ビットコインが話題になり、マイニング(採掘)という言葉を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。高性能の専用マシンを何台も使い、大量の電力を投入しないとマイニングで報酬を得ることは難しく、現時点で一般のユーザーが利益を確保するのはほとんど不可能です。ところが、NEM(ネム)という仮想通貨ではそれほどの投資をしなくても報酬が受け取れる仕組みがあります。今回はその仕組みである「ハーベスト」についてご紹介します。

NEM(ネム)とはどんな仮想通貨なのか

ネムは新しい経済圏(New Economy Movement)を実現するという目的のプロジェクトです。ネムのプラットフォームの中で独自のトークンを発行する機能などに特徴があり、開発が順調に進めばリップル以上の取引の速さを実現できるとされているプロジェクトと言われ、多くの応用が期待できます。

マイニングとハーベストの違い

仮想通貨に利用されているブロックチェーン技術では、取引の承認と記録を参加者が分担して行う、分散型管理システムが採用されています。

この作業に貢献のあった人に対して報酬が支払われますが、ネムの場合はそれを「ハーベスト(収穫)」と呼んでいます。

ビットコインの場合、その報酬を得るために多くの企業がマイニングに取り組んでいます。個人でもマイニング自体は可能ですが、ある程度の初期投資をしないとそれなりの報酬は得られません。

また、マインングの間はずっと電力を供給する必要がありますので、ランニングにもコストがかかってしまいます。

ビットコインのような仕組みだと、大資本を投入できる企業でしかブロックチェーンの承認作業に参加できなくなり、「中央集権的でない仕組み」という理想に反してしまいます。

そこでネムでは「誰でも平等に参加できる仕組み」といしてPoI(プルーフ・オブ・インポータンス)という報酬の配布方法を採用しました。このシステムで報酬を受け取ることを「ハーベスト」と言います。

ハーベストのやり方

では、実際にハーベストに取り組むにはどうのようにしたら良いでしょうか。これ、実はびっくりするほど簡単です。基本は次の3つだけです。

  1. 10,000XEM以上のネムを準備
  2. ナノウオレットをPCにセッティング
  3. 委任ハーベストに登録

ネムが購入できる国内取引所

ネムの購入ができるのはZaif(ザイフ)、DMM BitCoin、コインチェックです。コインチェックについてはネムの流失事件で有名になってしまいましたが、先日マネックス証券が買収・経営の立て直しに乗り出すと発表されていますので、しばらく様子を見てからが良さそうです。

Zaifを運営するテックビューローはネム財団にも関係のある組織ですから、ネムの普及にも力を入れています。

実際世界で取引されているネムの半数近くがZaifで行われているということからも、ネムの購入では一番の候補となる取引所です。

ハーベストを受ける条件

ネムのハーベストを受けるには「10,000XEM以上のネムを保有していること」「ある程度取引の実績があること」だけです。

この条件を満たせばランダムに報酬を受け取ることができます。簡単ですね。まずはZaifなどの取引所で10,000XEM以上のネムを購入しましょう。

手数料などでネムを少しだけ使いますので、ちょうど10,000XEMでは不足します。多少余裕を持って購入してください。記事の執筆時点だと約30万円ぐらいです。

ナノウォレットをダウンロードしてPCにセッティング

ナノウォレットはネムの公式ウォレットです。下記のリンクからダウンロードしてPCにセッティングした後で、購入したネムをウォレットに送金します。ハーベストの対象となるのはナノウォレットに保管してあるネムだけです。

ナノウォレット

既得バランスが10,000XEM以上になるまで待つ

実は保有しているネムが10,000XEMあるだけではハーベストの条件を満たしません。前述した通り、「一定の取引がある」ことが要件となります。

細かい説明は省略しますが、ナノウォレットを起動してサービスから「委任ハーベスト」を選択すると、あなたの代わりにこの「一定の取引」を実行してくれます。

しばらくそのままにしておくと「既得バランス」が10,000XEM以上になってハーベストを受ける権利が得られます。

多少余裕があったほうが早くハーベストがもらえる

既得バランスについては保有量が10,000XEMギリギリでは1ヶ月以上待たないと権利が得られないようです。早くスタートしたい方は少し余裕を持って購入するようにしましょう。

準備ができたら、ナノウォレットにログインし、「サービス」から「デリゲート(委任)ハーベスティング」のところにある「デリゲートアカウント管理」を選択してください。

そのあと「委任有効化」を選択し、ナノウォレットのパスワードを入力して送信を押せば完了です。数時間後にはハーベストを開始しますので、ステータスで確認しましょう。たったこれだけで報酬を受け取ることができます。

ランニングコストがかからないのがメリット

ビットコインのマイニングと違い、ネムのハーベストでは電気代などのランニングコストが一切かかりません。委任ハーベストにしておけば、PCはオフにしておいても勝手にネムが増えていきます。

また、前述の設定さえしておけば、後はほったらかしで構わないというのもメリットですね。大きなリターンではありませんが、確実に資産が増えていくというのは悪くないと思います。ぜひ一度おためしください。