仮想通貨と言えばビットコインと考える人にとっては、「草コインってなんだよ!」と言いたくなるところです。しかし、ビットコイン以外の仮想通貨、アルトコインは世界中には1,000種類以上もあり、その大半が草コインと言われるものです。簡単に言えば、草コインとは誰からも注目されていない価値が小さい仮想通貨。その草コインの中から、将来メジャーになる仮想通貨もあるかもしれません。

草コインの定義とは

草コインとは、草のような存在感しかないコインと考えればよいでしょう。ですから、特別な存在ではなく、まだ人からあまり注目されていないコインのことです。

仮想通貨とは、法定通貨と同じようにそれ自体に価値を持つもので、ビットコインイーサリアムをはじめ、高額トレードされている仮想通貨も多く存在しています。

ただし、それらは1,000種類以上もあるといわれる仮想通貨のごく一部のみであり、2017年12月に一時的に時価総額90兆円に達した仮想通貨の大部分は、これらの一部の仮想通貨で占められています。

つまり、草コインとは誰からも注目されておらず、ほとんど価値を持たない仮想通貨と定義づけできます。

こう言うと、それでは草コインには何の価値もない存在と考えてしまいがちですが、ビットコインをはじめとして、多くの仮想通貨も元々は草コインのような存在であったものがほとんどなのです。

数多くある草コインの中には、将来のビットコインやイーサリアムとなる仮想通貨が潜んでいる可能性があるわけです。

草コインの購入方法

日本国内の取引所では、仮想通貨の取扱種類は5~6種類というところが多く、最も多いcoincheckの場合でも13通貨となっており、ほとんどの草コインは取り扱われておりません。

草コインを購入するためには、買いたい草コインを取り扱っている海外取引所で購入する必要があり、以下の手順で購入することが可能です。

  1. 買いたい草コインを取り扱っている海外取引所に登録する
  2. 日本の取引所に登録してビットコインなどを購入する
  3. 購入したビットコインなどを日本の取引所から海外取引所に送金して草コインを購入する

海外取引所は、Binanceのように日本語対応しているところもありますが、多くは英語対応となります。ただし、登録は簡単で、高い英語力が必要なわけではありませんので安心してください。

草コインの見分け方

1,000種類以上ある仮想通貨の中でも、ビットコインなどのメジャーコインを除く多くの草コインの中には、第2のビットコインやリップルとなる可能性を秘めたコインが隠れているかもしれません。

大切なことは、どうやって将来のお宝コインを見分けるかということです。これが簡単にできれば誰でも億り人になることができるわけです。

最も参考になるのは、リップルやネムなどのように今ではメジャーコインとなっているものの、元々はほとんど注目されていなかったようなコインの足跡を研究して、同様の動きをする草コインをチェックするという方法です。

ただし、草コインの中には詐欺コインも多く混ざっていると言われているので注意が必要です。お金をだまし取ることが目的の詐欺コインは、意図的に投資家に注目されるような動きをするケースが多く、見極めることが非常に難しい状況です。

価格推移や値動き、あるいはコミュニティの盛り上がり方、さらにはホワイトペーパー(報告書)の内容など総合的に判断する必要があります。

草コイン投資法

少ない情報の中、詐欺コインに騙されることのないように将来有望な草コインを探すのは非常に難しいのが現実で、頼みのホワイトペーパーも英語が標準ですので、日本人が簡単に理解できるものではありません。

さらに、努力の末に見つけ出した将来有望な草コインにしても、必ずしも物になるわけではなく、多くは上場しないままに終わってしまいます。

このように有望な草コインを探すのは至難の業ですが、発想を転換して分散投資をするという投資法があります。

当たる確率が極めて低い宝くじは、個人で購入するよりも、グループで大量に購入することで当たる確率ははるかに高くなり、投資効率も大きく上がります。

草コインでもこの方法を応用して、将来性を感じる草コインに一点集中で投資するのではなく、10万円の資金を投資する場合には、将来性を感じる草コイン数十種類を均等分ずつ購入します。

草コインは一つ当てるだけでも大きな収益が見込めますので、多くの草コインを購入することで一つでも当たれば投資効率は非常に高くなるわけです。

無くなってもよいお金で投資するのがポイント

草コインに投資する場合には、ハイリスクハイリターンであることを理解して、無くなってもよいというお金の分だけを投資することから始めてはいかがでしょうか?

確実性を期待するのであれば、流動性の高いメジャーコインに投資をすべきですが、確実性は少ないけれども大きな収益を目指すという投資方法ですから本当の余資金で投資するのが無難かもしれません。