仮想通貨が認知されるにつれて、仮想通貨を使用できる場所も増えてきました。仮想通貨を使える場所が増えると言うことは、それだけ仮想通貨の需要も生まれると言うこと。需要が増えれば価値も高まりますし、どんどん広がってほしいですね。さて仮想通貨が一般に広がるにつれて、トークンエコノミーと言う単語を目にするようになりました。一体トークンエコノミーとは何なのでしょうか?具体的にはどのようなものなのでしょうか?今回はトークンエコノミーについて紹介します。

トークンエコノミーとは

トークンエコノミーと言われても、さっぱり意味がわからないですよね。

まずは日本語に訳してみましょう。トークンは代替貨幣、エコノミーは経済を意味します。

つまりトークンエコノミーとは、代替貨幣を用いた経済のことです。仮想通貨で作られる経済圏とも言えます。

トークンを発行した段階ではトークンに価値はありません。トークンをユーザーが購入することで価値が生まれます。人気のあるトークンであれば、買いたい人が大勢いるので、価値は上がります。価値のついたトークンを使って取引を行うことで、独自の経済圏が広がっていきます。

わかりにくいと言う人は、トークン以外の物に置き換えると想像しやすいと思います。

例えば幼稚園のときに先生から貰えるシールを通貨のように使っていた経験はありませんか?「シール3枚でおやつを譲ってもらう」など、ただのシールを通貨として取引に使っていたはずです。

あれも一種の経済圏ですよね。

トークンエコノミーも同様に、仮想通貨を用いて独自の経済圏が作られます。

トークンエコノミーで法定通貨を介さない経済圏ができる

トークンエコノミーではトークンを貨幣として用いますので、法定通貨を介さない経済圏が出来上がります。

従来の経済は法定通貨を価値基準として行われていますよね。もちろん法定通貨を個人や企業が発行することはできません。

しかしトークンは違います。トークンは誰にでも発行ができるのです。個人でも企業でも、トークンを発行することができます。トークンをユーザーが購入すると、トークンに価値が生まれますよね。

価値があれば取引が行えますので、このトークンを用いて法定通貨を介さないで取引を完了することが出来ます。「法定通貨を介さないでどうやって価値を決めるのか?」と言う疑問が浮かんだ人もいるでしょう。
従来の経済は法定通貨を基準にしているため、その基準を介さないならどうなるのか?と気になりますね。

トークンエコノミーでは法定通貨ではなくビットコインを基準に考えることができます。
例えばAトークン=1BTCというように示せますので、法定通貨を介する必要がないのです。

基準にするのはビットコイン以外でも問題ありません。

もちろん基準があるので「Aトークン1枚とBトークン2枚が同価値だから交換」と言うように、別々のトークンでも取引ができます。

そして忘れてはならないのが、トークンはブロックチェーン技術を利用している点です。ブロックチェーンを利用すると言うことは、改ざんできない履歴が残ると言うことです。もちろん偽造もできませんし、持ち歩く必要もありません。

これらは法定通貨には無いメリットと言えますね。

トークンエコノミーの実用例

トークンエコノミーと聞いても、一体どんなものがトークンエコノミーなのかわからない人もいるでしょう。そこでトークンエコノミーの実用例を紹介します。

ICO

ICOは企業などが独自のトークンを発行して資金を調達する方法です。仮想通貨について勉強したことがある人は一度は見たことがあると思います。

仮想通貨を出資してICOに参加し、トークンを購入する。購入したトークンを売買したりサービスに利用する。

立派なトークンエコノミーですね。

ただしICOは詐欺が流行っていますし、資金が集まらなくてプロジェクト自体が破綻してしまうこともありますので注意してください。

VALU

VALUもトークンエコノミーの実用例です。ICOよりは身近に思う人が多いでしょうね。

VALUは個人の価値をトークン化したものになります。自分のVAを発行して好きな価格で取引ができ、優待もつけることができます。

有名人がトークンを発行すれば、多くの人が買いたいと思います。そうなるとトークンの価値は上がっていきます。

Timebank

Timebankは個人の時間に価値を与えて売買できます。
時間をトークン化したもので、買ったけど使わなかった時間は欲しい人に売ることもできます。

時間と言うと価値が曖昧なものですが、トークン化すれば曖昧なものにも価値が与えられるのです。
購入した時間は相談や依頼などに使われることが多いようです。

また時間は、その個人の人気によって価値が上下します。早くに使わないと価値が下がる可能性があるので、積極的にトークンが交換されるというわけです。

トークンエコノミーまとめ

トークンを用いることで、今まで価値が付けられなかったものにも価値が与えられるようになりました。
時間や人物など、今まで曖昧な価値しか価値が付けられなかったものでも、トークンでハッキリさせられます。

今まで仲介が必要だった取引でも仲介無しで行えるといったメリットもありますし、少しずつ生活に根付いていくかもしれません。

トークンエコノミーはまだ始まったばかりのシステムですので、今後どのように浸透していくのか注目したいですね。