ビットコインとビットコインキャッシュ、名前が似ているけど、何が違うの?仮想通貨を始めたばかりだと、まずコインの名前を覚えるのが大変ですよね。特にこの2つは紛らわしいです。1コインの単位もBTCとBCHととてもよく似ています。この2つは、もとは同じ仮想通貨だったのですが、理由があって2つに分裂したものです。今回は、ビットコインとビットコインキャッシュの違いについて解説します。

ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCH)の関係

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)は、ビットコイン(Bitcoin/BTC)が抱える問題を解決するために、2017年8月ビットコインからハードフォーク(分裂)して誕生したアルトコインです。

ビットコインが抱える問題とは、スケーラビリティ問題といって、利用者が増えたことによる決済処理の遅延や、取引手数料の高騰などを指します。

この問題を解決するために、ビットコインは、ビットコインの弱点を改善した新しいブロックチェーンを、ビットコインから作りだす手段をとりました。この新しいブロックチェーン上の仮想通貨が、ビットコインキャッシュです。

このように、ある仮想通貨のブロックチェーンから、別のブロックチェーンが誕生することを、ハードフォークといいます。ビットコインキャッシュの後も、ビットコインゴールドビットコインダイヤモンドなど、ビットコインから、次々と新コインが誕生しました。

ビットコインとビットコインキャッシュの違い

ビットコインとビットコインキャッシュの違いは、1ブロックの容量です。

ビットコインもビットコインキャッシュも10分に1つのブロック生成が行われますが、ビットコインの1ブロック容量が1MBであるのに対し、ビットコインキャッシュは8MBに開発されています。1ブロックで処理できる情報量が、ビットコインキャッシュの方が多いということです。

一見すると「ビットコインキャッシュの方がすごそう」なのですが、そう簡単な話でもありません。そこには、Segwit(セグウィット)という方法の導入を巡って、両者のセキュリティに対する考え方の違いがあります。

ビットコインが導入する「Segwit」

ビットコインは、1MBというサイズにこだわりをもっています。これより大きくすると、外部からの攻撃が受けやすいと考えているからです。

それでは、どうやって1MBの中で膨大な情報量を処理するかというと、ビットコインは、Segwitというシステムを導入して、仮想通貨取引の「署名」に関するデータ部分を、ブロックと別に管理することで対処しています。「署名」とは、仮想通貨の送金の際に、「秘密鍵」によって自動的に行われるもので、本人からの送金であることを証明するものです。

署名部分を除くことで、その分の容量が確保できるというわけです。

ビットコインキャッシュがSegwitに賛同しない理由

ビットコインキャッシュは、Segwitを導入しません。

ビットコインキャッシュは、署名を別で管理することは、記録の改ざんなどを狙う攻撃を受けやすくなると考えています。そこで、ビットコインキャッシュでは、1ブロックの容量を大きくすれば、署名を別にすることなく、問題をクリアできるとしたのです。

マイナーからも、この考え方が支持されています。つまり、ビットコインとビットコインキャッシュの間には、セキュリティに対する考え方の違いがあるのです。

ビットコインとビットコインキャッシュはどちらが優れている?

現在は、ビットコインのほうが時価総額も高く、ほとんどの取引所がビットコインを基軸通貨として採用しています。ただし、ビットコインはスケーラビリティ問題の解決が終わっていません。解決方法として、ライトニングネットワークの開発がすすめられている途中です。

一方で、ビットコインキャッシュを基軸通貨とする取引所がイギリスに開設されるなど、2018年はビットコインキャッシュに期待する声が多くみられます。

現時点では、どちらが優れているかに答えはありませんが、ビットコインが決済問題を、解決できるかどうかが、今後、2つの通貨の行方を決めるカギとなるでしょう。

ビットコインキャッシュは長期投資のためのホールドが9割

なお、BitMEXの調査によると、ビットコインキャッシュは長期投資を目的としてホールドされているものが9割に登り、取引されているのは1割とのこと。つまり、ビットコインが取引として730万枚流通しているのに対して、ビットコインキャッシュの流通量は150万枚ほどということです。

ビットコインとビットコインキャッシュの違い まとめ

ビットコインとビットコインキャッシュの主な違いは、

  • 1ブロックの容量が違う
  • Segwitを導入しているかどうか

です。

今は、ビットコインが優勢ですが、2018年はビットコインキャッシュも含めた2つのコインの値動きにも注目してはいかがでしょうか?

[最終更新日:2018年6月8日]

あわせて読みたい

アルトコインに関する記事をチェック
ビットコインのATM。設置方法と使い方
ビットコインをオフラインで保管するウォレット

友だち追加