ブロックチェーン基盤技術イーサリアム(Ethereum)の技術者や企業が国内外から一堂に会するテックカンファレンス「Hi-Con 2018」(主催・Hi-Con 2018 実行委員会/Hi-Ether Japan)が、2018年11月10日、横浜市港北区の慶應義塾大学日吉キャンパスで開催されます。日本でイーサリアムの技術者が集結する大規模な会議が開催されるのは、これが初めてとなります。

エンジニアや企業の情報発信の場に

「Hi-Con 2018」は、「イーサリアム技術者の祭典」として、イーサリアムを活用して新しいサービスを実現しようとするエンジニアや企業の情報発信の場となることを目指しています。国内外からイーサリアム/ブロックチェーン技術に関わる第一線の技術者を招き、テックトークやワークショップなど、最前線の技術トピックに触れられるさまざまなセッションを、並行する3つのトラックで実施します。

「Hi-Con 2018」開催概要

名称:Hi-Con 2018
主催:Hi-Con 2018 実行委員会/Hi-Ether Japan
会期:2018年11月10日(土)10:30~18:45(9:30 受付開始)
会場:慶應義塾大学日吉キャンパス 協生館・藤原洋記念ホール
住所:〒223-0061 神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1

「Hi-Con 2018」開催の背景

イーサリアムは、2013年にビタリック・ブテリン氏が考案、2015年に公開されました。単に仮想通貨イーサ(ETH)のプラットフォームであるだけでなく、さまざまな分散型アプリケーションの開発プラットフォームとして、現在では、世界中のプロジェクトの中で最も活用されるブロックチェーン基盤技術となっています。

昨今の世界的な仮想通貨ブームを受け、イーサリアムの仮想通貨イーサは時価総額が全仮想通貨の中でビットコイン(BTC)に次いで第2位となっており、主に資金調達の手段として注目を浴びています。しかし、本来はブロックチェーンの汎用技術であるイーサリアムは、金融領域に限らず、さまざまな分野での応用可能性を秘めています。

日本はこれまで、仮想通貨の最大の「マーケット」として世界から注目されていましたが、仮想通貨を支える技術であるブロックチェーンに携わる国内技術者は多くありませんでした。そこで今回、国内のイーサリアム技術者コミュニティーである「Hi-Ether」が主体となり、イーサリアムの「技術」の側面に特化した国際的なテックカンファレンス「Hi-Con 2018(ハイコン)」を開催する運びとなったものです。

主催者の「Hi-Ether」とは

この会議を主催する「Hi-Ether」は、2017年11月、国内のイーサリアム技術者の呼びかけで始まり、エンジニアに特化したコミュニティーとして、発足以来、月に100人のペースでメンバーが急速に増えてきました。現在のメンバーは800人を超えており、日本で最大のイーサリアム技術者コミュニティーとなっています。

Hi-Etherではこれまで、オンラインフォーラムでのディスカッションや、9回にわたるオフラインでの勉強会などの活動を活発に行ってきました、

Hi-EtherのコミュニティーURL: https://www.hi-ether.org/
公式Twitter: https://twitter.com/hiether_org/
公式ブログ: https://note.mu/hiether/m/m80e809aab31b/

イーサリアム使った学割システムを開発

今回の「Hi-Con 2018」では、技術者自らがブロックチェーン技術の実事例を示す新しい取り組みとして、Hi-Con 2018カンファレンスチケットの学生割引に、イーサリアムの技術を実際に活用した学生証明システム「Gakusei」を使っています。

この「Gakusei」は、有志のエンジニアたちがイーサリアム技術を使って開発したもので、分散型身分証明システム「uPort」上にユニバーサルな学生証明書を発行し、その証明書をオンラインで提示することにより、チケットの割引コードを発行する仕組みとなっています。

学割でこの会議のカンファレンスチケットを購入するには、まず「Gakusei」にアクセスし、所属する学校から発行された自身のメールアドレスを入力して、学生であることの証明を受ける必要があります。

学生証明システム:https://gakusei.hi-ether.org/
学割コード発行サイト:https://gakusei.hi-ether.org/coupon/

友だち追加