いま、引く手数多のブロックチェーンエンジニア。仮想通貨の基盤であり、他業種にも応用できるブロックチェーンは注目度の高い技術ですが、新しい技術ゆえに仕組みを理解し対応できるエンジニアが圧倒的に不足しているのです。だからこそブロックチェーンに精通したエンジニアは、どの企業でも喉から手が出るほど欲しい存在。日本でも年収1,000万円、2,000万円超えの求人が並んでいます。では、そんなブロックチェーンエンジニアになるには、どうすれば良いのでしょうか?

ブロックチェーンエンジニアが求められている

ブロックチェーンエンジニアとは、文字通り、ブロックチェーンの開発に携わる技術者のこと。

米国では、仮想通貨関連の創業ブームのため、ブロックチェーン技術者の需要が高まり、争奪線が勃発。人材不足により停滞しているプロジェクトも出ている状態で、技術者確保のために100万ドルの契約時ボーナスを提示しての引き抜きを打診することもあるといった高騰ぶりのようです。

ソフトバンク、LINE、ORACLE、コカ・コーラはじめ、ブロックチェーン業界に参入を表明したり、すでにプロジェクトを立ち上げている大手企業も多く、これから参入する企業も増えていくことが予想されます。ただでさえ少ないブロックチェーンエンジニアに対し、求める企業は増えていく一方。だからこそ、どの企業も人材獲得に躍起になっているのです。

ブロックチェーンエンジニアになるには?-勉強編

それではその人気の職業である、ブロックチェーンエンジニアになるには、一体どうしたら良いのでしょう?

勉強するべき言語と知識

ブロックチェーンエンジニアになるには、大前提として通常のエンジニア同様に、プログラミング言語の習得が必要ですが、勉強するべき言語は、ベースとなる仮想通貨によって変わります。

たとえば、イーサリアムのブロックチェーンを使ったシステムやアプリを構築・保守するのであれば、独自言語である「Solidity」。NEMのブロックチェーンを使ったシステムやアプリを製作・保守するのであれば「JAVA」。さらにNEMの場合、カタパルト(大型アップデート)が行われる予定であり、その際に言語がJAVAから「C++」に変更するとされています。

そのほか、ブロックチェーンの暗号技術、P2P(分散型ネットワーク)、スマートコントラクトなどブロックチェーンに関する知識が必要になります。

仮想通貨の知識は必要?

ブロックチェーンは、仮想通貨だけに使われる技術ではありません。仮想通貨とは一切関係ない使い方も可能です。

しかし現状ブロックチェーンと言えば、仮想通貨の取引、さらに言うと、仮想通貨取引所が主な仕事場となります。このような理由から仮想通貨の知識は絶対に必要と言えます。

ただし、いうまでもなく、必要な技術はICOや仕手情報などではなくビットコインやイーサリアムの技術的な知識となります。

どういう人が有利?

ブロックチェーン・仮想通貨の知識や、言語の知識があれば、ブロックチェーンエンジニアになれるのですが、現在の職業によって【有利】となる人がいます。

それは今現在、金融系のシステムを構築・保守している方。またはアプリやゲームを構築・保守している方です。

先程も書きましたが、現在最もブロックチェーンを必要としている場所は、仮想通貨取引所です。ブロックチェーン以外にも、金融の知識が必要なんです。

DApps(分散型アプリケーション)を使ったサービス(アプリ・ゲーム)が増えてくると、今後は、アプリ・ゲーム開発者も有利となるはずです。

ここからも分かる通り、現在のブロックチェーンエンジニアは、ブロックチェーンだけに詳しければ良いというわけではなく、会社の業務すべての知識を、薄くてもいいので把握している人が望まれます。

いわゆる「フルスタックエンジニア」が必要とされています。

ブロックチェーン技術者になるための学校も

最近はブロックチェーンエンジニアになるための「学校」も登場しました。

仮想通貨の知識はあるけれどブロックチェーン関連サービス構築の知識はない、それこそプログラミングの知識もあまりないという方が、一からプログラムを学び、ブロックチェーン構築の技術を習得するための学校です。

一例としてはテックアカデミーが上げられます。テックアカデミーには【ブロックチェーンコース】があり、そこでエンジニアになるための知識を勉強できます。

ブロックチェーンエンジニアになるには?-求人編

ブロックチェーンエンジニアになるための知識や技術を得られた、もしくはすでに得ている人は、求人をチェックするだけで、ブロックチェーンエンジニアになれます。

冒頭にも書いたとおり、ブロックチェーンエンジニアは、今非常に求められています。

仮想通貨取引所の採用情報を見る

仮想通貨取引所でブロックチェーンエンジニアになりたい方は、仮想通貨取引所公式サイトをチェックしましょう。

大抵の取引所は、ページの一番下に「採用情報」を掲載しています。その情報とマッチするようであれば、公式サイトからそのまま応募しましょう。

学校で求人票を見る

ただし仮想通貨取引所の採用情報に書かれている内容は、かなりのハイレベルな条件です。そのような条件にマッチする人は少ないと思われます。

もしブロックチェーンの知識を勉強するために学校に通うのであれば、その学校で掲示されている求人票を見ましょう。

学校からの応募であれば、そこまでハイレベルな条件は求められないはずです。経験を積むために、あえて学校に通うのはアリですね。

IT専用求人サイトを見る

最後は求人サイトです。ただの求人サイトではなく、IT専用の求人サイトを見ましょう。

IT専用の求人サイトで有名なサイトは、DODAやGreeenが上げられます。

今現在でも、それぞれのサイトで「ブロックチェーンエンジニア」と検索をすると、多くの求人がヒットします。

まだ今は知識がない、まだ今は転職を考えていないという方でも、これらのサイトをチェックしておくことで、必要とされる条件や、もらえる給料の相場などが分かりますよ。

友だち追加