現在最も代表的な仮想通貨といえばビットコイン(BTC)。2017年にそのビットコインが初のハードフォークをして、誕生した通貨がビットコインキャッシュ(BCH)です。どのような理由で生まれ、現在までどのような動きが起こっているのか、年表形式でまとめていきます。

(1)2017年8月:ビットコインキャッシュ誕生

ビットコイン(Bitcoin)が分裂した背景には、2017年になって利用者が増加し、その問題点が浮き彫りになったことがあります。利用者が増えたことでビットコインのデータ処理速度が低下し、利用者に不利益が出る可能性がありました(スケーラビリティー問題)。開発者間で検討が重ねられたものの、データ処理の規格をめぐって対立が生まれるようになりました。

「ビットコイン・コア」と呼ばれる開発者たちは、ビットコインに「セグウィット(Segwit)」という、取引記録の一部をブロックチェーンの外で行えるようにする技術を実装することで問題を解決すべきだと提唱しました。これに対し、中国の大手マイニング業者が中心となって、ビットコインの取引を記録するブロックの容量を1MBから8MBに拡張すべきだと主張しました。

その結果、ハードフォークという仮想通貨のルール変更作業が実施され、ビットコインキャッシュが誕生しました。ハードフォークが行われる目的は技術改善や仕様変更のためですが、ハードフォークを実施することで、現行の仕様を無視した新仕様になるため、相互の互換性はありません。そのため、ビットコインとビットコインキャッシュは全く別のコインとなっています。

ビットコインとビットコインキャッシュとの違い

ビットコインとビットコインキャッシュの大きな違いは、取引を記録するブロックの容量が異なる点です。ビットコインのブロックサイズは1MBのままですが、2017年8月にSegwitを実装したことで、取引記録を圧縮できるため、4MB相当の取引処理ができるとされています。これに対し、ビットコインキャッシュのブロックサイズは当初8MB、その後32MBとなりましたが、Segwitは実装されていません。

開発者に関しても、ビットコインは「ビットコイン・コア」と呼ばれる開発者であるのに対し、ビットコインキャッシュは「ビットコイン・アンリミテッド」と呼ばれる一部のマイナーが中心となって開発されています。ビットコインとビットコインキャッシュは、名称は似ていますが、全く別の仮想通貨なのです。

(2)2017年夏〜秋:ビットコインキャッシュ分裂後の動向

2017年8月に分裂した際には、ビットコイン保有者に対し、ビットコイン保有枚数に応じてビットコインキャッシュを割り当てる処理が行われています。この処理を受けて、分裂直後のビットコインキャッシュの初値は1BCH=2万円でした。

その後価格は上昇を続け、8月3日には一時9万円に達しましたが、価値高騰に伴い、売却する人が増加したため、8月6日には価値が2万円台に下落するなど、短期間で大幅な価値変動が起こりました。その後も価格の上限を繰り返し、8月中旬にかけて7万円台まで価値を戻しましたが、10月末までは価値が上がらず下落傾向が続きました。

(3)2017年9月:日本の大手事業者が相次ぎマイニング参入

ビットコインキャッシュのマイナーは中国の業者が中心でしたが、2017年9月になって、日本の大手事業者の参入が相次いで発表されました。

SBIグループを率いる北尾吉孝氏は2017年9月の講演で、既にビットコインキャッシュのマイニングを始めていることを明らかにしました。マイニングシェア30%を目指しているとのことです。

GMOインターネットも9月7日、ビットコインとビットコインキャッシュのマイニングを始めると発表しました。その後、北欧に拠点を設置して同年12月からマイニングを開始しており、2018年2月に採掘した仮想通貨はビットコインが124BTC(約1億4000万円)、ビットコインキャッシュが287BCH(約3780万円)とのことで、かなり大規模なマイニングであることがうかがえます。

(4)2017年11月:ハードフォークで価格が大きく上昇

10月末まではビットコインキャッシュは価値が低いままの状態でした。これは、マイニングの難易度が高いため、マイナーたちがビットコインキャッシュのマイニングを行わなくなり、その結果、取引認証がなかなかできないという現象が起きていたためです。

この問題を解決するため、2017年11月、マイニングの難易度調整などの仕様変更に伴うビットコインキャッシュ初のハードフォークが行われました。その結果、ビットコインキャッシュは価値が高騰し、最高値を更新していきました。

この時期にビットコイン側ではブロックサイズを2MBに拡張する「Segwit2x」という仕様変更が予定されていたのですが、これが無期限延期となったことも、ビットコインキャッシュへの乗り換えにつながりました。

(5)2017年12月:ビットコインキャッシュに追い風。さらに価格上昇

11月に過去最高値を更新したビットコインキャッシュは、12月20日には約50万円の過去最高値を記録しています。主な要因は、アメリカの大手取引所である、GDAX、Coinbaseがビットコインキャッシュの取り扱いを開始し、ビットコインのマイナーたちがビットコインキャッシュのマイニングに切り替えているという情報が流れたからです。

特にCoinbaseは社会的評価の定まった主要仮想通貨しか取り扱わない傾向があるため、同取引所に上場されたことはビットコインキャッシュの信用を高める結果となったのです。

他にもビットコインのクラウドマイニングサービスを提供しているBitcoin.comの設立者であるエミール・オルデンバーグ氏がビットコインに対して否定的な見解を示した上で、ビットコインを売却し、ビットコインキャッシュを購入したという情報が市場に流れたことも要因と言えるでしょう。

(6)2018年1月:各国の仮想通貨規制を受けて価格が下落

2017年末には最高値を付けたビットコインキャッシュですが、2018年初には他の多くの仮想通貨と同様、各国の仮想通貨規制の動きを反映して大きく値を下げました。その後も下落基調は続いており、2018年7月初め時点では8万円前後で推移しています。

(7)2018年5月:ブロックサイズを32MBに拡大

2018年5月15日、ビットコインキャッシュの仕様変更のための2度目のハードフォークが行われました。これによって、ブロックサイズが8MBから32MBに拡張され、即時取引承認が可能になるとともに、スマートコントラクトを実現できる技術も搭載されました。

あわせて読みたい

人気の仮想通貨ビットコインキャッシュのマイニング方法
ビットコインキャッシュを取り扱っている取引所を徹底比較!

友だち追加