最近ハッキングや不正ログインの被害が多発していますね。めんどくさがってウォレットを用意していなかった人も、自分でウォレットを用意して、管理を考え始めたかと思います。仮想通貨の中でもイーサリアムはアルトコインの売買や送金と利用頻度が高く、ウォレットでの管理が手間であると考える人もいるようです。
また「イーサリアムのウォレットを探しているけどどれが良いのかわからない」と言う人もいるでしょう。今回は、イーサリアムを管理する上でオススメのウォレットを紹介します。おすすめの中から自分が気に入ったウォレットを使ってみてください。

イーサリアムを取引所に預けたままは危ない?

イーサリアムを取引所に預けたままでは何か問題はあるのでしょうか?

取引所に預けたままにしていると、取引所がハッキングされたときに資産を失う可能性が高いんです。「取引所なんてなかなかハッキングされない」と思っている人は要注意ですね。

最近ではコインチェックがハッキングされてネムが流出、マウントゴックス事件ではビットコインが流出しました。

たまたまイーサリアムではなかっただけであって、イーサリアムが流出していた可能性も十分にあるわけです。また、取引所が運営を停止したら、イーサリアムを売却することも引き出すこともできなくなります。

ですので、イーサリアムを含めて仮想通貨を取引所に預けたままにするのは止めましょう。

とは言っても取引所以外で「どのように管理すれば良いのかわからない」と言う人が多いですよね。
ですので、イーサリアムを管理できるオススメのウォレットを紹介します。

イーサリアムを管理できるオススメのウォレット

イーサリアムを管理できるウォレットは沢山あります。
中でもオススメなウォレットをピックアップして紹介します。

MyEtherWallet(MEW)

MyEtherWallet(MEW)は、イーサリアムとイーサリアムトークンを管理できるデスクトップウォレットです。自分で秘密鍵を管理するウォレットですので、保管場所には気をつけたいですね。

イーサリアムとイーサリアムトークンの管理はほとんどの人がMyEtherWallet(MEW)を利用しているようです。

MyEtherWallet(MEW)はオフライン状態でも秘密鍵を発行できますので、USBに秘密鍵を移動してコールドウォレットとして利用することも可能です。

またペーパーウォレットも発行できますが、トークンも全てペーパーで管理されますので注意してください。

日本語に対応している上に無料で利用できるので、使うかどうかは別として試しにウォレットを作成すると良いでしょう。

MyEtherWallet(MEW)のポイント

  • 無料で使える
  • 日本語対応
  • イーサリアムとイーサリアムトークンを一括管理(その他の仮想通貨は管理不可)
  • ペーパーウォレットの発行可能

Ledger Nano S

Ledger Nano Sはハードウェアウォレットで、イーサリアム以外にも沢山の仮想通貨を管理できます。
Ledger Nano S内で秘密鍵を管理しており、パソコンに接続して送受金します。

価格は16,000円ほどで、品薄状態が続いているようです。中身を改造して資産を奪おうとする人もいますので、必ず公式サイトから新品を購入しましょう。

ちなみにLedger Nano Sは破損したり紛失したとしても、リカバリーフレーズを入力すれば新しいLedger Nano Sで復元が可能です。

Ledger Nano Sのポイント

  • 秘密鍵を内部で管理
  • リカバリーフレーズで復元可能
  • 価格は16,000円ほど
  • イーサリアム以外も管理可能
  • パソコンへの接続が必要
  • 日本語に対応していない

Trezor

Trezorはハードウェアウォレットで、イーサリアム以外の仮想通貨も管理できます。
Ledger Nano Sと同様に、秘密鍵を内部で管理してパソコンに接続して使用します。

価格は15,000円ほどです。TrezorはAmazonからも購入できますが、本当に新品なのか怪しい場合もありますのでショップの評価をしっかりと確認しましょう。

Trezorもリカバリーフレーズを入力すれば復元が可能です。

Trezorのポイント

  • 秘密鍵を内部で管理
  • リカバリーフレーズで復元可能
  • 価格は15,000円ほど
  • イーサリアム以外も管理可能
  • パソコンへの接続が必要
  • 日本語に対応していない

Jaxx

Jaxxはスマホやパソコンで仮想通貨を管理できる、無料のモバイルウォレット・デスクトップウォレットです。スマホで管理できるので、利便性が高いのが特徴です。

スマホで管理できると言うことは、いちいちパソコンを起動させて操作する必要が無いと言うことですね。

スマホがウイルスに感染したり紛失したときのリスクはあるものの、利便性を確保しつつ管理できるのは魅力的です。

Jaxxのポイント

  • スマホ・パソコンでの管理が可能
  • 無料で利用できる
  • イーサリアム以外も管理可能
  • 日本語に対応していない

イーサリアムを管理するウォレットは結局どれが良いの?

イーサリアムを管理できるウォレットは沢山あり、それぞれ特徴があります。
1つだけで管理するのではなく、リスク分散のために複数のウォレットで管理するのが良いでしょう。

ハードウェアウォレットは届くまでに時間がかかりますし、無料で使えるMyEtherWallet(MEW)とJaxxが試しやすいですね。MyEtherWallet(MEW)は特にオススメです。
無料で使えて日本語にも対応していますし、数分あればウォレットとして使える状態になります。

とりあえずMyEtherWallet(MEW)で管理して、ハードウェアウォレットが届いたら切り替えると言う使い方も良いですね。
自分の使いやすいウォレットを選んで、イーサリアムを安全に管理しましょう!