2018年も上半期が終わり、後半戦に突入。仮想通貨に関するニュースは色々ありました。半年前にはビットコインが200万円を超えていたのに、なんだかもっと昔のことのように思えます。ハッキング被害や金融庁による規制、上場廃止などのネガティブなニュースもあり、仮想通貨市場全体の値動きが心配ですね。2018年下半期の仮想通貨市場は、一体どのように動くのでしょうか?

仮想通貨市場、2018年下半期はどうなる?

2018年下半期の仮想通貨市場はどうなるのでしょうか?
例年の傾向からすると、年末に向けて価格が高騰する可能性があります。

ビットコイン(Bitcoin)の過去の値動きを調べると、9~12月あたりに高騰する傾向があります。
もちろん上がらなかった年もあり、一概に「同じ動きをする」とは言い切れませんが、年末は利確のために売買が活発になりますし、判断材料の一つとして認識しておいてもよいでしょう。

仮想通貨市場は様々な要因によって影響を受けます。

  • 国による規制
  • 取引所への上場・廃止
  • 仮想通貨のハードフォーク

などなど、挙げればもっと沢山ありますが、わかりやすいのはこの3つでしょう。
中でも一番わかりやすく変動するのが国による規制です。

仮想通貨は、国による規制が価格に影響

国が規制を発表すると、価格が大きく変動します。
自分が住んでいる国以外で規制が発表されても影響が現れます。

たとえば、韓国で仮想通貨を禁止する動きがあったときは大きく変動がありました。
禁止になれば持っている仮想通貨は無価値も同然になりますし、その前に売却しようとする人が増えて価格が暴落するわけです。

ですので各国の仮想通貨規制に対する動きはよく調べておいた方が良いでしょう。

とくに、自分の使っている海外取引所が拠点にしている国の情報は、要注意です。「国の規制で取引所が潰れるかもしれない」と売却する人が増えるので、大きく価格が下がる可能性が高いからです。

スカイコイン(Skycoin)が高騰する?

Webbotの予測の中で、「2018年中にスカイコインが高騰する」という記述がありました。

WebbotはTwitterやブログ、掲示板などの書き込みを集めて感情データとして分析し、未来を予測するAI。もともとは株価の予想に使われていたようですが、仮想通貨でも使われるようになったわけです。

Webbotのレポートは、99ドルで見ることができるので、興味がある人は購入するのも良いでしょう。

Webbotの予想はスカイコイン(Skycoin)以外のことも載っていましたが、わかりやすくて稼げそうなのはスカイコインの高騰だと思います。

スカイコインは日本の取引所で取り扱われていませんので、海外取引所を利用する必要があります。
あくまでも予測ですので本当に高騰するかどうかは疑問ですが、「とりあえず持っておこう」と考えて購入する人は多いと思います。

どんな仮想通貨なのか調べなくても買う人がいるくらいですし、現状の仮想通貨市場を考えれば悪くない選択でしょう。
スカイコインはBinanceやクリプトピアなどの海外取引所で取り扱われています。

仮想通貨市場全体の予想は…?

仮想通貨市場全体はどのように変動するでしょうか?
最近は仮想通貨に対するネガティブなニュースが続いたので、現状のままなら去年のような大きな伸びは期待できないと思います。

仮想通貨の巨額流出で取引所に対する規制が進められていますし、仮想通貨に対する風当たりが強い状態です。

しかし全く伸びが期待できないわけではありません。
決済で利用できる場所が増えたり、スマートコントラクトを利用したサービスなどが増えれば状況は変わるでしょう。

10月になればdAppsの利用に適したブロックチェーンスマホ「FINNEY」がSIRINLABSから発売されますし、日本国内でも仮想通貨を決済に利用できる店舗が少しずつ増えてきています。

少しずつ仮想通貨が一般的に利用されつつあるので、売買するタイミングにさえ気をつければ利益を得られるチャンスは沢山あるはずです。

短期的な売買であれば利益を出しやすいと思います。
長期的に保有する人にとっては、少し辛い値動きになるかもしれませんね。

年末には利確のために売買が活発になりますし、価格が高騰しやすくなりますので、年末に向けて今のうちから仕込むのも良いかもしれません。

リップル(Ripple)は値動きが読みやすいのでオススメ

「でもどの銘柄を選べば良いかわからない」「売買するタイミングが掴めない」という人には、リップル(Ripple)がオススメです。リップルは銀行間の海外送金に利用するために作られましたので、ある程度価格が一定である必要があります。

つまり価格が変動しても、ある程度決まった価格に落ち着くため、売買するタイミングがわかりやすく、誰でも簡単に稼ぎやすいのです。

大きく稼ぎたいのであればあまり向きませんが、他の仮想通貨に比べてプラスにしやすいと言えるでしょう。もしリップルを売るタイミングがわからなかったとしても、海外送金に活用するには価格が低すぎますので、高騰するまで保有するという選択肢もあります。

仮想通貨市場は突発的な要因によって大きく変動しますので、すぐに売買できるように用意しておきましょう!

あわせて読みたい

スカイコイン(Skycoin)が有望な仮想通貨と言われる理由。その特徴と将来性
リップルの特徴とは?仕組みの説明と今後の将来性について
リップル関連の記事をチェック

友だち追加