ビットコインを投資対象として興味を持ち、色々調べている方も多いともいます。このビットコインの特性の一つとして「マイニング」という言葉を耳にした方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回はマイニングと、マイニングを利用した投資の方法について考えてみましょう。

ビットコインのマイニング(採掘)とは?

ビットコインブロックチェーンという技術を背景に作られた仮想通貨です。ブロックチェーンは分散型台帳技術とも言われますが、取引の記録をトランザクションと呼ばれるデータで記録します。そのまとまりをブロックといい、このブロックを連結して記録した状態をブロックチェーンと言います。

この記録はどこか一箇所に中央集権的に保管されるのではなく、利用者が分散して記録します。これにより悪意のある攻撃者の改ざんなどを防げるなどのメリットがあり、今後様々な分野での応用が期待されています。このデータの記録に貢献のあった参加者には、報酬としてビットコインが配布されます。こうした「ブロックチェーンの記録に貢献すること」をマイニングと言います。

マイニングは個人でもできる?

マイニングに対する報酬は、10分に一度のペースで貢献のあったマイナー(採掘者)に対して12.5BTCが与えられます。1BTC=100万円とすると、1,250万円が報酬です。かなり高額ですよね?このレートで計算すると毎日18億円が報酬として世界中の誰かに配布されているということです。現在ではこの報酬を目的に世界中の専門業者が高価な機材を駆使して競争を繰り広げています。残念ながら個人レベルではとても太刀打ちができないというのが現状です。

マイニング投資とは

個人レベルでマイニングを行うことは困難とお伝えしましたが、マイニングに参加することなら可能です。世界中にマイニングを専門にしている会社があり、そこに投資することによって間接的に報酬を受け取るという方法があります。マイニングを専門としている業者のことをマイニング・プールと呼び、そのうち一般投資家に参加を許している業者のサービスをクラウドマイニングと言います。

一般的に『マイニング投資』とは、このようなクラウドマイニングを利用して、報酬の一部を受け取ることを指します。現在、クラウドマイニングを提供している業者の多くは本拠地を中国に置いています。マイニングをするための計算に膨大な電力を使用するため、電気代の安い地域が選択されるのが理由と思われます。また、膨大な計算に伴う発熱を抑えるための冷却にも多くの電力が用いられるため、気温の低いアイスランドなどにマイニングの拠点を展開する事業者も多いようです。

クラウドマイニングを始めるには?

マイニング投資は上記のようなサービスを提供している事業者との契約をすることで、手軽にスタートできます。契約自体はオンラインで完結しますので、必要な金額を送金すればすぐに始められます。

クラウドマイニングを利用すると、設備への初期投資をする必要がなく、専門知識がなくてもマイニングに参加できます。報酬に対しても価値の上昇に伴う値上がり益も期待できるため、少額の資本で始められるというメリットがあります。一方、報酬自体は参加者でシェアされますので、急なリターンは見込めません。1年以上かけて元本を取り戻し、そこから少しずつプラスを積み上げるという投資スタイルになります。投資期間が短いと元本すら回収できません。

また、予想に反して仮想通貨の価格が下落した場合は回収までに時間がかかることもあり得ます。

クラウドマイニングの業者は?

有名な所としては、BitCoin.comHashing24Genesis miningHashFlareなどの事業者があります。Genesis miningはアイスランドに本拠地を置く事業者で、2013年から事業を開始しています。マイニングできる仮想通貨は6種類(ビットコイン、イーサリアム、ダッシュ、ライトコイン、モネロ、ジーキャッシュ)あります。投資プランは3種類存在し、30ドルからスタートできます。ただし、投資額によってマイニングする能力が異なりますので、余裕があれば少し大きめのプランを選択すると良いでしょう。

Genesis miningは非常に人気があるため、プランが売り切れになっている場合もよくあります。また、受け付けられても実際にマイニングが始まるまでに3ヵ月程度待たされることもあります。契約期間は2年間ですので、現状であれば投資額を回収できる見込みは高いですが、これも取り組む通貨の価格変動によって異なりますので注意が必要です。他の事業者との違いとしてはビットコインの永久採掘権に投資するプランが存在することですが、これも人気のため売り切れ状態になっていることが多いようです。

HashFlareの場合はGenesis miningと異なり、マイニング期間が1年間限定のプランしかありませんので、契約期間内に投資額が回収できるかどうか微妙なラインです。1年後に報酬を含めて再投資するなどの戦略で取り組む必要がありそうです。投資は少額(約230円)からできますので、試しにという場合に選択肢に入れても良いでしょう。

国内では昨年GMOとDMMがマイニング事業に参加すると表明しました。しかし、GMOクラウドマイニングの投資条件は最低投資額が5.5億円からと、とても庶民には手が出せないサービスになっています。

マイニング投資の注意点

今回はクラウドマイニングの仕組みと、いくつかの事業者について紹介しました。しかし、事業者の中には詐欺であったり、詐欺とは言えないまでも、まともなマイニングによる報酬ではなく、紹介料などを元に参加者を集めるマルチ的な営業をしているところも多く存在するようです。マイニング投資をする際は、情報を集め貴重な資産が無駄にならないよう、正しい投資スタンスで臨みたいものです。