仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCH)のハードフォークが日本時間2018年11月16日未明に実施され、ブロックチェーンが「ビットコインキャッシュABC(BCHABC)」と「ビットコインキャッシュSV(BCHSV)」の2つに分岐したことが確認されました。これに伴い、大手仮想通貨取引所バイナンスは、BCHの上場廃止と、両方の新通貨の取引開始を発表しました。

2つの勢力が対立

ビットコインキャッシュのハードフォークの内容をめぐっては、マイニング機器最大手ビットメイン(Bitmain Technologies Ltd.)や大口投資家ロジャー・バー(Roger Ver)氏らが支持する「ビットコインキャッシュABC」と、仮想通貨の考案者サトシ・ナカモトを自称するオーストラリアのクレイグ・ライト(Craig Wright)氏らの「ビットコインキャッシュSV」の両陣営が対立していました。

日本時間の11月18日未明、ビットコインキャッシュのブロックが「556767」に到達した時点で、両陣営それぞれが主張する仕様変更に沿ったハードフォークが実施されました。この後、大手マイニングプールの「Bitcoin.com」が、「ビットコインキャッシュABC」のルールにのっとった最初の2ブロックのマイニングに成功。「ビットコインキャッシュSV」側でもブロック生成が確認されました。

ノードの4分の3は「ABC」のソフトウェアを採用

現状では、「ビットコインキャッシュABC」側のソフトウェアを採用しているのは、従前のビットコインキャッシュの全ノードのうち4分の3近くを占めているのに対し、「ビットコインキャッシュSV」側のソフトウェアを稼働させているノードは全体の8%にとどまっています。また、ハードフォーク前の先物市場でも、「ビットコインキャッシュABC」の方が有利な情勢となっています。

さらに、ビットコインキャッシュを取り扱ってきた企業の多くは、少なくとも当面の間は、「ビットコインキャッシュABC」側を「ビットコインキャッシュ(BCH)」として取り扱う見通しです。

SV側の攻撃宣言で戦争状態に

しかし、「ビットコインキャッシュSV」陣営は、ハードフォーク直前時点でビットコインキャッシュのマイニングパワー全体の約75%を占めています。同陣営は、「ビットコインキャッシュABC」の支持者たちが降参するまで、圧倒的に優勢なハッシュパワーを使って「ABC」のチェーンに対して空ブロックのマイニングやブロックチェーンの組み替えの繰り返しによる攻撃を行うと宣言。2つの陣営は戦争状態に入っています。

「ビットコインキャッシュABC」側を支持する大手マイニングプールのBitcoin.comは、こうした攻撃に立ち向かうため、ビットコイン(BTC)の採掘に使っていたハッシュパワーを一時的に「ビットコインキャッシュABC」の採掘に振り向ける防衛策を取ったと伝えられています。

「核オプション」はとらない-ABC側

「ビットコインキャッシュABC」の開発者であるAmaury Sechet氏は、もし「SV」側のマイナーたちが「ABC」のチェーンを崩壊させかねないような攻撃を仕掛けてきた場合に、チェーンを防衛するためにそのプルーフ・オブ・ワーク(POW)の取引承認アルゴリズムを変更する可能性については、これを「核オプション」であるとして否定しています。

バイナンスがBCHの上場廃止、両新通貨を配布

一方、取引量世界最大手の仮想通貨取引所バイナンス(Binance)は11月16日、ビットコインキャッシュが「ビットコインキャッシュABC」と「ビットコインキャッシュSV」に分裂したことを受けて、従前のビットコインキャッシュの上場を廃止するとともに、ユーザーの口座にあるビットコインキャッシュの残高を消去したと発表しました。

同時にバイナンスはユーザーに対し、協定世界時(UTC)11月15日16時40分(日本時間16日1時40分)時点でのビットコインキャッシュの保有量に応じて、1BCH=1BCHABC、1BCH=1BCHSVのレートで、両方の新通貨の配布を完了したとしています。

日本時間16日17時から両新通貨の取引開始

バイナンスはまた、UTC11月16日8時(日本時間同日17時)より、BCHABC/BTC、BCHABC/USDT, BCHSV/BTC、BCHSV/USDTの取引ペアの取引を開始すると発表しています。

ただ、「ビットコインキャッシュABC」と「ビットコインキャッシュSV」の両新通貨の預け入れと引き出しについては、両方のブロックチェーンとウォレットが安定した状態になったと同社が考えるまでは利用できないとしています。

友だち追加