一定の資産があれば安定して利益を出していくことができます。

こんなうまい話がいつもまでも続くわけはないと考える人も多いでしょうが、仮想通貨の先物市場がもっと成熟してこない限りはそう簡単にはなくなりません。

2017年12月には米国CMEにビットコインは上場しましたし、2018年中にはナスダックへの上場が予定されていますが、そうなると先物市場でのアービトラージが盛んになってくるでしょう。

しかし、先物市場が盛んになるためには、これから先もっと多額のお金が仮想通貨市場に入ってくることになりますので、ということは、仮想通貨市場はこれから先さらに盛り上がる可能性があるということです。

2017年の仮想通貨の大暴騰は、ひょっとすると先物市場にビットコインが上場したことが大きな要因であったのかもしれません。

アービトラージの注意点

投資の世界に100%はありませんので、アービトラージにもいくつかの注意点があります。

最も問題となるのは、各取引所間での送金に時間がかかるということで、この間に価格が変動し、アービトラージが失敗する可能性もあります。

先物市場が発達している株式や債券市場の場合には、先物を利用することでリスクをほぼゼロに近い状態にすることができます。

逆転の発想となりますが、先物市場が発達していない仮想通貨では、リスクをゼロにすることはできませんが、小さなリスクでそこそこの利益が狙えるのが魅力となります。

狙うのは各取引所間の価格差ですから、それほど大きな利幅は期待できませんので、相応の資金がないと投資効率は悪くなります。