WITHコイン(ウィズコイン)は、数多く存在するICO案件の一つであり、今後の値上がりが期待されている仮想通貨の一つです。WITHコインは2018年5月に海外の大手取引所HitBTCより上場しました。この上場がキッカケとなり、WITHコインは有望な仮想通貨の仲間入りを果たしたのですが、そもそもWITHコインとはどのような仮想通貨なのでしょう?

WITHコイン(ウィズコイン)でも行うICOとは?

WITHコイン(ウィズコイン)はICO案件の一つなのですが、そもそもICOとは一体何なのでしょう?

ICOとは仮想通貨を利用した資金調達方法のことで、IPOの仮想通貨バージョンといったところです。

ICOでは、自分たちで新しい仮想通貨、いわゆるトークンを発行し、それを投資家に販売することで資金を調達することができます。企業が株式を発行し、それを投資家に販売することで資金を調達する構図とよく似ています。

ICOはIPOとは異なり、事前の審査などは不要で、誰でもすぐに始められるというメリットがあります。そのため、信用力がまだない新興の企業や、個人であってもICOを通じて莫大な資金を世界中より調達することができます。

とはいえIPO同様に、すべてのICO案件が有望とは限りませんので、見極めは必要です。

そして、WITHコインはその中で、将来の成功を期待されているICO案件なのです。

WITHコイン(ウィズコイン)とは?

WITHコインは仮想通貨・NEM(ネム)を基に作られたトークンです。NEMのスマートコントラクトの機能を応用することで、電話番号さえあれば銀行口座や手数料不要でお金を送金することをWITHコインは可能にしています。

WITHコインの具体的な利用用途というと、主にカジノ、それもオンラインカジノでの利用を想定されています。

WITHコインのスマートコントラクト機能さえあれば、世界中のどこにいようとも、余計な規制などに惑わされずにカジノに参加し、契約から支払いなどを行うことができます。

日本にはカジノがないため馴染みが薄いのですが、カジノに参加するためには様々な規制をかいくぐる必要があります。なにしろカジノに参加するためには、高額のお金を持っていかないといけません。

国内ならばいざ知らず、海外のカジノに大金を送金するとなると、様々な規制に引っかかり、面倒です。しかし、WITHコインならば、そのような面倒な規制に引っかかることなく、簡単にカジノへ送金することができます。

法規制をかいくぐることができるWITHコインは、まさにカジノ業界にとって非常にニーズのある仮想通貨なのです。

WITHコイン(ウィズコイン)の特徴

WITHコインはNEM(ネム)をベースに作られたトークンということもあり、取引処理のスピードが非常に速いのが特徴です。

NEMの処理速度は毎秒4000件で、これは処理速度が速いことで有名なRipple(リップル)の約2倍から3倍に匹敵します。

ブロックチェーンを使用しているため、改竄や不正に強く、セキュリティもしっかりしています。さらに、スマートコントラクトの機能があるため、カジノのような複雑な契約であってもすべて全自動で契約が履行されるため、安心してカジノを利用できます。

HitBTCに上場した結果

WITHコイン(ウィズコイン)は確かに注目度の高いトークンなのですが、実際のところはどうなのでしょう?

5月に海外の大手取引所であるHitBTCに上場したWITHコインですが、上場後も特に高騰するサインはなく、価格は低迷したままです。

WITHコインは現状のところ、1枚あたり10円以下で購入できるほど安価です。もしも将来的に価格が高騰するというのであれば、現在の価格はとても安く、まさに買い時と言える段階です。

WITHコインの今後の予定

WITHコインは今後、リアルのカジノや、オンラインカジノなどで利用される予定があります。それに合わせて、今後WITHコインのレートは固定される予定だとのことです。

レートが固定されることで、実際にカジノでWITHコインを利用する際には価格変動の影響を受ける心配がなくなります。

レートが固定されるといっても、それはサービス内の話であって、取引所のレートを固定するわけではないので、投資目的で購入する分には全く問題ないでしょう。

WITHコインは現状のところ、価格はとても低いです。しかし、カジノで本格的に利用されるようになり、需要が増えれば、やがては価値も上がっていくことでしょう。

まとめ

NEM(ネム)をベースに作られたWITHコインは、HitBTCに上場したことをキッカケに世界中の投資家より注目が集まっています。WITHコインは、今後の値上がりが期待される仮想通貨の一つです。

確かに今のところ価格は低く、値上がりする見込みが薄いです。ただ、WITHコインが本格的に運用されるのは、まだ当分先の話です。

送金・為替自動変換プラットフォームであるWITHコインは今後、オンラインカジノの世界に導入され、実際に使用されるようになってはじめて価値を付けていくことでしょう。

カジノ市場の時価総額はというと、18兆円を超えると言われています。それほど莫大な富がWITHコインに流れれば、否応なしにWITHコインの価格は上昇することでしょう。

友だち追加