三菱UFJグループが独自開発した仮想通貨のMUFGコインが注目を集めています。MUFGコインは1枚あたり1円で使えるデジタル通貨で、三菱UFJグループは既に社員1500人を対象に実証実験を進めております。2019年までには、一般の10万人に対して実証実験を始めるとのことです

MUFGコインとは?

MUFGコインとは、三菱UFJグループが独自開発したデジタル通貨のことです。ただ、デジタル通貨といっても電子マネーとは種類が異なります。

電子マネーとは、一見するとデジタルな通貨に見えますが、その実態は財布と大して違いがありません。電子マネーの利用者は、企業にお金を預けることで、電子マネーを利用できます。

電子マネーで決済をすると、預けた先の企業から日本円が支払われるので、電子マネーの仕組みはデビットカードと同じです。

このように、電子マネーには価値を裏付けられる保証があるのに対し、仮想通貨には価値を証明する保証がありません。そのため、仮想通貨の価値は常に変動しやすく、価格が不安定になりやすいという課題を抱えています。

しかし、MUFGコインは三菱UFJグループという、日本国内でもっとも信頼に足る銀行が発行する仮想通貨です。発行元がなく、価値の裏付けがない他の仮想通貨と違い、MUFGコインには信頼性という強みがあります。

MUFGコインの価値

MUFGコインは現状のところ、1枚あたり1円に価値を固定して取引する予定とのことです。固定相場となりますので、価格が常に安定します。

なぜ通貨の価格は常に安定した方が良いのかというと、それは価値が安定していないと使い辛くなってしまうからです。

例えば、日本からアメリカに送金する際に、ビットコインを1枚100万円で購入したとします。その後、ビットコインの価格が大暴落し、50万円まで価値が減少してしまうと、資産が半減してしまいます。

いくらビットコインが送金に優れた通貨だったとしても、価格が不安定だと使えません。しかし、MUFGコインならば安心です。

なにしろ、MUFGコインの価値は常に1コイン1円で固定されているため、価格の変動リスクに悩まされずに送金が行えるからです。

ただ、ここで一つ疑問が生じます。電子マネーと違い、仮想通貨は法定通貨とは独立した存在です。三菱UFJグループは一体どうやって1枚あたり1円に固定させるのでしょう?

価格を安定させる取り組み

MUFGコインを1枚1円で取引するためには、価格を固定させるための取り組みが必要になります。

三菱UFJグループは、MUFGコインの開発に合わせ、今後取引所を新たに開設する予定とのことです。

三菱UFJグループが主体となって取引所を開設し、MUFGコインの流通を掌握すれば、確かに価格を固定させることは可能です。

三菱UFJグループがMUFGコインの価格を調整している限り、価格が変動することがないため、利用者は常に安心してMUFGコインを利用することができます。

このように、MUFGコインの価格を固定するためには、取引所の開設が必須の条件となります。そのような事情もあってか、三菱UFJグループは2018年度中にはMUFG仮想通貨取引所の開設を目指すとのことです。

MUFGコインのメリットとデメリットとは?

三菱UFJグループといえば、国内でも最大級の銀行です。その三菱UFJグループがあえて独自開発した仮想通貨を利用するメリットとは一体何なのでしょう?デメリットは無いのでしょうか?

ここではMUFGコインのメリットとデメリットを紹介します。

MUFGコインのメリット

三菱UFJグループはMUFGコインを使用した送金サービスの開発に着手しているとのことなのですが、それは一体どのようなサービスなのでしょう?

MUFGコインの利用者は、スマホなどのウォレットにMUFGコインを保管すると、今後はスマホを通じてMUFGコインの送金や、さらには加盟店での決済などができるようになります。

同じことはクレジットカードでも可能なのですが、ただクレジットカードは手数料が高いです。決済をする毎に費用が発生するクレジットカードに対し、MUFGコインならばコストはほとんどかからないです。

さらに、仮想通貨は現金ではありませんので、100万円を越える送金であっても資金決済法に引っかかりません。法律の制約が多い現金と違い、仮想通貨であれば法的な制約を受けず、自由に送金できるというメリットがあります。

なにより、MUGFコインは常に1枚あたり1円で利用できる上に、価値を裏付けているのはメガバンクの三菱UFJグループです。

いくら仮想通貨が便利な代物といえど、信用できない通貨などとてもではありませんが、使えません。しかし、三菱UFJグループという、信頼のある銀行が価値を裏付けているMUFGコインならば、いつでも安心して利用できます。

MUFGコインのデメリット

MUFGコインは確かに信頼性のある仮想通貨なのですが、その使用できる範囲は日本国内に限定されます。

というのも、MUFGコインは日本円が使えるエリアでないと真価を発揮できないからです。1枚あたり1円の固定レートを採用しているMUFGコインは、米ドルやユーロには対応していません。そのため、仮想通貨の本来の強みである、海外でも使用できるというメリットが活かせないのです。

MUFGコインは確かにデジタル通貨としては非常に便利なのですが、現状の段階では現金より高い優位性があるわけではありません。

なによりも、MUFGコインはまだまだ実証実験の段階です。本格的に普及するまで、どれほどメリットがあるのかはわからない仮想通貨でもあります。

MUFGコインの実証実験結果

2018年5月、三菱UFJグループによるブロックチェーンの実証実験が成功しました。この実験によると、わずか数秒で国際送金ができたとのことです。

2019年にはMUFGコインを使用した大規模な実験を予定しているとのことで、この実験が成功した暁には、本格的にMUFGコインが利用されるようになるでしょう。

まとめ

三菱UFJグループが独自開発した仮想通貨、MUFGコインは1枚あたり1円で利用できる仮想通貨です。

実証実験は既にスタートしており、2019年にはさらに大規模な実験を行う予定とのことです。

2018年5月に行われた実験は成功をおさめました。今後、実験が進み、ブロックチェーンの実用性が証明されれば、やがてMUFGコインが生活の場に登場することにもなるでしょう。

近い将来には、現金ではなく、仮想通貨を使ってショッピングをするのが当たり前の日がやってくるかもしれません。