スカイコイン(Skycoin/SKY)と呼ばれる仮想通貨が注目を集めています。スカイコインはマイナーコインの一つで、今のところ価値はそれほど高くはありません。ただ、今後注目度が上がり、投資が増えれば、ゆくゆくは値上がりして高値をつけることでしょう。マイニングがないことが特徴であるスカイコインとは、一体どのような仮想通貨なのでしょうか?

Skycoin(スカイコイン)も含まれるマイナーコインとは?

ビットコイン(bitcoin)の価格が不安定な昨今、まだ価値が低いマイナーコイン、いわゆる草コインへの注目度が高まっています。

ビットコインの価格は確かに2017年までは上昇トレンドに乗っており、買えば儲かるという非常に安定感のある相場でした。

しかし、2018年以降は上昇よりも下落の方が目立つ不安定な相場となり、投資で利益を得ることが難しくなっています。

そこで注目を集めているのがマイナーコイン(草コイン)です。

マイナーコインとは、ビットコインやイーサリアム、ビットコインキャッシュのような有名なアルトコインと違い、まだ話題を集めていない仮想通貨です。

ビットコインがメジャー級の野球選手なら、マイナーコインはアマチュアといったところ。まだデビューすらしていない状態と言えるでしょう。

マイナーコインの価格は非常に低く、1枚あたり1円未満で取引されていることがほとんどです。そして、その中のほとんどが将来的に価格が伸びる見込みが薄く、低迷したままだとされています。

ただし、ごく一部のマイナーコインの中には将来の値上がりが期待できる有望な仮想通貨も存在します。スカイコインは、そんな今後の値上がりが期待できる有望なマイナーコインです。

Skycoin(スカイコイン)とは?

そもそもスカイコインとはどのような仮想通貨なのでしょう?

スカイコインは、インターネットのプロバイダの役割を果たす画期的な仮想通貨です。スカイコインによって作られた分散型インターネットのことを「Skywire」と呼びます。

スカイコインによって実現される分散型インターネットの世界において、監視者は存在しません。P2P技術によって実現されたネット環境は、全ての人に対して平等に意見を言う権利を与えてくれます。

日本だと馴染みが薄いのですが、インターネットの世界は一見すると自由なようで、実は監視されている世界でもあります。

たとえば中国だと、特定の言論やキーワードが検索できず、反社会的な意見があればすぐにでも政府に規制されてしまいます。

しかし、スカイコインによって作られた分散型インターネットの世界では、そのような監視者は存在できず、誰でも自由に討論し、意見を述べることが出来ます。

そこには特定の思想に染まったプロパガンダなどはなく、常に中立で公正な意見が反映されるでしょう。スカイコインによって作られたネット社会ならば、すべての人は自由に意見を表明できます。

Skycoin(スカイコイン)の特徴

スカイコインにはビットコインにはないある特徴があります。まず、マイニングがないため、仮想通貨の中央集権化を招かないという利点があります。

スカイコインのオベリスクというシステムが存在する限り、スカイコインはマイニングが不要となります。そのため、特定の組織に権力が集中することがなく、常に非中央集権的な社会を構築することができます。

その次に、マイニングがないということは、電気代もかからないため、地球の環境に対してとても優しいという特徴があります。

マイニングの最大のコストといえば、やはり電気代です。ビットコインのマイニングにかかる電気代は非常に高く、社会問題になっているほどです。

しかし、スカイコインならばマイニングがないため、電力を節約できます。

Skycoin(スカイコイン)の基本情報

スカイコインは2013年12月23日に公開された仮想通貨で、通貨単位はSKYです。マイニングシステムはObeliskで、発行上限枚数は25,000,000SKYです。

取り扱っている取引所はCryptopiaとBinanceです。

2018年6月時点における価格は20ドル前後で、時価総額は1億8000万ドル以上です。

1年前の2017年6月時点における価格は1ドルでした。たった1年で20倍以上の値上がりを記録していることになります。

Skycoin(スカイコイン)の将来性

スカイコインはまだまだ価格が上がる可能性を秘めた仮想通貨です。

というのも、スカイコインは非常に有望な仮想通貨である一方で、まだ知名度が低く、取扱っている取引所もCryptopia(クリプトピア)とBinance(バイナンス)の二社のみだからです。

いくら優秀な仮想通貨といえど、上場している取引所の数が少なすぎます。これでは投資マネーが増えず、価値が低迷したとしても仕方がないというものです。

ただ、それは言い方を変えれば、上場する取引所が増えれば、今後まだまだ価値が伸びる可能性がある仮想通貨でもあるということです。

スカイコインは本来であればもっと高く評価されても良い仮想通貨です。しかし、取扱っている取引所が少ない事と、知名度の低さのせいで、不当に安い価格を付けられているのでしょう。

今後、スカイコインを取り扱う取引所が増えれば、価格はさらに高騰することでしょう。スカイコインはまさに、マイナーコインである今がもっとも買い時の仮想通貨なのです。

まとめ

マイナーコインのほとんどは価格が伸びず、今後とも値上がりの期待が薄いものばかりです。その中において、スカイコインは将来の値上がりが期待できる有望なマイナーコインです。

スカイコインの価格はまだとても低いため、今後の展開次第ではビットコイン以上の伸び率を見せるかもしれません。

スカイコインの凄いところは、プロバイダを存在させずにネットワークを構築できることです。そのメリットは計り知れません。

プロバイダが存在しないということは、プロバイダ業者に個人情報を知られることなくインターネットができるというわけですから、完全な匿名性が保証されることになります。

スカイコインには他にも、オベリスクと呼ばれるシステムを採用することで、マイニングを不要にすることに成功しています。マイニングがなければ中央集権化を招かず、PoWの難点である51%攻撃ですら防ぐことができます。

なにより、スカイコインはマイニングが不要なため、電力がかからずエコです。

非常にメリットの多い優秀な仮想通貨なだけに、取り扱う取引所が増えれば、今まで以上に価値が上がる可能性があります。

友だち追加