ドイツの大手証券取引所、シュトゥットガルト証券取引所(Boerse Stuttgart)が、ICO取引のプラットフォームを開発する意向を発表しました。シュトゥットガルト取引所は全体で810億ユーロの取引所を記録し、ドイツ国内で2位、ヨーロッパ圏内でも9位を誇る規模のため、流通市場でのICOプラットフォーム開発に注目が集まっています。

流通市場で取引できるICO通貨が、ICO市場の救世主となるか

シュトゥットガルト取引所が目指しているのは、デジタルトークンの発行、取引が一元的にできるプラットフォームの開発で、それらを同社の持つ巨大な流通市場で取引可能にしようとしています。

シュトゥットガルト取引所のCEO・AlexanderHöptne氏は、「ICOプラットフォームを介して発行された取引所トークンは、流通市場で取引することができます。これはICOにとって重要な成功要因です。同時に、私たちは、小売業者と機関投資家の双方から、暗号化取引を規制するための安定した環境の要求に応えています」と述べています。

同取引所では上場したICO通貨がビットコインやイーサリアムといった主要な仮想通貨と取引できるようになるため、「デジタル資産の持つ価値による全てのサービスを一つ屋根の下で提供」するとしており、ドイツ国内の基準に従って開発を進め、委員会や監督当局とも密接に協力をしていくようです。

ICOプラットフォームは仮想通貨取引アプリBison(バイソン)上で動作

シュトゥットガルト取引所の発表するICOプラットフォームは、同社が今年5月に発表した仮想通貨取引アプリBison(バイソン)上で可能になる予定で、証券会社による仮想通貨アプリは今回が初となります。

Bisonは同取引所が2017年に買収した現地のデータ解析企業Sowa Labsによって開発されており、取引手数料が無料であることが最大の特徴です。

リリースは2018年9月頃で、その後間もなくICOプラットフォーム、多国間取引市場、仮想通貨の安全な保管のサービスが開始されることになっており、通貨については最初はビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ライトコイン(LTC)、リップル(XRP)に対応。リリース後も対応通貨を増やしていく予定とのこと。

手数料の不要なBisonでは、投資資金の少ない一般投資家にも比較的ローリスクで仮想通貨市場に参入ができるとして期待が集まっています

多国間規制による資産の安全な保管を実現する取引所を目指す

シュトゥットガルト取引所は「デジタル資産のための継続的なインフラ」を作りたいと考えており、 今後「多国間規制され、資産の安全な保管を提供する取引所」を目指しています。

Bison(バイソン)は、ICOプラットフォーム展開で、今後企業の資金調達のためのトークン発行や、プラットフォーム上で権利と財産を証明できようにすることにより、ICO市場が以前より標準化され透明性が保たれるとしています。また、同取引所ではデジタル資産の安全な保管サービスが提供されることでも、投資家がより安全にICOへ投資できるようになるとしています。

シュトゥットガルトのCEOであるAlexanderHöptnerも「デジタル資産のバリューチェーンに沿った中央サービスを提供することができます。投資家や市場参加者は、Boerse Stuttgart Groupが品質、透明性、信頼性を表明していることを知っています。ドイツに本拠を置くプロバイダとして、この標準をデジタル世界に移行したいと考えています。私たちは、デジタル資産の受け入れを促進するのに役立ちます。

プラットフォームの整備はヨーロッパのICO環境を改善するか

しっかりとしたICOがある一方で、2017年におけるICOプロジェクトは80%が詐欺と言われており、投資家にとって決して健全な環境とはいえません。そのため、従来のような詐欺を淘汰し、ある程度安全性が担保されているICOプロジェクトだけを残す動きが大切になってきます。

ドイツでは、規制も比較的緩和されており、今後もICOを行う企業が増えていくことが予想されます。だからこそ、今回のシュトゥットガルト証券取引所構築の独自プラットフォームが普及すれば、投資家が詐欺に遭うリスクは低減され、ICO投資はより促進、優良なスタートアップがヨーロッパに集結していく可能性があります。

バイソン(Bison)に加えて、安全な資産保管のためのカストディ・サービス、多国間取引所、ICOプラットフォームを開設も予定されています。審査されたICOプロジェクトのみが上場できるようになれば、環境は改善されていくでしょう

流通市場において大きな影響力のあるシュトゥットガルト取引所によるICOプラットフォームの構築は、ヨーロッパのみならず世界のICOプロジェクトに大きな影響を与えることになりそうです。

あわせて読みたい

ICOの成功事例から見る購入すべきトークンの選び方は?
ICOの新形態「IEO」とは?

友だち追加