仮想通貨といえば、昔と違って今や価値のある通貨として認知されています。特にビットコインの価格となると1枚あたり80万円から100万円ほどの価値があります。今後数年も経てば、今よりも高値が付くかもしれません。そのような高価なモノを安全に保管するにあたって役立つのがウォレットです。仮想通貨のウォレットというと、ネットに接続されているモノが大半なため、ハッキングされるリスクが付きものです。だからといって、コールドウォレットを使用すると、ネットに接続されていないため、不便です。今年夏にリリース予定のこのウォレットは、オフラインでも使用可能という、コールドウォレットとホットウォレットの良いところだけを併せ持つ画期的なウォレットとなります。

仮想通貨のウォレットとは?

仮想通貨もお金である以上、どこかに保管する必要があります。しかし、実体のある日本円と違い、仮想通貨には実体がありません。

あくまでデータ上の産物となりますので、ATMから引き下ろし、金庫に保管することも叶いません。

では、ビットコインなどの仮想通貨はどこに保管するのかという話になるのですが、そこで出番となるがウォレットです。

ウォレットは仮想通貨の財布のような存在で、セキュリティの強いウォレットにビットコインを保管すれば、安全に仮想通貨を保有することができます。

近年、仮想通貨の価値が上がることで、取引所のハッキング被害が増えています。せっかく大金を払ってまで仮想通貨を購入したにも関わらず、盗まれてしまっては意味がありません。

しかし、セキュリティの強いウォレット、例えばコールドウォレットならば、ハッキングの被害を受けることなしに、安全にビットコインを保管できます。

コールドウォレットのメリットとデメリット

コールドウォレットとは、ネットワークに接続されていないウォレットのことを指します。コールドウォレットで保管されるモノ、それは仮想通貨の秘密鍵です

仮想通貨は秘密鍵さえバレなければ、他者に盗まれる心配はありません。インターネットに接続されていないデバイスに秘密鍵を保管することで、常に安全にビットコインを保有できるのです。

コールドウォレットの最大のメリットは、セキュリティの強さです。いくら天才的なハッカーでも、ネットワークに接続されていないデバイスにまで侵入はできません。

コールドウォレットに保管されている以上、ビットコインは常に安全に守られます。

その一方で、ネットワークに接続されていないため、ビットコインを使用する度にいちいちネット接続しなければならず、面倒くさいというデメリットを抱えています。

特に、ビットコインを使用して普段取引をしているという方ほど、コールドウォレットは面倒に感じられるウォレットです。

オフラインで取引できるウォレットとは、コールドウォレットのデメリットを克服したウォレットということです。

オフラインで取引できるウォレット

ニューヨークで設立された企業のGoTenna社は今回、オフライン状態でもビットコインの取引ができるAndroidアプリを今年の夏にリリースすると発表しました。

このAndroidアプリ「txTenna」を使用すると、スマートフォンとGoTennaデバイスが接続されることで、たとえオフラインの状態でもビットコインの移動ができるとのことです。

スマートフォンのバッテリーさえ残っていれば、いつでもビットコインの取引が行えます。

なお、Androidアプリとしてのリリースが発表されていますが、オープンソースプロジェクトであるため、iOSのウォレットにも理論上は組み込み可能となるのもポイントです。

GoTennaとは?

GoTennaとは、インターネットの電波が無くても、GoTenna同士で通信ができるガジェットのことです。

米国でハリケーンの被害があった時、広範囲にわたる通信障害が発生したことをキッカケに、ネット接続なしでも通信ができるGoTennaの開発が始まりました。

たとえネットの電波がない場所であっても、GoTennaに内蔵されている通信ユニットから発生する電波を使用することで、GoTenna同士で通信をすることが可能となります。

やり取りができる距離は最大で約5キロ程度とされています。この範囲内であれば、GoTenna独自の電波を飛ばし、GoTenna同士で通信を行うことができます。

オフラインの環境下では、本来であればビットコインの取引はできません。しかし、GoTennaを使用すれば、たとえオフライン状態であってもビットコインの取引ができます。

ちなみに、GoTennaを使用してビットコインの取引をすると、誰が、いつ、どこから取引をしたのかを外部から特定され難くなりますので、プライバシーが保護されるという副次効果もあります。

GoTennaのメリットとデメリット

GoTennaのメリットは、たとえインターネットに接続できない状態であっても、ビットコインの取引ができる点にあります。

例えば、停電や自然災害が原因で電波が届かなくなった時でも、GoTennaさえあればビットコインの取引ができます。

インターネットは確かに災害に強い通信ですが、万能ではありません。地震などの災害の規模によっては、インターネットが停止することもあります。そのような時であっても、GoTennaならば問題なくやり取りが可能です。

GoTennaのデメリットというと、価格の高さくらいでしょう。GoTennaは1万円以上はする高価な代物です。しかし、一旦購入してしまえば、オフライン状態でも通信が可能ですし、今夏公開予定のアプリを使用すればビットコインの取引も可能です。

まとめ

今年の夏に公開予定のアプリ「txTenna」を使用すれば、たとえオフラインの環境下であってもビットコインの取引が行えます。

普段はオフライン状態のスマートフォンでビットコインを保管しつつ、取引をする時はtxTennaを使用すれば、ビットコインを安全に保管しつつ、いつでも自由に取引に用いることができるでしょう。

仮想通貨を安全に保管したいという方にほど、メリットのあるアプリです。

友だち追加