仮想通貨市場は2018年においても拡大傾向にあります。そして、現在でも時価総額においては、ビットコインが1位であり、多くの通貨の基軸は未だにビットコインとなっていますが、市場ではビットコインに変わる存在が模索され続けており、様々なアルトコインへの資金流入は増加しています。そこで今回は、ビットコインの代わりとなり得る通貨の1つとして国内の取引所でも購入できるライトコインの特徴を紹介していきます。

ライトコインとは

ライトコインは2009年に開発された仮想通貨です。また、ビットコインが色として「金」を象徴する仮想通貨だとすれば、ライトコインは色として対極の「銀」を象徴としています。

また、 ライトコインはビットコインを明確に意識して作成された通貨であり、ビットコインの持つスケーラビリティ問題などはライトコインとは無縁です。つまり、ライトコインはビットコインをもとにして作られた通貨でありながらも、発行数量も多く、ビットコインを凌駕する性能を有しています。

送金や受取など通貨の個人情報の処理にも役立つSegwitも実装しており、ビットコインとライトコインは明確に異なるものとしての立場を築いています。

そして、ライトコインのマイニングは、難易度がそこまで難しくないのも特徴です。ビットコインの場合は、1単価が高額である上に発行数量も2100万枚と全世界の人口に対しても非常にすくない発行枚数です。そのため、競争は激しくマイニングで利益を出すのは至難の業と言えるでしょう。

対して、ライトコインであれば、一定の金額を保持しつつも発行枚数が多いため、ビットコインより難易度は低くなります。

支払いサービスに目を向けた場合、ビットコインには決済サービスとしてBitpayと呼ばれるシステムがあり、ライトコインもLitepayを開発していましたが現在では開発を中止しています。もっとも開発者のチャーリー・リー氏は、市場の活性を促すため自身の保有するライトコインを全て売却しており、今後も開発に力を入れていく姿勢を示しているため、ライトコインの今後は決して暗いものではないと考えられます。

通貨としてのライトコイン

ライトコインの市場の中での立ち位置は、ビットコインよりも優れた処理能力を持つ通貨というものです。ライトコインはビットコインと同じようなものと考えられますが、通貨の発行枚数や処理スピード、決済の安定性などビットコインよりもより安全な仮想通貨だといえるでしょう。

つまり、ライトコインビットコインを基本とする通貨の中でも比較的優れた安定性と拡張性を持っており、ビットコインに変わる通貨としての期待値も非常に高いものとなっています。

加えて言えば、ビットコインよりも優れた通貨として、世界の各取引所ではビットコインキャッシュの有用性が認められ始めています。ビットコインキャッシュもビットコインのも問題点を改善するために開発された通貨であり、ライトコインとよく比較されます。

ライトコインとビットコインキャッシュにおいては、開発目的が同じであり、ビットコインをもとにした通貨でありながらも拡張性が高く、処理能力に優れるというメリットまで同一です。

仮想通貨市場のシェア率で見ればビットコインは、依然として高いシェア率を誇っています。時価総額で飛びぬけて金額が高いことを加味しても、アルトコインが数千種類も発表・開発されていながらいまだにビットコインを抜く仮想通貨は現れていません。そのため、ビットコインに対する負荷は限界に達しており、処理能力にも様々な不安が残るものとなっています。

ビットコインと似た性質をもつライトコインやビットコインキャッシュは今後ビットコインと変わる立場として期待されており、より安定性のある取引を提供していくと見ていいでしょう。

ライトコインの価値に着目した場合、Segwit導入時には価値を比較的に向上させています。そのため、ライトコインは、今後の開発次第では更に価値の向上を目指せる有望な仮想通貨と言えます。

ライトコインを取り扱う取引所

ライトコインは、アルトコインであるため、取り扱いのある仮想通貨取引所は限られています。しかし、日本国内においては簡単に購入できる取引所がいくつも存在し、比較的購入しやすいアルトコインです。ここでは、ライトコインを購入できる取引所について紹介していきます

まずは、BitFlierです。国内最大手の仮想通貨取引所であり、セキリティ対策は万全、取引に対する補償まで用意してあります。そのため、「取引所を始めて使用する」「ハッキングなどの被害に遭わないか心配」「取引所の信用に疑問を抱いている」という方はBitFlierを選択すれば精神的に安心して取引を行えるでしょう。また、金融中にとおける仮想通貨取引業者の認定も受けているため、取引所内における詐欺などのリスクは皆無です。

次に、手数料の安さから言えば、bitbankもおすすめです。ビットコインだけでなく、アルトコインを含めた取引手数料のすべてがbitbankでは無料です。手数料の高さは、短期トレードにおいては死活問題であり、手数料が高ければ高いほど利益は目減りすることになります。

そのため、BitFlierなどの取引所を利用していても、取引手数料の高さが気になる場合などはBitbankを使用してみましょう。また、Bitbankは比較的新しい仮想通貨取引所ではありますが、セキリティ対策も高く、システムのバグといった致命的な破綻に繋がる不具合もありません。

ライトコインはビットコインの問題点を解決するために作られた仮想通貨です。その為、現在の段階でもビットコインの使用時に抱えていた問題のほとんどは、ライトコインの通貨の性能で解決されています。つまり、ライトコインはいつでもビットコインの代わりとなり得る能力を有しており、今後の市場の動き次第ではすぐに価値が高騰する可能性を秘めている通貨の1つと言えます。