ブロックチェーンとは、仮想通貨取引を記録する技術のことを指します。仮想通貨を所有する人のみならず、このブロックチェーン技術の将来性に注目している人は増えています。今回は、ブロックチェーンの特徴、マイニング、そのセキュリティについて解説します。

仮想通貨を支える「ブロックチェーン」技術について

2008年、サトシナカモト氏によるインターネット上の論文をもとに開発された、インターネット上のお金が、仮想通貨です。最近では、暗号通貨という呼び方も一般的となりました。英語でも“cryptocurrency”が使われることが多く、“virtual currency”や“digital currency”という言葉は少なくなっているようです。

この仮想通貨の技術を支えているブロックチェーンとは、何でしょうか?

単純には、その仮想通貨の取引を記録する台帳の役割を果たす技術のことを指します。例えば、1ビットコインをAさんがBさんに送金すると、その取引記録をきちんと残すのが、ブロックチェーンの役割です。

「ブロック」と呼ばれる、膨大な計算によって生成される情報データを一定の時間ごとに作り、そのブロックを順番に繋げて、まさに数珠繋ぎのようにしていくことから、ブロックチェーンと呼ばれています。

ブロックチェーンを一冊の台帳に例えると、各ページを構成しているのがブロックであるとイメージすると分かりやすくなるでしょうか?

ブロックチェーンの特徴

自立分散型のネットワークモデルとされるP2P(peer-to-peer:ピア・トゥ・ピア)と言われる技術の下、ブロックチェーンは、そのネットワークに接続されている各端末間で情報を管理しています。

このネットワークにはサーバーはありません。サーバーに端末を接続するという親子の関係ではなく、パソコン端末同士によって管理されているため、もしもその中のパソコンが1台故障したとしても、残りのパソコン端末がきちんとブロックチェーンのネットワークを維持し続ける牽牛な仕組みになっています。

マイニングって何?

仮想通貨のお話に良く出てくるマイニングとは、これらのブロックチェーンを構成する各ブロックを生成することを言います。そして、マイニングする人たちのことは、マイナーと呼ばれています。

マイニングには競争原理が働いており、一番早く計算できたパソコンがその報酬を得ることができる仕組みになっています。そもそもブロックを生成するには、膨大な計算を必要とするため、より計算能力の高い高性能なパソコンが要求されます。

この報酬は、1ブロックの計算を複数のパソコンで行った場合は、その計算量に応じて分配されます。この方式を、PoW(Proof-of-Work:プルーフオブワーク)と言い、ビットコインの場合は、この方式を採用しています。

一方、仮想通貨の中には、ブロックを生成する報酬を、その仮想通貨の保有量に応じて分配する方式もあり、これは、PoWに対し、PoS(Proof-of-Stake:プルーフオブステイク)と言います。イーサリアムは、PoWからPoSへの移行を進めています。

ブロックチェーンはセキュリティが高い

ブロックチェーンは、すべてのマイナーによって共有され、各ブロックをお互いに承認し合うことで成り立っています。

新しくブロックが生成されるときには、一つ前のブロックの一部を取り入れ、既に生成されたブロックと矛盾することのないよう、新しく生成されたブロックもすべてのマイナーに共有されます。

もしも、悪意を持った者が不正にブロックを生成したとすると、マイナーはその後にブロックを生成して繋げることができません。その場合は、正しいブロックであることが確認されているブロックに新しくブロックが繋がる仕組みなっています。

万一、不正ブロックがとても巧妙にできており、その後にブロックが繋がったとしても、さらに次のブロックでは計算が合わなくなり繋がることはないでしょう。つまり、不正ブロックの後ろはチェーンにはなりません。

このようにして、不正ブロックはマイナーからの承認を得られず無効となり、正しいブロックだけが長いチェーン構造となっていきます。つまり、あるマイナーが新しくブロックを生成すると、それを他のマイナー全員が別のブロックを繋げることで承認する仕組みになっており、意見が分かれた場合は多数決によって、一本のブロックが維持され続けます。

つまり、ブロックチェーンとは、改ざん不可能な高度なセキュリティを持った記録システムと言えます。

まとめ

ブロックチェーンは、非常に高いセキュリティに守られた仮想通貨の記録に使われる技術です。今後は、この仕組みを使って金融取引のみならず、あらゆる方面での応用が期待され、実際に活用が検討されている注目の技術です。

まずは仮想通貨に必須の技術、ブロックチェーンの仕組みを知っておきましょう。

あわせて読みたい

中国が世界で初めてブロックチェーンの格付けを開始。毎月更新予定。
ブロックチェーンに関する記事一覧はコチラ

友だち追加