想通貨交換業者のビットトレード(本社・東京都港区、閏間亮社長)が、2019年1月18日をもって現在の仮想通貨取引所のサービスを終了すると発表しました。同日からは中国の仮想通貨取引所フォビ(Huobi)が日本国内向け新プラットフォームを運営するとしています。ビットトレードは9月にフォビグループ傘下に入りましたが、その時点では現行のサービスはそのまま継続すると発表していました。

フォビの新システムに顧客口座は引き継がれず

ビットトレードの11月30日の発表によると、現在の同社の仮想通貨取引所のユーザーアカウントは、フォビの新プラットフォームには引き継がれません。

このため、現在のユーザーは、システムが終了する1月18日までに各自の資産を全額引き出す必要があります。また、フォビの新プラットフォームで取引を継続したいユーザーは、各自でフォビの口座を新規に開設した上で、現在のビットトレードの口座にある資産をフォビの口座に送金する必要があります。

ビットトレードの新規口座の登録受け付けは11月30日で停止しており、12月14日17時には仮想通貨と日本円の入金が停止、同27日17時には注文・取引も停止の予定です。2019年1月18日17時をもって、仮想通貨と日本円の出金とログインも停止され、現在のプラットフォームの運営は完全に終了します。

一方、フォビの新システムの口座開設の受け付けは、2018年12月10日から開始の予定とされています。ただし、フォビの新取引システムで仮想通貨と日本円の入金・取引が開始されるのは2019年1月8日の予定です。

このため、12月10日以降にビットトレードのユーザーがフォビの新システムに口座を開設して資産を移したとしても、1月8日までは資産の引き出しや取引ができなくなります。ことに、ビットトレードの取引が停止する12月27日からフォビの取引が開始される1月8日までの10日あまりの期間は、どちらの取引所でも取引できなくなる点に注意が必要です。

2019年1月18日17時以後はビットトレードのユーザーは自分では保有資産を引き出せなくなりますが、同社のカスタマーサポートにメールで連絡すれば、資産をフォビの新口座またはユーザー指定のウォレットに送金してもらえるとのことです。同社は、今回のサービス終了を原因として顧客資産が消失することはないと確約しています。

なお、ビットトレードのプラットフォームを使って運営されていたビットバンク株式会社の取引システムについても、2019年1月18日に取り扱いが終了します。

9月には「現サービスはそのまま継続」と発表

ビットトレードは2017年9月に仮想通貨交換業者として登録を完了し、仮想通貨の現物取引を中心に取引所サービスを続けてきましたが、2018年9月、フオビグループとの資本・業務提携を発表していました。

それによると、ビットトレードの株式は、その親会社の実質的支配者だったシンガポール法人のトゥルー・ジョイフル社(True Joyful Limited)からフオビグループのHuobi Japan Holding Limited(代表者クリス・リー=Chris Lee)に100%移動。これに伴い、9月12日の臨時株主総会でフォビ株式会社(日本)社長の陳海騰らフォビ側から3人が取締役に選任され、陳氏を代表取締役会長とする新経営体制が発足しています。

このときの発表で、同社はフォビについて、「2013年から仮想通貨の中心地である中国において、大手仮想通貨取引所として豊富な経験を有しており、それに裏付けられた資金力を有しています」とした上、「Huobiの支援を受けることで経営の安定性を高めることができるだけでなく、今後の事業拡大に向けたリスク資本の有力な調達先を確保し、経験を裏付けとしたデジタル資産交換プラットフォームを運営するための高い技術力と専門性およびセキュリティシステムの提供を受け、コンプライアンス体制を確立することになります」と、傘下入りの理由を説明しています。

ただ、9月の発表時点でビットトレードは「新体制の下で、当社の基本的なビジネスの枠組みを変える方針はなく、現在ご提供させていただいているサービスもそのまま継続させていただきます」と表明していました。

前言を翻してサービス終了となった点について、同社は11月30日の発表文で「このたびは、ビットトレードのサービス終了とHuobi新システムへの更新によりご迷惑をおかけし、誠に申し訳ございません」と謝罪しています。

フォビ新システムでは6種類11通貨ペアを取り扱い

1月8日からスタート予定のフォビの新プラットフォームでは、現在ビットトレードで取り扱っている、
 ビットコイン(BTC)/円
 リップル(XRP)/円
 モナコイン(MONA)/円
 ビットコインキャッシュ(BCH)/円
 ビットコイン/ビットコインキャッシュ
 イーサリアム(ETH)/ビットコイン
 ライトコイン(LTC)/ビットコイン
 モナコイン/ビットコイン
 -の6種類、8通貨ペアに加え、
 イーサリアム/円
 ライトコイン/円
 リップル/ビットコイン
 -の3通貨ペアも取り扱われる予定です。

友だち追加