日本最大級の仮想通貨会議「JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE−TOKYO Round 2018−」が2018年6月26、27の両日、東京・丸の内の東京国際フォーラム・ホールEで開かれます。世界各国の100を超える有力企業や団体、専門家らが一堂に集結し、仮想通貨やブロックチェーンの今後についての討議や最新技術の展示がされ、来場者は1万人を見込んでいます。

経済産業省と外務省後援。ブロックチェーンにまつわる国内外企業をマッチング

「JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE -TOKYO Round 2018-」は、一般社団法人グローバルブロックチェーン協議会の主催。経済産業省と外務省が後援しています。ブロックチェーン技術の未来を担う国内外の有力企業・団体が一堂に会することで、相互に情報交換、切磋琢磨しながらブロックチェーンを普及啓発したり、適用領域の拡大を目指したりするのが目的です。

国内外のブロックチェーン専門家や有力企業経営者による講演やパネルディスカッションが行われるほか、会場内に展示ブースが設けられ、100近くの企業・団体が最新技術を展示します。出展企業に対しては、世界初の試みとして、主催者側で専任担当者を付け、国内の企業と海外の企業を結びつけるマッチングサポートも行われます。

なお、CC JOURNALが顧問を務める「ワールドトレーダー」も出展。26日の17時10分からステージBで、27日の9時半からステージCでの発表もあります。あなたの資産運用をサポートする、アプリ一つで世界中の資産管理、売買ができる「ワールドトレーダー」の実力を確認したい方は、ぜひこちらにもぜひお立ち寄りください。

JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE−TOKYO Round 2018− 開催概要

名称:「Japan Blockchain Conference(JBC)」-TOKYO Round2018-
日時:2018年6月26日(火)–27日(水)9時~18時
会場:東京国際フォーラム ホール E(1)+ (2)
主催:一般社団法人グローバルブロックチェーン協議会
後援:経済産業省、外務省

チケット情報

◎VIPパス
50,000円(500USD)
※2日間のVIP専用ラウンジの利用、および 26日 After Party、27日 閉会パーティー、両日への参加が可能

◎エキスポパス
事前登録:【
1日券】3,000円(30USD)、【2日券】5,000円(50USD)
当日券:会場にて4,000円(40USD)

→チケット詳細・購入はコチラ

→問い合わせはコチラ

ブロックチェーンカンファレンスは超豪華なゲストスピーカーにも注目。基調講演はSBIホールディングス北尾社長

「JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE -TOKYO Round 2018-」は、講演会、セミナーの豪華さも特徴で、仮想通貨、ブロックチェーンに関わる著名人が集結しています。

1日目の26日は、午前9時45分から北尾吉孝SBIホールディングス代表取締役執行役員社長が「SBIグループが挑むブロックチェーン革命」と題して基調講演を行います。

これに続き、bitcoin.comのCEOであるロジャー・バーが「世界に変革をもたらす暗号通貨」をテーマにVTR出演するほか、ギャラクシー・デジタルの共同創設者&ヘッド・オブ・デジタル・アセットのデビッド・ナムダー氏が仮想通貨ギャラクシーをテーマに、それぞれ講演するなど、国内外の仮想通貨業界の大物たちが次々に登壇する予定です。

2日目の27日も、Hashgraph / 顧問、IOTA財団 / 創業メンバーの中心人物であるデイヴィッド・A・コーエンによる「AI 3.0, AIと次世代のブロックチェーン」講演や、元イーサリアムCEO チャールズ・ホスキンソンの登壇など、見逃せないラインナップとなっています。

予定している超豪華ゲスト一例

・イーサリアム中国 共同設立者 サム・リー
・Hashgraph / 顧問、IOTA財団 / 創業メンバー
デイヴィッド・A・コーエン
・コインテレグラフ 共同設立者 トニー・レーン・キャサリー
・ブロックチェーン専門家 サリー・イーブス
・The Sylo Protocol ドリアン・ヨハニンク
・The Sylo Protocol ベン・ジョーダン
・Centrality最高経営責任者/共同設立者 アーロン・マクドナルド
・Legion Ventures / Founder, CEO、Startup Grind (Hollywood) / Co-Director
J・D・サルベゴ
・CoinTelegraph / Board Member スティーヴン・チェイス
・元 NASDAQ Dubai、JHR Investments / CEO リズミィ・シャリフ

豪華パネラーによるパネルディスカッションも両日開催

豪華パネラー陣による、パネルディスカッションも両日開催予定。盛り上がりが予想され、いまから楽しみな内容となっています。

◎6月26日 午後2時55分〜
テーマ:「分散型経済とブロックチェーンによる投資の実現」
パネリストは、エバーコイン・創設者のミコ・マツムラ氏、Ikigai Asset Managements 創設者&チーフ・インベストメント・オフィサーのトラヴィス・クリング氏ら。

◎6月26日 午後5時20分〜
テーマ:「クリプトカレンシーの今後の仕様と設計とは」
パネリストはInput Output Hong Kong Ltd のCEOで元イーサリアム CEOのチャールズ・ホスキンソン氏、MME法律事務所リーガル・パートナーのアンドレアス・グラーナ氏、シナジーチェーン創設者のユリ・ラビノビッチ氏、コインテレグラフ共同設立者のトニー・レーン・キャサリー氏などです。

◎6月27日 午後13時55分〜
テーマ:「分散型マーケティングがもたらす新時代のメディア」
パネリストは、7マーケット共同創設者のヤグブ・ラヒモブ氏、テッククランチ編集局長ジョシュ・コンスティン氏、Cointelegraph Board Memberのステファン・チェイス氏ら。

◎6月27日 午後15時20分〜
テーマ:「分散型グローバルビジネスがもたらす可能性」
パネリストは、イマージェント・テクノロジー社 CTO1、Forbes Technology Council Official Memberのサリー・イーブス氏、コインテレグラフ 共同設立者トニー・レーン・キャサリー氏、イーサリアム中国 共同設立者サム・リー氏ら。

◎6月27日 午後16時45分〜
テーマ:「ブロックチェーンはどのように進化するのか?」
パネリストは、Input Output Hong Kong Ltd CEO 元イーサリアム CEOチャールズ・ホスキンソン氏、ギャラクシー・デジタル 共同創設者&ヘッド・オブ・デジタル・アセットのデイビッド・ナンダー氏、Sirin Labs 共同CEO 兼 Singulariteam Technology Group 会長 モシェ・ホゲグ氏ら。

ブロックチェーンカンファレンスに来場できない方はニコニコ生放送をチェック!

日本最大級のブロックチェーンカンファレンス。行きたいけれど、どうしても来場がむずかしい…という方もご安心を。

「JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE−TOKYO Round 2018−」の様子はニコニコ生放送「週刊仮想通貨トピック」で中継されます。ブロックチェーンテクノロジーのキーマンのトークカンファレンスやインタビュー、出展企業ブースなど、一日目の様子を現地から中継される予定ですので、見逃したくない方は、いまからタイムシフト予約しておきましょう。

友だち追加