最近エンタメ業界にブロックチェーン技術を導入する流れがあります。エンタメ業界といえば音楽やテレビですね。エンタメ業界にブロックチェーンが導入されると何が変わるのでしょうか?今回はエンタメ業界へのブロックチェーン導入に焦点を当てていきます。

エンタメにブロックチェーンが導入されつつある

なぜエンタメ業界にブロックチェーンが導入されつつあるのでしょうか?ブロックチェーンといえば仮想通貨と関係の深い技術です。

しかし仮想通貨をただの通貨としてしか認識していないなら、考えを改めた方が良いでしょう。というのも、大半の仮想通貨は通貨以外の部分でも真価を発揮しているのです。

たとえばイーサリアムは、スマートコントラクトと呼ばれる機能が実装されています。条件を指定することで、自動で処理できる機能です。

エンタメ業界にブロックチェーンが導入されるのも、このスマートコントラクトの機能が大きな要因です。

しかしスマートコントラクトが理由といわれても、ピンとこない人が多いと思います。そこでブロックチェーンがどのように使われているのかを紹介します。

エンタメ業界へのブロックチェーン導入事例

では具体的に、エンタメ業界へのブロックチェーン導入事例を見ていきます。エンタメ業界でブロックチェーンはどのように活用されているのでしょうか?

Musicoin(ミュージッコイン)

Musicoin(ミュージッコイン)は音楽配信のプラットフォームです。アーティストが消費者に音楽を提供するには、お店やiTunesなどを挟む必要がありました。

もちろんその間にも仲介業者が複数入るので、アーティストに入る利益はその一部。発生した利益のごく一部しかアーティストは得られないのです。

そこでスマートコントラクトを利用してアーティストと消費者を直接結びつけます。

アーティストはMusicoinを利用して楽曲を即リリースできるので、CD作成にかかる費用や流通にかかる費用を減らして、中抜きされていない利益を得られます。

消費者はMusicoin上の音楽を無料で聴くことができ、アーティストには再生数に応じてMusicoinが支払われるというわけです。

Ujo Music(ウジョミュージック)

Ujo Music(ウジョミュージック)はイーサリアムを使った決済を導入しています。消費者がイーサリアムを使って決済すると、スマートコントラクトでアーティストに直接送金されます。

アーティストと消費者が直接結びつきますので、仲介業者に中抜きされる心配がありません。

従来の販売方法だと、利益がアーティストの手元に届くまでに半年~1年ほどかかっていました。しかしUjo Musicであれば即座に反映されますので、音楽活動を行いやすくなります。

活動資金がなくて解散するバンドは多いですし、活動費のために音楽以外の仕事をする時間を減らすこともできます。

SingularDTV(シンギュラーDTV)

SingularDTV(シンギュラーDTV)はコンテンツの制作・配信プラットフォームです。よく「分散型Netflix」と呼ばれています。

SingularDTVも製作者と消費者を直接結びつける仕組みでできています。

通常はコンテンツを制作してもhuluなどの配信サービスなどの仲介業者を通さなければ消費者に届きませんでした。SingularDTVであれば消費者に直接届けられますので、製作者は中抜き無しの正当な報酬を受け取れます。

消費者も口コミで広げれば報酬を貰えるといった仕組みがあるため、作る側にも観る側にもメリットのあるプラットフォームです。

CCJOURNAL独占!SingularDTV、ZACH LEBEAUスペシャルインタビュー

CryptoAnime(クリプトアニメ)

CryptoAnime(クリプトアニメ)はデジタルアート作品を売買するプラットフォームです。売買にはイーサリアムを利用します。

作品には製作者と所有記録が刻印され、ブロックチェーン上に記録されます。

CryptoAnimeで購入したデジタルアートは転売もできますが、転売して得る利益は、スマートコントラクトによって製作者に送られます。こうしてデジタルアートの価値や製作者の権利が守られるわけですね。

まとめ

エンタメ業界に導入されるブロックチェーンを見ていると、仲介業者の排除や製作者を守ろうとする動きがあります。製作者の権利を守ってより良いコンテンツが消費者に届くようになれば、どちらにとっても良い流れであるといえます。

テレビに出演している人の中には「ギャラが少なすぎて生活が成り立たない」という人もいますし、音楽業界でも「CDを販売したくても制作費がない上にレーベルに利益を取られてマイナスにしかならない」なんて人もいます。

こうした利益の分配に対する問題は、ブロックチェーンの発展とともに解決していきそうです。

ブロックチェーンはエンタメと相性が良いので、意外に早く一般的になるかもしれませんね。

あわせて読みたい

アニメの制作・配信にもブロックチェーン。DLEがシンガポールの企業と共同で新事業
SingularDTVとは?音楽・映像会にブロックチェーンで変革をもたらす!
CCJOURNAL独占!SingularDTV、ZACH LEBEAUスペシャルインタビュー

友だち追加