GMOインターネット株式会社(本社・東京都渋谷区、熊谷正寿会長兼社長グループ代表)は、ゲームアプリ内で仮想通貨を報酬として配布できる 「CryptoChips(クリプトチップス)by GMO」を、グループ会社を通じて2018年8月から提供すると発表しました。

ゲームの報酬で仮想通貨獲得。最初はBTCに対応

この「CryptoChips」をゲームアプリに実装すると、ゲームのプレーヤーは、ゲーム内のランキングに応じて、あるいはミッション達成時やアイテム獲得時などに、“秘密のおこづかい”のように、報酬として仮想通貨を受け取ることができるようになります。報酬となる仮想通貨は、プレーヤーがあらかじめ登録したウォレット(仮想通貨口座)に送金されます。

仮想通貨の管理・配布には、GMOシステムコンサルティング株式会社が開発したマルチシグ署名の分散管理サービスを採用しています。マルチシグアドレスを管理する秘密鍵の1つを預かり、ユーザーや決済者などに署名の承認を行うことで、適切な仮想通貨の送金ワークフローを実現しています。

対応する仮想通貨は最初はビットコイン(BTC)、その後他の通貨にも拡大していく予定です。

仮想通貨が配布されるゲーム、対応第1弾は「ウィムジカル ウォー」

対応ゲームアプリの第1弾として、2018年8月からスマートフォン用のリアルタイム型ジントリ(陣取り)バトルゲーム「ウィムジカル ウォー(Whimsical War)」に「CryptoChips」が実装されます。同ゲーム内のプレーヤーランキングに応じ、ビットコインが配布されます。

ウィムジカル ウォー(Whimsical War)

ウィムジカル ウォー(Whimsical War)

ジャンル:ジントリバトル(RTS)
価格:基本プレイ無料(アイテム課金型)
配信マーケット :App Store / Google Play
対応環境:
【iOS】iOS 8.0以降、iPhone 5s以降、iPod touch第6世代以降
iPad第5世代以降、iPad mini2 以降、iPad Air
【Android】Android 4.1以降(RAM 2GB以上推奨)
※一部端末には対応しない場合があります
提供元:(C)GMO GP, inc.
著作権表記:(C)2017-2018 GMO Internet, Inc.

 

今後はGMOインターネットグループの他のゲームアプリも「CryptoChips」に対応させていくほか、他社のゲームアプリへの実装も行っていく予定です。

GMOインターネットグループでは、仮想通貨事業を主力事業の一つに位置づけており、2017年5月には仮想通貨売買・FX事業、同年12月には仮想通貨マイニング事業をそれぞれ開始しています。2018年6月6日には、最先端の半導体チップを搭載した自社開発の仮想通貨マイニングコンピューター「GMOマイナーB2」を発売しました。社内でも2018年2月度から給与の一部をビットコインで受け取れる制度を導入するなど、仮想通貨に関するさまざまな取り組みを進めています。

同社は「こうした取り組みの一環として、多くの方に仮想通貨をより身近に感じていただけるよう、ゲームアプリ内の報酬として仮想通貨を配布できる『CryptoChips』を開発した」と説明しています。

友だち追加