仮想通貨がニュースで取り上げられるようになり、仮想通貨取引を始める人が増えてきました。一攫千金を狙って、貯金の大半を仮想通貨に変える人も少なくありません。しかし仮想通貨取引所を始めたばかりのときは、価格の変動に焦って売買してしまい損をしがちです。特に仮想通貨初心者は、購入するタイミングに注意しなければ高値掴みすることも…。2017年中に仮想通貨を始めた人は、ちょっとのことではマイナスにならないと思います。しかし2018年になってから始めた人は、賢く売買しないと、マイナスになってしまいます。今回は仮想通貨の賢い買い方に焦点を絞って紹介します。

初心者が仮想通貨を買う前に知っておきたいポイント

初心者が仮想通貨を買うときは、どのようなことに気をつければ良いのでしょうか?
仮想通貨を買う前に知っておきたいポイントを紹介します。

ポイントは大きくわけて3つ!

  • 高騰しているときに購入してはいけない
  • 仮想通貨には取引所と販売所がある
  • 取引所ごとに価格が違う

上記の3つを踏まえた上で仮想通貨を買いましょう。なぜこの3つが大事なのかをそれぞれ説明しますね。

高騰しているときに購入してはいけない

仮想通貨は価格が高騰しているときに購入してはいけません。

価格が上がっていると「もっと上がるかも」と思って買いたくなりますが、高騰はずっと続くものではありません。必ず価格が下がります。

特に初心者は「上がっているから」と、何も考えずに購入して高値掴みしてしまう人が多いです。

初心者の人が「上がってる!」と気がついたときは、もう上がるのは終わりです。
本当のプロたちは、そのタイミングで仮想通貨を売り始めます。

価格が下がり始めたら不安になり、購入時よりも安い価格で売却…。
そんなことを繰り返していてはマイナスにしかなりませんよね。

そもそも、高騰したときに自分も恩恵を受けようと、購入するのがおこがましいとも言えます。
仮想通貨の高騰は、我慢して持ち続けた人だけが受けられる恩恵と思っておきましょう。

高騰したときは購入するタイミングではなく、売却するタイミングを考えましょう。

仮想通貨には取引所と販売所がある

仮想通貨は取引所販売所で手に入ります。取引所と販売所の違いは、取引相手です。

取引所はユーザー同士で仮想通貨取引をします。
「○円で○個売りたい人」と「○円で○個買いたい人」が揃わなければ取引が成立しません。ユーザー数が少ないと取引が成立しないこともあります。

取引所によっては手数料無料の場合もありますので、急がないのであれば安く仮想通貨が手に入ります。

販売所はユーザーと販売所で仮想通貨取引をします。
取引相手が販売所であるため、欲しいと思ったときすぐに仮想通貨が手に入ります。

ただし手数料が上乗せされた価格になりますので、取引所よりも高いのが特徴です。

仮想通貨初心者の中には、取引所と販売所の違いを知らないまま取引を行っている人もいます。
仮想通貨の取引に慣れて来たら、徐々販売所を使うことを減らし、取引所に切り替えていきましょう

取引所と販売所の違いを考えずに仮想通貨取引していると、それだけで利益が発生しづらくなるので注意してください。

取引所ごとに価格が違う

仮想通貨の価格はどの取引所でも同じ価格と言う話ではありません。
取引所ごとに少しずつ価格が違います。

仮想通貨初心者のうちは「どこで買っても同じ」「違っても数円」と言った考えで取引を行いがちですが、1円2円の違いでも大量に買えば差額は大きくなります。

仮想通貨は安く買って高く売ることで利益を得ますので、「手に入ればどこでも良い」と言う考えは避けたいところです。
少しでも安くたくさん手に入れる買い方を考えましょう。

仮想通貨の賢い買い方

仮想通貨は賢く買えば、初心者であっても利益を出しやすいものです。
ですので仮想通貨の賢い買い方を紹介します。

少額から始める

仮想通貨初心者のうちは、少額から始めましょう。一攫千金を狙って高額で始めると、ほぼ間違いなく失敗します。

価格市場の動きやニュースによる価格変動に慣れていないのに、利益を出せるわけがありません。上手く買えたとしても売り時を逃してマイナスになるでしょう。

かと言って持っていない仮想通貨には興味を持ちにくいものです。そのため、少額から始めるのがオススメです。少額でも保有してさえいれば、その仮想通貨の情報を自然に追うようになります。

複数の取引所を活用して買う

複数の取引所を活用して仮想通貨を買いましょう。仮想通貨の価格は取引所ごとに少しずつ違います。

入金手数料も違いますので、欲しい仮想通貨を一番安く沢山買える取引所を使うのが良いでしょう。

1箇所しか使っていないのであれば、他の取引所もアカウントだけ開設しておきましょう。
使うか使わないかは別として、開設さえしておけば「使いたい」と思ったときに使えます。

日本の取引所は開設して使用できるまでに1ヶ月かかることもありますので、開設だけは行っておくことをオススメします。

ドルコスト平均法で買う

仮想通貨はドルコスト平均法で買いましょう。ドルコスト平均法は定額購入法とも言い、一気に購入しないで定期的に購入する方法です。

「毎月25日に10,000円分購入する」と言った買い方ですね。決まった日に決まった額を購入するため、チャートの動きを気にする必要がなくなります。

仮想通貨のチャートは価格変動が激しいので、どうしても精神的にやられてしまいます。特に初心者は価格変動の変動に一喜一憂しがちですね。

しかし定額購入であれば、購入額とタイミングを決めるだけです。あとは淡々と購入を続けるだけ。チャートを気にする必要は全くありません。

また高値掴みを防ぐことができ、長期的に行えば利益を出しやすいです。

賢い買い方まとめ

仮想通貨初心者は価格の変動につられて売買しがちですが、いつまでも振り回されていては利益を出せません。
しかし買い方を少し変えるだけでプラスになることもあります。

闇雲に勘で買うのではなく、きちんとポイントを押さえた買い方をしたいですね。

仮想通貨を賢く買って利益を増やしましょう。