ポイントサイト大手のネットマイルが、2018年7月9日から大規模エアドロップ(仮想通貨の無料配布)を実施中です。開催は9月30まで。ビットマイル社発行の独自仮想通貨BilMile(ビットマイル)が、手に入ります。

BitMileがもらえる大規模エアドロップの概要とは?

今回、無料で仮想通貨がもらえる「エアドロップ(Airdrop)」キャンペーンの対象となるのは、累計登録会員数約480万人の規模を誇る国内最大級の共通ポイントサービス「ネットマイル」を運営する株式会社ネットマイルが展開中のポイントサイト「すぐたま」のユーザー。

「すぐたま」への無料会員登録や、利用でBitMile(ビットマイル/XBM)が無料で獲得できます。

ユーザーが獲得できるのは、キャンペーン特典3つとスペシャル特典のあわせて4つ。それぞれ獲得条件が異なります。

実施期間:7月9日(月)〜9月30日(日)

キャンペーン特典(1):1,000XBMプレゼント

「すぐたま」への会員登録

※すでに「すぐたま」会員登録済みの方は、登録済みのメールアドレス、パスワードで事前登録をすればOK
※お一人様1回のみ登録可。不正と判断された場合は特典が無効となるのでご注意ください。

キャンペーン特典(2) 500XBMプレゼント

ビットマイルの公式ツイッター(@bitmileofficial)をフォローし、該当するツイートをリツイートで条件達成します。

※お一人様1回限り。

キャンペーン特典(3) 3,000XBMプレゼント

「すぐたま」経由で、Yahoo!ショッピングや楽天などで買い物をするなど、キャンペーン(広告)への参加で達成。

※お一人様1回限り。

スペシャル特典

「すぐたま」で開催中のキャンペーンへ参加(XBM獲得上限はなし)
「すぐたま」でマイル獲得した分だけXBMをプレゼント(1mile=1XBM)。
マイルとビットマイル(XBM)の両方を獲得できるチャンスです。

※スペシャル特典のビットマイル(XBM)獲得上限はありません。
※7月1日~9月30日の期間中にキャンペーン参加し、獲得したマイルが対象となります。
※獲得状況はマイル通帳「キャンペーン参加・承認履歴」でご確認いただけます。
※ゲーム、アンケート、メール、またクリックのみで獲得できるマイルは対象外となります。

→BitMileエアドロップキャンペーンページはコチラ

*ビットマイル社は、独自仮想通貨BitMile(ビットマイル/XBM)サービスの開始を2018年10月に予定。登録者は、同キャンペーンでの登録メールアドレスに会員登録の案内がアナウンスされます。

増えるエアドロップが仮想通貨の拡大を促進

本キャンペーンのように仮想通貨の「エアドロップ(Airdrop)」では、ある特定の条件を達成することで仮想通貨が無料で配布され、投資リスクを最小限におさえた形で、個人が仮想通貨経済に参加できる機会を提供しています。

「エアドロップ」は、マーケティングへの新しいアプローチ法としても注目されており、同時にコインの認知度を上げることができるため、仮想通貨ならではの多様性と成長が期待されています。

今回は、無料されるのは、ビットマイル社の独自通貨であるBitMile(ビットマイル/XBM)。すぐたまを運営する株式会社ネットマイルのグループ会社である株式会社他人マイルがICO(信金調達)を目指す独自仮想通貨です。

本キャンペーンは、これまでの「仮想通貨の現金購入」「マイニング」という流通形態だけではなく、AirDrop(エアドロップ)を通しての「ポイント・航空マイレージなども仮想通貨と交換流通」という新しい流れを促しています。

エアドロップ参加の際に気をつけたい運営元の面も安心

これまでは、仮想通貨を個人が取り扱う際には、高いリテラシーを求められました。エアドロップ参加の際にもそれは同様で、個人情報提供の面から情報流出などのリスクを考えて、二の足を踏むユーザーも多かったようです。

本キャンペーンは、運営元がネットマイル社とビットマイル社であることが安心材料の一つ。ネットマイル社は、ビットマイル社とグループ会社で、独自通貨BitMile(ビットマイル/XBM)は、通貨名にもなっているビットマイル社が発行します。

安心して仮想通貨に参入できる仕組みが「すぐたま」で構築されており、現金やポイント、マイルなどと同じように、仮想通貨も多様性のある価値交換が促進され、個人ユーザーにもメリットが大きいでしょう。

ネットマイル社とビットマイル社の親会社であるINMホールディングスは、2018年6月にリミックスポイント社から資金調達しました。同社は、仮想通貨取引所ビットポイントの親会社です。

株式会社ネットマイル


インターネット市場における共通ポイントプログラム「ネットマイル」を運営。2001年4月サービス開始。現金・電子マネー・ポイント・航空マイレージなど200種類以上の交換先を提供する日本最大級のポイント交換サービス「ネットマイル」を運営し、リーディングカンパニーとして、広く業界で認知されています。

創業以来、日本で最初にインターネット上で共通ポイントサービスを実現し、現在、話題となっているトークンエコノミーをいち早く実践してきたパイオニアです。

生活に即したポイントや航空マイレージなどの交換価値を広めた老舗のネットマイル社の実績は、参加しやすさの理由になるでしょう。同社のノウハウは、仮想通貨の分野で応用が可能と言われています。

株式会社ビットマイル

2018年2月設立。今回エアドロップで、既存のネットマイルユーザー290万人に対し、ネットマイル保有割合に応じて独自仮想通貨「BitMile(ビットマイル/XBM)」トークンを無償で付与します。

「ビットマイル」サービスの中核となるテクノロジーは、あらゆるデータの移動歴を信頼性のある形で保存し続けるための非中央集権的かつ革新的なテクノロジーであるブロックチェーン技術です。

まとめ

エアドロップの参加条件はいろいろありますが、今回のキャンペーンでも、無料の会員登録で1,000XBMが手に入るので、仮想通貨は気になるけれど、なかなか手を出せなかったという方は、こういったエアドロップを通して仮想通貨に触れてみるのも一つの選択です。

あわせて読みたい

仮想通貨が無料でもらえる「エアドロップ」とは?
仮想通貨のフォーセットとは? 無料でコインを入手する方法

友だち追加