2018年は、仮想通貨の価値は年初から下がったまま、未だに急騰と呼べる価値の向上はほとんど起きていません。しかし、価値が下落しても仮想通貨の開発は継続して行われており、市場の注目度は高い状態にあります。
つまり、2018年においても十分に価値が急騰する可能性を持つ通貨は存在し、利益を出す事を目標とする場合には、仮想通貨の機能や将来性に着目して購入を行う必要があると言えるでしょう。ここでは、イーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ、注目されている3種の仮想通貨の将来性に着目したいと思います。

「イーサリアム」ゲーム市場でますます盛り上がる?

イーサリアムは仮想通貨市場において、時価総額2位を誇る分散型アプリケーションのプラットフォームです。価格に関して言えば、2018年3月末時点では4万円前後であり、取り扱う仮想通貨取引所も多いため、入手に関してはさほど困らないでしょう。

また、イーサリアムが機能として有するスマートコントラクトに注目が集まっており、ICOなどではよくイーサリアムが使用されています。スマートコントラクトはブロックチェーン内に契約内容などを記録する機能であり、特に契約そのものを記録するイーサリアムの機能によってICOだけでなく、仮想通貨を使用したゲーム市場なども盛り上がりを見せています。

加えて言えば、ゲーム市場においては、今後更に拡大が見込まれており、現在でもゲームのプレイだけで1000万以上の収益を上げる方も少なくありません。ゲームアプリ配信がビジネスモデルとして更なる成功を収めれば、間違いなく他の業界にも波及することになります。

価値に注目してみれば、2018年内にはビットコインの時価総額をイーサリアムが抜くと期待されている状況です。もし、そうなれば、すべての仮想通貨の価値の基軸はイーサリアムとなり、ビットコインほどの価格の変動性が無いため、市場としても価格が安定しやすくなるというメリットがあります。

そして、最大のメリットとして、ビットコインの相場に市場の仮想通貨の価格が影響されることもなくなることにあります。そのため、2018年においてもイーサリアムは注目の仮想通貨と言えるでしょう。

「リップル」国際送金プラットフォームとしての発展は?

リップルは、開発目的として国際送金の手数料などを安価にするために開発されました。そのため、ビットコインとはそもそもの開発目的が異なっており、決済能力もビットコインとは比較にならないほど高速です。

また、国際送金システムであるリップルネットと呼ばれるネットワークを既に構築しつつあり、リップルネットには日本の地銀やメガバンクをはじめ、世界の至る箇所の中央銀行も参加しています。

今後、リップルは世界中の金融機関で使われる主要な仮想通貨という唯一無二の地位を獲得する可能性が高いと言えるでしょう。また、仮想通貨の価値に着目した場合、リップルネットの本格始動と共に値上がりすることが考えられ、以後も送金と言えばリップルと呼ばれるほど認知度の高い仮想通貨となることも考えられます。

ちなみに、国内送金でリップルを使用した場合、送金手数料が格安となります。リップルの需要は世界中にあります。そのため、2018年においては値動きのみでなく、リップルがどのようにして活用されるのか要注目と言えるでしょう。

有用性が認められ始めたビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは、ビットコインから分裂(ハードフォーク)して生まれた仮想通貨であり、ビットコインと同じ性質を持ちながら、送金処理などにおいては通貨として高い能力を有しています。つまり、ビットコインキャッシュはビットコインよりも機能としてより高性能である為、今後更に有用性を増していくと見られているのです。

送金スビードの早さは仮想通貨の取引において、非常に重要です。仮想通貨は、数分などの単位であれば株よりも緩やかなチャートで推移します。しかし、送金スピードが遅いという不満は仮想通貨の価格に大きな影響を与えます。その点では、ビットコインの性能は既に限界を迎えており、これ以上送金が増加すれば、手数料が高くなったうえで、送金スピードが更に遅くなることは明白でした。

そのため、ビットコインキャッシュが開発され、ビッビットコインの課題であったデメリットをすべて解消しています。

現在、ビットコインキャッシュは日本国内の仮想通貨取引所のほとんどで取り扱い可能であり、SBIなどの大手仮想通貨取引所でも扱われる予定です。また、海外の仮想通貨取引所においては、大手で徐々に取り扱いが開始されています。加えて、ビットコインキャッシュでの支払いが可能な店舗も続々と増加傾向にある為、2018年においてもビットコインキャッシュは更に勢いを増すと言えるでしょう。