ビットコインの次に有名な仮想通貨といえばイーサリアム(Ethereum)です。ある信用格付機関のレイティングでは、ビットコインよりも高い評価をされ話題にもなりました。イーサリアムの一番の特徴は「スマートコントラクト」を世界で初めて実装したことです。今回はこのスマートコンタクトについて確認してみましょう。

1990年代にすでに提唱されていたスマートコントラクト

スマートコントラクトとは契約や取引の自動化を指す言葉です。

概念自体は、1990年代にNick Szaboという暗号学者が論文で示しました。もっとも簡単に表現すると「契約の自動化」というのがその内容です。例えば、不動産契約などを例にあげると、売りたい人と買いたい人の仲介として不動産業者が必要となります。不動産契約に必要となる法律や各種の手続きを業者が代行し、契約の信頼性を担保します。こうした第三者による手続きを、ブロックチェーン上に記録された情報で自動化するのがスマートコントラクトです。

応用が期待されているスマートコントラクトの具体例

少しわかりやすい事例をあげて、スマートコントラクトの具体的な応用について見てみましょう。例えば音楽クリエイターが自分の楽曲を販売し、その報酬を受け取る時の流れで考えてみましょう。通常であればレコード会社と契約をし、CDや音楽配信サービスを使って一般に販売します。楽曲を買ったユーザーが支払った代金は、販売店を通じてレコード会社に渡り、そこから報酬がクリエイターに支払われます。

このように一つの流通のために多くの中間業者が必要となり、そこで収益の一部が報酬として支払われ、最終的に販売代金の一部がクリエイターに渡されます。

中間業者を不要にする流通革命

スマートコントラクトを使うと、上記の取引に中間業者が不要になります。クリエイターは楽曲をオンライン上で販売します。ユーザーはイーサで楽曲を購入しますが、イーサはスマートコントラクトを実装しているイーサリアムで使われる仮想通貨ですので、『支払いの確認→楽曲のダウンロード』を自動的に実行します。その際に、同じくスマートコントラクトに記録されている割合でクリエイターに対して報酬が自動的に支払われます。

中間業者の流通や確認作業を必要とせず、販売からクリエイターへの報酬支払いまでを瞬時に自動的に実行できます。

ブロックチェーン技術で保証される透明化と信頼性

ブロックチェーン技術を利用すると、各種の契約を透明化することができます。取引の記録は分散型ネットワーク上に記録され、悪意のある第三者の攻撃を受けても改ざんがされにくいという特徴があり、さらに記録は公開情報なので取引の透明化が実現されます。

このような特徴から、各種の取引・契約について高いセキュリティーが保証されるため、これまでのような信頼ある第三者の保証なしに個人間取引を成立させることが期待されています。

個人が取引する相手の信頼性を考慮しなくとも良い

ネットオークションなどを利用したことがある方であれば、相手がどこの誰かわからない個人や企業であった時、「お金を振り込んだけど商品がちゃんと届くのか?」といった相手に対する信頼性を気にしたことがあるかと思います。

実際に詐欺の被害にあう方も多いですし、詐欺とは言わないまでも、満足できる商品やサービスではなかったなどの問題も多く発生しています。

スマートコントラクトを利用すると、このような問題が一気に解決する可能性があります。それは相手の信頼性を問わなくても、スマートコントラクトという仕組みが取引の信頼性を保証することができるからです。

第四の革命・スマートコントラクト

農業革命産業革命情報革命に続く第四の革命とも呼ばれるスマートコントラクト。イーサリアム開発者のヴィタリック・ブテリンは次のように表現しています。
「スマートコントラクトは末端の仕事ではなく、中央の仕事を自動化します。タクシー運転手の仕事を奪うのではなくて、Uberをなくし運転手が個人で直接仕事を取れるようになります」
近年、日本でも話題になったAirb&bやUberなどのサービスは、個人が送迎サービスや宿泊サービスを提供するビジネスです。その管理・仲介・信頼性の担保のためにAirb&bやUberという会社が存在しています。スマートコントラクトが個人レベルまで普及し、活用されるとこうした管理する中央の支配者が不要になるというのがその内容です。

スマートコントラクトまとめ

複雑な手続きが要求され、専門家が不可欠だった分野であったり、多くの中間業者が介在し複雑な流通経路を持った産業などがスマートコントラクトの登場で劇的に変化していくのではないかと言われています。

現在はイーサリアムがスマートコントラクトを実装した仮想通貨のデファクトスタンダードですが、さらに高機能化したものや、特定の分野に特化した新たな仮想通貨の開発も盛んに行われています。ブロックチェーン技術とスマートコントラクトはこれまでの概念を打ち破り、新たな世界を作り出すポテンシャルを持った素晴らしい発明です。国内ではDMMが事業部を立ち上げて取り組むなど、多くの企業がその活用に乗り出してきました。

今後もスマートコントラクト関係のニュースにはぜひ注目していきたいところです。