世界銀行(国際復興開発銀行、IBRD)は2018年8月9日、債券発行から割り当て、移転、管理までのあらゆる局面でブロックチェーンの分散型台帳技術を使う世界で初めての債券「ボンダイ」を発行する計画を発表しました。世界銀行はこれまでも債券発行に際して数々の新技術を世界に先駆けて投入してきており、今回ブロックチェーンが採用されたことは、この技術が債券市場でも主流の技術となりつつあることの証しと受け止められています。

新債券の略称は「ボンダイ(bond-i)

この新しい債券は「ブロックチェーンで運営される新債券(blockchain operated new debt instrument)」と呼ばれています。略称は「ボンダイ(bond-i)」とされており、これはオーストラリアのシドニー近郊にある有名な海岸、ボンダイビーチにあやかって名付けられたもののようです。

世界銀行(世銀)は「ボンダイ」の具体的な発行時期を明らかにしていませんが、このブロックチェーン債券が一部投資家から強い関心を持たれていることを明らかにした上で、より幅広い投資家との協議を経た上で、発行に向けた手続きを進める予定だとしています。

「ボンダイ」の発行に当たり、世銀はオーストラリア最大級の銀行のひとつであるオーストラリア・コモンウェルス銀行(CBA)との間で、この新債券の管理を委託する契約を結びました

世銀は、新興国での持続的な発展を資金面で支援するため、毎年500億〜600億ドルの債券を発行しており、1947年以来70年以上にわたり債券市場での資金集めをしています。そうした中で、1989年9月には国際資本市場の投資家に同時販売できるフォーマットを備えた世界初のグローバル債券、2000年1月には世界初の電子債券を発行するなど、債券市場に新技術を投入する試みをたびたび行ってきました。今回のブロックチェーンを使った債券の発行も、こうした取り組みのひとつと言えます。

世銀は、ブロックチェーン技術を使うことで、これまで債券の発行手続きに介在していた数多くの中間業者の数を削減できるだけでなく、資金集めや債券取引を簡素化でき、作業効率の改善や管理態勢の強化にもつながるだろうとしています。

イーサリアム(ETH)の非公開バージョンを使用

この新債券「ボンダイ」が技術的にどのように機能するかについては、まだ詳細はほとんど明らかにされていません。ただ、取引認証手続きであるマイニングに誰でも参加できるビットコインのようなシステムとは違って、取引の認証者になるには許諾が必要となる、イーサリアムの非公開バージョンの使用が予定されているとのことです。

増える債権市場でのブロックチェーン技術活用

ブロックチェーン技術を債券市場で活用しようという考え方は、今や新しい潮流となりつつあります。

2017年11月には英国のニバウラ社(Nivaura)がイーサリアムの公開ブロックチェーンを使った債券を発行しています。米カリフォルニア州のバークレー市は、市債をブロックチェーン技術を使って発行・管理する世界初の「ICO(イニシャル・コミュニティー・オファリング)」を検討しています。世界銀行がブロックチェーン債券「ボンダイ」を発行することは、こうした一連の動きの中でも最も注目すべき事例となりそうです。

世銀のアルンマ・オテ副総裁兼トレジャラーは、「ボンダイ」の発行に向けて数ヵ月間にわたりCBAと検討を重ねてきたことを明らかにした上、「初のブロックチェーン債券を発行できる立場にあることを喜んでいる。CBAの関与とマイクロソフトの経験が、この歴史的な一里塚を達成するための助けになった」と述べています。

CBAのブロックチェーン・イノベーション研究所長ソフィー・ギルダー氏は「われわれはブロックチェーンが金融サービスおよび金融市場に革命をもたらす潜在力を持っていること、今回の取引が未来に向けての重要なステップであることを認識している」と述べた上で、「世界銀行との共同作業により、われわれはこの独創的な取引を実現する上での技術的および法的な問題への解決策を見いだすことができる。このプロジェクトは、ブロックチェーン技術の最先端にいるCBAのポジションをさらに確固たるものにするだろうし、われわれは顧客とともにこれを構築することに興奮している」と強調しています。

「ボンダイ」のインフラストラクチャーは米国の首都ワシントンに置かれる予定で、米マイクロソフト社のクラウドプラットフォーム「アジュール」上で動作します。マイクロソフト社の「アジュール」ブロックチェーン担当統括責任者、マット・カーナー氏は「地球上のあらゆる人や組織に力を与えるというマイクロソフトの使命は、世界銀行の高貴な職務とも合致するものだ」と述べています。

あわせて読みたい

ゴールドマン・サックスが仮想通貨ファンドを管理するカストディ・サービスを検討中
国際金融グループのバークレイズが米国で仮想通貨関連の特許申請
急激に変わりゆく世界! ポーランドが世界で初めて銀行記録をブロックチェーンで処理

友だち追加