2017年は仮想通貨元年と言われる1年でした。世界で一番早く誕生した仮想通貨であるビットコインという言葉はこの1年で大きく浸透しました。一方で、ビットコイン以外の通貨のことをアルトコインと言います。ここでは、アルトコインを中心にビットコインとの違いを説明していきたいと思います。

ビットコインとは?

最初で述べたように、世界で一番早く生まれた仮想通貨ビットコイン(BTC)です。ビットコインはサトシ・ナカモトと呼ばれる人物が、2009年にインターネット上に論文を掲載したことが発端となり開発されました。素性がわからず、謎が多いことで知られています。ビットコインはサトシ・ナカモトの9ページの論文からなっています。

アルトコインとは?

アルトコインはビットコイン以外の通貨のことを指します。イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ネム(XEM)といった、時価総額ランキングで上位に入っているコインがアルトコインの中では有名です。

初心者の方は、少なくともビットコインとは違う特徴をもった通貨という認識を持っていれば十分です。仮想通貨は少なくとも1000種類以上あると言われています。

アルトコインが誕生したきっかけ

アルトコインはビットコインの欠点を改善することで差別化しています。

ビットコインの欠点として、よく言われているのが

  • 送金に時間がかかる
  • ブロックサイズが小さい

といった問題。それがきっかけでイーサリアムなどのアルトコインが数多く誕生しました。

アルトコインを理解するために、まず一番早く誕生したビットコインの特徴について解説いたします。

ビットコインの特徴

ビットコインの特徴は、大きく分けて3つあります。

  • ブロックチェーンが使われている
  • P2Pネットワークで管理されている
  • 発行の上限が決まっている

それぞれの特徴について解説していきます。

(1)ブロックチェーンが使われている

ビットコインの取引はブロックチェーンと呼ばれる分散型の取引台帳にビットコインで取引した内容が全て記載されています。

取引がまとめられたブロックがチェーンのように繋がったものがブロックチェーンと呼ばれるものです。取引がまとめられた新しいブロックが正しいかどうかを確認する作業がマイニングと呼ばれる作業です。

ブロックチェーンの凄いところは、ハッキングをしても取引内容が正しいかどうかをユーザー間で管理されているので、すぐに見破れることにあります。

マイニングのアルゴリズムを一番早く解いた人がマイニングの報酬として、ビットコインを受け取ることができる仕組みになっています。

(2)P2Pネットワークで管理されている

これまでは銀行が送金作業をして、送金手数料を銀行に支払う仕組みになっていました。

ビットコインは銀行のような中央で管理している人が存在せず、ネットワークに参加しているユーザーの端末同士で直接やりとりや取引をするP2P(Peer to Peer)ネットワークで管理しています。

銀行だと手数料が高いことが課題でしたが、ビットコインのP2P管理によって手数料が安くなり、個人間で決済できるようになりました。

(3)発行の上限が決まっている

ビットコインは法定通貨と異なるのは、貨幣の発行の上限が制限されていることです。ビットコインの発行の上限は2,100万枚となっており、それ以上は発行されないようになっています。

以上がビットコインの特徴です。

ビットコインの登場によって送金手数料が安くなり、セキュリティの問題を克服した革命的な通貨と言ってもいいと思います。

代表的なアルトコイン

ビットコインは、送金に時間がかかるといった欠点が改善されています。そしてビットコインにはない特徴を備えて、様々なアルトコインが誕生しています。

代表的なアルトコインとしては、取引をする際に契約内容を記録することができるイーサリアムや銀行のシステムを改善する目的で誕生したリップルです。

アルトコインをいくつか調べたい人は、時価総額が10位くらいまで調べてみるとビットコインにはない特徴を学ぶことができます。

アルトコインを知ると、仮想通貨がより楽しくなる!

今回はビットコインとアルトコインの違いについて解説しました。

アルトコインは種類が多く、よほどの人でも無い限りすべての通貨を網羅することは難しいと言えるでしょう。ただ、アルトコインが登場したことで仮想通貨が盛り上がったとも言えます。気になるコインを見つけたら、誕生した経緯や目的などを調べてみてください。

そして、そのコインに将来性を感じたら、購入してみてはいかがでしょうか?