数多くあるアルトコインの中で、時価総額1位のアルトコインがイーサリアム。イーサリアムはビットコインのように発行上限を設定していないにも関わらず、堅実に価値を上昇させています。これまでのイーサリアムに起こった出来事についてイーサリアムの特徴について解説した上で年表にしてまとめていきます。

1.2013年:イーサリアム始動

2013年から開発が始まったイーサリアムの考案者は当時19歳のヴィタリック・ブテリンという人物です。ブテリンは小学校3年生の時に数学、プログラミング、経済学を学び、他の同級生徒は比べ物にならない圧倒的な計算力を持っていただけでなく、18才の時には情報科学の国際オリンピックで銅メダルを獲得する等非凡な才能を持っています。

2.2014年夏:クラウドセールを実施

イーサリアムは2014年夏にクラウドセールを実施し18億円の資金調達に成功。プロジェクトが開始されました。

なお、イーサリアムについて勘違いしがちなのが、イーサリアムという名称は仮想通貨の名称ではなく、イーサリアムプロジェクトという計画のために必要な技術として提供されているソフトウェア、アプリケーションなどのプラットフォームの総称を指しています。

イーサリアムの特徴

イーサリアムの最大の特徴は、スマートコントラクトというシステムです。このシステムを用いる事で、取引の記録とともに契約自体もブロックチェーンに半永久的に記録する事が可能となっています。

そして、イーサリアムを用いる事で、契約書などの公的な書類についても1度インターネット上にアップした書類の内容変更が行われると履歴が残る事になります。その為、内容の改ざんが行われても、すぐに判別することが可能であり、公正性が保証されるだけでなく、情報の信頼度を高めることが可能です。

また、イーサリアムはフロンティア、ホームステッド、メトロポリス、セレニティの4段階のバージョンアップが予定されており、現在はメトロポリスを行っている段階ですが、最終段階のセレニティが実装されるとイーサリアムの価格は上昇すると期待されています。

3.2015年7月:イーサリアムリリース

20157月にイーサリアムがリリースされました。イーサリアムは2014年夏のクラウドセールス時には約26円でしたが、正式にリリースされた直後の価格は約120円です。

ビットコインの初期の値段が1円に満たなかったことを考えると初期価格としては高額でした。しかし、2014年~2015年にかけては目立った価値の変動は起こる事はなく、プラスの要因となるイベントも皆無となっています。

4.2016年6月:THE DAO大事件

20163月に過去最高値の1696円の価値を付けていたイーサリアムですが、20166月にTHE DAO事件が発生します。これは、イーサリアムのプラットフォームを使用してTHE DAOというプロジェクトがICOを実施し、DAO Tokenと呼ばれる仮想通貨に投資者を募って150億円相当の資金を集める事に成功したというものです。

しかし、THE DAOで使用されている機能を悪用され、360万イーサリアム(当時の価格で約52億円相当)がハッキングの被害により失われました。

5.2016年:ハードフォークとイーサリアムクラシック

THE DAO事件を受けイーサリアムの開発側は、ハードフォークを行いました。ハードフォークは仮想通貨のルールを変更する際に、新ルールを新たに適用することにより、旧ルールとの互換性を無くす事です。

結論としてハードフォークを利用し、ハッキングされたデータを消去し、65億円の被害が無い状態に戻しています。このハードフォークに反対した技術者たちが反発し、イーサリアムクラシックという分裂した新たな仮想通貨が誕生しました。

6.2017年下半期:価格が急上昇

20172月までは1,000円以下を推移していたイーサリアムですが、2017年5月以降、大きく価格を上昇させました。要因としては20172月にイーサリアムの技術を支持するイーサリアム同盟が発足したことに加え、世界中でICOを利用しての資金調達が行われ、ICOで販売されるトークンの購入にイーサリアムを使用する案件が多かったことからイーサリアムに対する信頼性が高まったことが挙げられます。

他にも20176月にイーサリアムの考案者であるヴィタリック・ブリテンとプーチン大統領が会談を行ったという情報が流れ、201710月にはイーサリアムの3段階目のバージョンアップである、メトロポリスのアップデートが行われたことも価値の上昇の要因となりました。

一連の流れを受けてイーサリアムの年末の価格は8万円を突破し、2017年だけで数十倍の価値上昇が起こっています。

7.2018年1月:1イーサリアム 10万円を突破

2018年年初から中旬にかけて仮想通貨市場が盛り上がりを見せ、多くの仮想通貨で価値が上昇しました。その際には、過去最高値を更新した仮想通貨がいくつもあり、イーサリアムも過去最高の価格を記録しています。しかし、世界各国での仮想通貨規制の動きが活発化しているため、その後は価格は下落しています。