大手タクシー会社、日の丸リムジン(本社・東京都文京区、富田和宏社長)が、2018年11月6日から、リミックスポイント(本社・東京都港区、小田玄紀代表取締役会長)の子会社である仮想通貨交換業者の株式会社ビットポイントジャパンと共同で、羽田、成田両空港と東京都内を結ぶ空港送迎タクシーに仮想通貨決済を導入する実証実験を始めました。日本のタクシー大手が仮想通貨決済を導入するのは、初めての事例となります。

2019年1月6日までの2カ月間実施

空港送迎タクシーは、日の丸リムジンが行っている、空港(羽田空港、成田空港)から目的地、乗車地から空港(羽田空港、成田空港)までの間をDoor to Doorで送迎するサービスです。料金は通常タクシー運賃の20~30%割引の定額運賃で、交通渋滞、事故渋滞で迂回走行した場合でも料金は変わりません。

日本語が話せない外国人旅行者向けには、オプショナルサービス(別途料金2160円)として、英語、中国語、韓国語に対応した通訳サービスも用意されています。これは乗務員との会話を通訳センターを介した3者間で行うものです。

BTC、BCH、ETHで決済可能

今回始まった実証実験では、このタクシー空港送迎サービスで、仮想通貨のビットコイン(BTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアム(ETH)による決済ができるようになります。

実証実験の期間は、2018年年11月6日から2019年1月6日までの2カ月間。期間中は24時間いつでも利用が可能です。

利用料金は、利用場所によって違いますが、成田空港の場合は1万9020~3万7020円、羽田空港の場合は8300~1万5600円(いずれも高速道路の通行料金込み)です。

利用できる車種は、ハイグレードタイプのテスラモーターズモデルS(運転手を除く乗車人員4名)と、ミニバンタイプのトヨタアルファード(同4~6名)の2車種があります。

予約はインターネットで、日の丸リムジンの予約ページ(http://www.tokyo-taxi.jp/)から行います。利用に当たっては、ビットポイントジャパンのアカウントを保有していることが必要で、タクシー降車時にスマートフォンのウォレットアプリ「BITPointWallet」を使って料金を支払うことになります。

大手タクシー事業者による仮想通貨決済は国内初

日本のタクシー事業者の仮想通貨決済サービスに関してはこれまで、Lexus LS600hLを使って旅客運送事業を営む東京の個人タクシーのグループ「LEXUSタクシー」が2018年春から一部車両でビットコイン決済を導入。運賃2万円以上の利用を対象に、2万円以上、成田、羽田空港の送迎やゴルフ場送迎、貸し切りや観光用などでの利用を受け付けています。
ただ、大手タクシー事業者による仮想通貨決済の導入は、今回の日の丸リムジンの事例が国内で初めてとなります。

背景にインバウンド需要やキャッシュレス化推進策

両社が今回こうした実証実験を行う背景には、訪日外国人観光客の増大や、政府の進めるキャッシュレス化推進策に対応する狙いがあるとみられます。

2017年に日本を訪れた外国人観光客は約2800万人に上っており、政府は東京五輪が開催される2020年にはこれを4000万人に増大させることを掲げています。仮想通貨を使えば、これらの外国人観光客は、通貨を日本円に両替しなくても手軽に決済ができるようになります。

現在、日本でのキャッシュレス決済の比率(2015年調査)は約18%にとどまり、中国の55%、米国の41%と比較すると、非常に後れを取っています。そこで、政府はキャッシュレス決済の比率を引き上げ、2027年には現在の約2倍の40%を目指す方針を立てています。

そうした中で注目されるのが、仮想通貨決済です。クレジットカードでは4%前後の決済手数料や、決済端末の導入費用がかかるのに対し、仮想通貨は取引手数料が比較的安く抑えられます。

ボラティリティーと取引承認時間が課題

ただ、仮想通貨決済の課題となっているのが、仮想通貨の価格の不安定さ(ボラティリティーの高さ)と、取引承認にかかる時間の問題です。特にビットコインの場合、取引承認には10分程度を要します。こうした問題もあって、日本では仮想通貨決済の導入は、まだ一部の飲食店などにとどまっており、あまり広がっていないのが実状です。

もっとも、価格の不安定さの問題に関しては、仮想通貨価格は2017年に急上昇の後、2018年に入って急落しましたが、最近ではビットコインの場合、1BTC=70万円前後で比較的落ち着いた状態になっており、決済に利用しやすい環境になりつつあると言えます。

こうした状況の中で実施される今回の実証実験で、仮想通貨決済の直面する課題をどう克服していけるかが、今後の仮想通貨決済の利用拡大に向けた試金石として注目されます。

友だち追加