2017年8月ビットコインがハードフォーク(分裂)して、新しいアルトコインのビットコインキャッシュが誕生しました。分裂というと何やらネガティブなイメージに感じる方もいるかもしれませんが、ビットココインや仮想通貨が分裂する理由を把握していますか?仮想通貨の分裂とは何なのか、またなぜ分裂を繰り返すのか徹底解説します。

ビットコインのハードフォーク(分裂)とは

分裂というと、何かの対立が原因となり組織が分かれてしまうというマイナスのイメージもありますが、細胞分裂などのように分裂することで身体によい影響を与えるようなプラスのイメージもあります、ビットコインの場合はどうなのでしょうか。

ビットコインは、2017年8月のビットコインキャッシュを皮切りにビットコインゴールドビットコインダイヤモンドなど分裂を繰り返しています。

直接的な分裂の要因としては、ビットコインのスケーラビリティ問題で、この解決方法をめぐりコミュニティ間の対立が発生し、ハードフォークで新たなアルトコインが発生することになったことが挙げられます。

スケーラビリティ問題とは

ビットコインの根幹をなすブロックチェーンは、チェーンのように繋がっているブロックに取引履歴を記録していきます。このブロックの容量が1MBなのですが、ビットコインの市場が急激拡大し、処理できるトランザクション(取引)に限界が発生したことで、決済承認に時間がかかるという問題が引き起こされました。

ビットコインのブロックチェーン初期の構想では、ここまで急速に発展することは想定外だったのかもしれませんが、送金や決済に時間がかかったり、取引手数料が高騰化するなどの問題が起こっています。

この問題解決方法を巡り、コミュニティ間で対立が起こりました。

コミュニティとは

ビットコインをはじめとする仮想通貨のコミュニティとは、開発者・マイナー(マイニング集団)、事業者・ユーザー・投資家などで構成されており、中央機関を持たない仮想通貨ではこれらのどれが欠けても発展していくことはできなくなります。

スケーラビリティ問題が解決されないと、コミュニティのユーザーや事業者が離れていくことになり、投資家にも魅力のないコインとなってしまいます。

2017年8月のハードフォークでスケーラビリティ問題の解決方法で対立したのは、開発者グループとマイナーでした。

中央機関を持たずに誰の管理も受けないはずの仮想通貨でこのような対立が起こること自体に危機感を持つ開発者グループは、Segwitというソフトを導入することでブロックの容量を8MBに拡張するという方法を提案しました。

ところが、このSegwitを採用することで、これまでのマイニング専用機械が利用できなくなるマイナーグループが大反対することになります。

結果的には、2017年8月世界が注目する中、中国のマイナーグループ主導のハードフォークにより、ビットコインキャッシュが新たに誕生することになりました。

なぜ仮想通貨は分裂するのか

仮想通貨が分裂するのは、コミュニティ間に対立が起こるからで、それではなぜコミュニティ間に対立が起こるのかといえば、中央機関が存在しておらず誰からも管理されてないからとなります。

なにやら禅問答のようなお話ですが、中央機関が存在しないことでその価値が認められる仮想通貨では、仮想通貨としても価値やクオリティを高めていくためには分裂は必然であると考えることもできるのです。

コミュニティの対立や分裂は不安材料となることは間違いありませんが、分裂とはどの仮想通貨でも起こるものではなく、分裂するだけの価値ある仮想通貨でしか起こらないものでもあります。

つまり、現状ではビットコインとイーサリアムの2通貨で大きな時価総額のシェアが構成されていますが、原則的にはこのレベルの仮想通貨でないと分裂は起こらないのです。

事実、分裂前と分裂後のビットコインに何ら変化はでていませんし、2017年8月の分裂でいえば、分裂の際にはビットコインホルダーには1BTCに対して1BCC(ビットコインキャッシュ)が提供されています。

つまり、分裂することでビットコインホルダーは、ビットコインキャッシュをもらっており、その後にビットコインキャッシュの価格が暴騰しますので結果的に大儲けしているのです。

相場は相場に聞かないといけませんので、必ずしも同じ状況が繰り返されるわけではありませんが、将来性のある価値の高い仮想通貨の分裂は、現時点ではユーザーや投資家にとっては悪い話ではないのです。

分裂は今後も繰り返されるのか

結論から言うと、ビットコインの例からも明らかなように、今後も仮想通貨の分裂は繰り返し起こることになるでしょう。

今後、ビットコインのスケーラビリティ問題が分裂により結局どうなったのかという結論が出てきますので、これからの分裂はそれらの結果を参考にできますので、されに高度化した分裂に発展していく可能性もあります。

そのような状況下では、分裂していない仮想通貨とは未だ未成熟な仮想通貨の証であると考えられるようになるでしょう。

つまり、魅力のない仮想通貨ではコミュニティが発展することもないわけで、対立することもないわけです。