ビットコインは分裂が行われており、新しいコインが生まれています。代表的なものといえばビットコインキャッシュがこれに当たります。しかし、その他にも、ビットコインゴッド、ビットコインダイヤモンドなど初心者には聞き慣れないコインがたくさん。ここでは、その中からビットコインゴッドの情報を整理したいと思います。

ビットコインゴッドとは

2017年12月27日(予定ではクリスマス)にビットコインから枝分かれした仮想通貨です。そのため、ビットコインとは別のものと思ってください。

日本語訳はありませんが、公式webサイトも存在しています。

https://www.bitcoingod.org/index.html

その中の記載や現在、さまざまなところで記載されている情報をまとめると、次のような特徴があるコインのようです。

  • 自由に契約できるシステム(スマートコントラクト)
  • 取引データの計算ができる(POSマイニング)
  • パスワードが盗み取られるリスクがない(ゼロ知識証明)

ビットコインから分裂したコインによく見られる「ビットコイン+他のコインのメリット」で作られている良いとこ取りのコインです。

また、POSマイニングはビットコインゴッドを所有しているだけで、自動的にマイニング(採掘)が行われ」資産を増やせるシステムになっているそうです。

ビットコインゴットが発行される枚数とは

仮想通貨の中には、作られる枚数が決められています。ビットコインゴッドについては、ビットコインと変わらない2,100万枚です。

ビットコインゴッドの予定(ロードマップ)とは

ビットコインゴッドの公式ホームぺージによると、いつまでにシステムが完成するのか書かれているのです。

【ビットコインゴッドのこれから(1~3期まで)】

  • 2017年12月27日:ビットコインゴッドが生まれる
  • 2018年の第1期:ネットワークができる
  • 2018年の第2期:ビットコインゴッドで自由契約システムを追加(スマートコントラクト)
  • 2018年の第3期:セキュリティに強い「ゼロ知識証明」が追加

2018年には、ネットワーク・スマートコントラクト・ゼロ知識証明が一つずつ作られるのです。

ビットコインゴッドが買える取引所

ビットコインゴッドに関する情報でさまざまな憶測を読んでいるのがコインを買える取引所です。

公式ホームページには、取引所の一覧に、bitFliyer、Coincheck、Zaifといった日本国内の取引所が多く記載されている他、世界各国の約50カ所の取引所で取り扱われると表示されています。あまりの取引所の多さに詐欺ではないのかという疑惑も上がっているほどです。

国内の各取引所では、ビットコインゴッドに対する明確な発表はなく、本当に売買できるようになるのか、不明な点が多い仮想通貨です。

ビットコインゴッドについては明確な情報が分かりましたら、CCJOURNALでまたお知らせしてまいります。

また、ビットコインの分裂は今後も続き、ブルームバーグは、2018年だけで50回分裂するのではないかと報じています。

分裂したコインはまだまだ不透明なことの多いです。ビットコインという名前がついているだけで判断せず、まずはコインの情報をしっかりと収集する必要があるのかもしれません。